山本太郎:#自民党は毎日がエイプリルフール❢#自民、社会保障削り続け❢改悪で労働不安定化❢ #アベノミクス 終ワッタ妄想デシタと同じ❢



新予算は選挙前のバラマキ。
安倍政権お金を刷りまくった。
3年間、社会保障削り続けた。
ルール改正で労働を不安定化させた。
アクセルとブレーキを一緒に踏んでるんじゃないか。
大企業減税と安い労働力で優遇。

同一労働同一賃金、保育士の勤務形態は派遣か有期雇用かも把握してない。
自民党の選挙の目玉は、消費増税延期だけ。
実際同選挙行われたら、2度にわたる増税中止。
これはただ、アベノミクスは終わった。これは妄想でしたということを宣言してるのと同じ。
消費増税のために日本経済は大打撃受けています。

ダイアモンドから紙おむつまで同じ税率なんてあり得ない。
こんな不平等税制あり得ない。
大企業減税のために庶民は増税なんて筋が通りませんよ。

ないとこから取らないでください。
自民党って党を振り返ってみましょう。
毎日がエイプリルフールみたいな政党になってますよ!

野党が共闘して政権交代するしかない。
騙されないで下さいよ。
選挙の年だけかもしれない。
なぜならその前の3年間、ここ51億円も減額されている。

国がやってるサラ金とも呼ばれています奨学金。
安部総理は無利子化加速させるとしてるが、(伸びたのは)たった6千人1.26%
キャリアアップ助成金、これで非正規から正規雇用になったのは、0.03%、0.07%ですよ。
こんなの誤差じゃないのって話です。
選挙が終われば手のひら返されます。
覚えてますか?みなさん、TPP断固反対と言ってたのが、自民党ですよ、2012年!
今どうなってますか?
この3年間、憲法に基づいた政治が行われていたか?
弱いものから切り捨てるような政治が行われていた。
そのような者たちに憲法を変える権利はない!

英会話スクールWILL Square
スポンサーサイト

#福島 #放射線 量計測で始まる子供の外遊び時間 英国BBC 3/1(字幕)

 
福島・放射線量計測で始まる子供の外遊び時間。<日本語訳:Jo2Rayden>
Fukushima child's playtime starts with a fallout check

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-17206887
1 March 2012 Last updated at 03:14

アヤカは、警戒区域からの避難者です。
いつ戻れるか判っていません。
家族の家は、津波により破壊され、残ったのは土台だけでした。
アヤカの祖父は、津波が襲ってきたときに自宅に居ました。

週末には、アヤカは外で遊ぶことが許可されます。
父親が、道路での放射線量を確認することが必要なだけです。

アヤカの近所の道路の放射線量は、マイクロ・シーベルトで計測され、原発事故前から15倍から20倍も高いのです。

Ayaka and her family were forced to flee when their home was destroyed in the earthquake and tsunami which devastated parts of Japan in early 2011, killing about 16,000 people.
They live outside the 20km (12 mile) exclusion zone surrounding the failed nuclear plant at Fukushima Daiichi, but they still have to live with increased radiation levels which impact their lives.
Ayaka is one of several seven to 10-year-old survivors who talk about how their lives have changed forever in BBC Two's Japan - Children of the Tsunami on Thursday 1 March 2012 at 2000GMT




2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

福島・世界最悪の海洋汚染の罪 WORST NUCLEAR SEA CONTAMINATION

WORST NUCLEAR SEA CONTAMINATION
- Fukushima...Gilty of world sea contamination
世界最悪の海洋汚染の罪

AlJazeera English 2011/11/29ビデオより。





A new report shows the Fukushima disaster is responsible for the world's worst nuclear sea contamination.
During the peak of Chernobyl, the Black Sea was registering 1,000 becquerels per cubic meter of water - at Fukushima's peak, it was 100,000 becquerels.
Scientists first believed the ocean would dilute it, but Al Jazeera has learned that dangerous concentrations of radioactive caesium remain.
Al Jazeera's Steve Chao reports from Fukushima, Japan.

<日本語訳:Jo2Rayden>

福島沖は、日本でも有数な漁場の一つです。船長の田所タダヨシ氏は40年間漁師をしています。
まさか災厄が、船員の生活を奪うとは想像したことは、有りませんでした。海が脅威になるともです。
現在は、政府のセシウムのサンプリングの為、漁網を使っています。

船長の田所タダヨシ氏:
「東電ね... 。 つらいです。やっぱり年間を通して魚を獲って、誰もが食べていました。それで、私達の生活ができるように。」

アルジャジーラのスティーブ・チャオ:
"誰もどれだけ放射能汚染水が、海に流れ込んだかわかっていません。
比較してみます。チェルノブイリ事故では、1000ベクレル立法メートルの汚染水が計測されました。福島原発事故のピークでは、100,000ベクレルの汚染水でした。
最初は、放射能調査がされていませんでしたが、現在は福島の研究所が検査し、サンプルの魚が証明します。
いくつかのサンプルの放射線レベルは15,000ベクレルで、政府の暫定基準値より30倍高いものです。
科学者は、他の魚介類で海底近くで生活する様な種は、実際には、さらに高い汚染度になると言います。放射能汚染が留まっていくのです。"

福島検査センター・主任、タケチ・セイイチ氏:
「汚染元が海沿いにある為、放射能汚染は長期間継続するでしょう。食物連鎖で汚染が濃縮されるでしょう。」

最大の懸念は、食物連鎖の最上位種への影響です。マグロは、数十億ドル規模の産業です。日本で最も高価な魚です。漁師は、漁の為に900キロの操業をしているためです。今のところこの漁は合法です。マグロは、セシウムの破壊的な姿に直面しています。

魚市場の男性:
「いま有る程度、不安なところはあります。どの程度セシウム汚染されているかわかりません。政府がどうしたらいいかわかっているとは思えませんね。」

土地の汚染とは異なり、当局はどのくらい放射性降下物が広大な海に降下したかの答えがないと言う。
沿岸の漁師は、彼らが海に戻ることを許可されるには、何十年も掛かるかもしれないと感じています。
そして、彼らの生活様式が長い間消えるだろうと言う。
アルジャジーラ・日本のスティーブ・チャオでした。

-END-

2015年放射能クライシス2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る


  英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

「確率的殺人に加担したくない 福島の漁師の想い」Fukushima: Japanese fisheries face a chronic radioactive contamination

確率的殺人に加担したくない 福島の漁師の想い】Youtube動画が http://www.youtube.com/watch?v=kWe_21mnJaY&feature=player_embedded#! 下記フランス語WEB(スイス)で紹介されています。

"Copper in Cerdon: future still dark | Home
11/17 3:15 p.m. Written by Pierre-Ph. Chappuis in Fukushima
*original website in French: http://librespensees.blog.tdg.ch/archive/2011/11/17/fukushima-la-peche-nippone-face-a-une-contamination-radioact.html
* Translated from French to English by Google soft 仏語から英語への自動翻訳。


NOVEMBER 17, 2011
Fukushima: Japanese fisheries face a chronic radioactive contamination / Fukushima : la pêche nippone face à une contamination radioactive chronique

"Fukushima: Japanese fishing against radioactive contamination chronic"/
« Fukushima : la pêche nippone face à une contamination radioactive chronique »


Like the Japanese farmers, fishermen are now again at the forefront in the fight against chronic radioactive poisoning of part of the population of the rising sun. At the agricultural pollution of biocides and other heavy metals (Pb, Hg, Cd, etc.). Adds another long-term radioactive contamination. Some people remember the tragedy of Minamata non-nuclear in 1956 (mercury), Toyama in 1946 (cadmium), the dumping of barrels of nuclear waste, radioactive contamination of long-term South Pacific by the many explosions of air 40-60 years and more recently the French tests at Mururoa completed by the President French at the time, Jacques Chirac.

Statements for the less courageous and very responsible for Mr. Takehiko Niitsuma, fisherman Iwaki, have attracted the attention of Japan's northeast.

Especially qu'Iwaki and industrial area are so close to the site of Fukushima Daiichi.

Range of Iwaki (Fukushima Prefecture) before the tsunami on 11 March

Some would say that this fisherman knows nothing and that radioactivity levels are safe. Others will say again that it is totally outrageous and stupid to listen to a poor Japanese fisherman. They are free to think that! But doubt their reactions, the day themselves and their families have to eat every day a piece of beef to Americium-241 Technetium-99 in powdered sauce Cesium-137! Bon appetite!

In short, this is serious fisherman and his attitude is exemplary citizen and his decision not to distribute food contaminated even slightly - especially since the measurements are unreliable - especially since the standards are reviewed upward by political or financial concerns - especially as a relativism settled gradually.
The ethical conduct of the fisherman (by the way), we hope so, the entire industry to a more responsible attitude with regard to the biotic resources of the oceans. We believe, in particular, ruthless hunting of whales for scientific reasons invoked ...

An essential milestone in the history of the South Pacific

All the Japanese people vividly remembers the 40-60 years that were the scene of many atmospheric nuclear tests in the Pacific. For the record, 1 March 1954, Operation CASTLE BRAVO, a hydrogen bomb with an energy of 15 megatons (1000 times that of Hiroshima!) Blew off the island NAM. The cloud rose to 40,000 feet and reached a diameter of about 100 km. BRAVO was the largest trial ever conducted by the United States, with an output 2.5 times higher than expected. It was also the worst radiological disaster in American history.
A 136 km northeast of the point of bursting, the Japanese ship Daigo Fukuryu Maru 第五福竜丸 was so covered with fallout that the 23 crew members fell ill, the radio operator Aikichi Kuboyama 久保山愛吉 died Sept. 23. A similar accident occurred on a Japanese fishing boat and Sanjiro Masoud was severely contaminated by nuclear fallout.
After the disaster, the exclusion zone around the trial of Operation CASTLE was enlarged, representing 1% of the total land area of ​​the globe. The Bikini Atoll is still uninhabitable today due to the contamination of land by the Cs-137. After the explosion, the Japanese fisheries have been destroyed over 100 tonnes of fish caught in the radioactive waters of the Pacific.

-END- 英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

死の駅伝 The Ekiden of death .../L'ekiden de la mort… - フランスLe Monde (Blog)11/13

死の駅伝 The Ekiden of death ...
Published on November 13, 2011 by Philippe Mesmer
L'ekiden de la mort… - Le Monde (Blog): L'ekiden de la mort…Le Monde (Blog)La décision des autorités
* Original site: http://mesmer.blog.lemonde.fr/2011/11/13/lekiden-de-la-mort/
Philippe Mesmer(ル・モンド誌等の東京特派員・記者,Correspondent for Le Monde and L'Express in Tokyo, covering Japan and Koreas) http://mesmer.blog.lemonde.fr
*フランス、ル・モンド:ブログより。
【注意】ル・モンド誌からではありません!
(フランス語から英語へ自動翻訳。この英語一部を日本語訳。どなたか仏語の分かる方が、フランス語の原文全文を日本語に訳されれる事を望みます。m(_ _)m)

福島県の決定により開催されている。
The decision of the authorities of the prefecture of Fukushima, the most affected by the nuclear crisis, maintain the traditional Ekiden (駅伝, a relay race, from this time from 3 to 10 km, for a total of 42.195 kilometers, the distance d a marathon) of high school students, is at least questionable. Adolescents from 17 prefectures (Tohoku, but also in Tokyo and Yamanashi) are at the 27th edition of the competition this Sunday, November 13 in and around the city of Fukushima.

イベントは、サンケイスポーツの支援を受けて、東北・福島のテレビ局と陸上競技連盟が主催するだけでなく、トヨタ、JR東日本鉄道とミズノが支援。
The event is organized by the Athletics Federation of Television and Tohoku Fukushima, with the support of the daily Sankei Sports, but also Toyota, Citizen of the railway company and the supplier JR East Mizuno.

9月に担当者達は、放射能による危険性はないと主張した。
In September, the organizers claimed that the radiation represented no danger. They furthermore have measured the levels of radioactive contamination along the route. According to them, they exceeded a microsieverts per hour but were on the downside. The city has committed itself to decontaminate Shinobugaoka course, start and finish of the race.



"何か起こった場合、それは【主催者】の責任ではない"と選手に署名させた!
Under these conditions, why these same organizers, according to some sources, asked all the girls to sign a release stating "If anything happens, it will not be our responsibility?" Surprising to compete very popular in Japan and whose very essence is to give strength and good health. Also surprising given that those most vulnerable to radiation are the youngest.

致命的な駅伝 Deadly Ekiden ...
It is strange to see That Fukushima Prefecture Authorities Decided to Maintain ITS traditionnal junior high school and high school Ekiden (駅伝, a traditionnal long-distance relay in Japan). So the 27th edition has-been Held on November 13th in and around Fukushima city, one of the MOST radiation Affected city. Girls from 17 prefectures (Tohoku From aussi goal from Tokyo) are Participating.

イベントは、トヨタ、ミズノ、JR東日本鉄道と市民の支援を受けて、福島テレビと東北体育協会が主催しています。 
The event IS Organised by Tohoku Athletic Association, Along With Fukushima TV, with the support of Toyota, Mizuno, JREast (Railway Company) and Citizen.

担当者は、放射線の危険性を言及していない!
People in charge are not say a radiation hazard. In September, the air THEY Measured radiation level Along the course, and Said it is over a microsievert per hour maximum and That It Is trending down. Fukushima City Decided to decontaminate the Shinobugaoka rentals Including Athletic Field Which starts and finishes the Ekiden.

最も放射線に弱いのは【中高生の選手】子供達である!
Based On That, why, After sources Organisers ask girls to sign a statement if Saying There Is a problem, It Is not Their responsability? It's strange for a competition That Is Supposed to be good for health. Because It Is Also The Most strange persons vulnerable to radiation are children.

-END-



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

イラン原子力施設をイスラエルがクリスマス迄に空爆予想 Israel to attack Iran by Christmas: from Russia Today, 11 Nov.2011

イラン原子力施設をイスラエルがクリスマス迄に空爆予想
Israel to attack Iran by Christmas : from Russia Today, 11 Nov.2011. ←動画リンク

https://rt.com/news/israel-attack-iran-report-981/

<日本語訳:Junebloke>
司会者:
イスラエルは、12月末までにイラン核施設を攻撃する模様と英国情報筋の話として報じられています。IAEAが「イランが核兵器開発をしているようだ」 「テヘランに核兵器を保有させてはならない」と報告があった後です。
英国情報局の話は、どんなものですか?

リポーター:
英国情報筋の話では、イスラエルはイランの核兵器開発阻止の為、クリスマスまでに空爆するだろうとの事です。
英国政府筋の話では、もしクリスマスまでに攻撃がなくても、来年1月に攻撃があるだろうとの事です。イスラエル軍の動きは、直ぐに、この後出来るであろうと。米国と英国は、イスラエルの空爆作戦の支持をするでしょうと。

-END-

*イスラエルの空爆では、イラン原子力施設(IAEAから核兵器開発が疑われている)数か所を同時攻撃し、地下核施設攻撃の為、米国から供与されたバンカー爆弾の使用も含­まれるだろう。
*原子力施設には相当量のウラン・プルトニウム核燃料が貯蔵されており、その核燃料飛散、被曝被害はイラン周辺のペルシャ湾岸諸国も含まれるだろう。また、大気中に放射性­粒子が拡散し、中央アジア、東アジアにも到達するだろう。
*これにより、原油価格の高騰、湾岸諸国からの原油輸送の安全性の問題も起るだろう。
*イランは攻撃された場合、イスラエルの核施設に反撃を加えると警告している!

*from RT ↓ 全文:
The British media say Israel may launch an aerial strike on Iranian nuclear facilities as early as next month. The offensive will receive support from the US, the speculation goes.
The attack is meant to decapitate Iran's nuclear program, which a recent report by the UN atomic watchdog said may have a military component.
The Daily Mail cites British government sources as saying that the cabinet expects Israel to attack Iran "sooner rather than later."

"We're expecting something as early as Christmas, or very early in the New Year," a Foreign Office source is cited as saying.
The operation will receive logistical support from the United States, the newspaper reports. US President Barack Obama will allegedly have to back Israel to secure Jewish-Americans' votes for the upcoming presidential election.
Earlier, the Guardian newspaper reported that the Ministry of Defense is drawing up contingency plans for Britain's participation in a joint military operation against Iran. The report said such an attack would be carried out by Israel and probably the US after the presidential election in America.
The Daily Mail cites its sources as saying that Whitehall currently rules out Britain's direct involvement in an attack on Iran.
The International Atomic Energy Agency released a report on Wednesday which included allegations that Iran had been developing technology related to nuclear weapons before 2003 and may still be doing so.
Tehran called the accusations politically motivated and based on lies. It refused to step back from its nuclear program, which it insists is purely civilian in nature.
Iran's supreme leader, the Ayatollah Khomeini, has warned both the United States and Israel that if they strike Iran, they must expect a "tough, harsh response" from Tehran.
"We are not a nation to sit back and watch materialistic, corrupt and rotten powers threaten Iran. We will respond with a strong slap and an iron fist," he said. Khomeini also spoke about "aggressors and invaders being smashed from within."
On Wednesday, the Iranian President Mahmoud Ahmadinejad slammed an IAEA report, saying that Iran would not step back one iota from developing its nuclear program. The report was relying on baseless US claims that Iran was building a nuclear bomb, he added.
A number of international players called for further sanctions against Iran following the report -- both through the UN Security Council and at national level.
Speculation that Israel is preparing to attack Iranian nuclear sites surged in the media shortly before the IAEA report was released, as the allegations contained in it had been leaked in advance. Officially, Israel has neither confirmed nor denied such plans, but said military action against Iran is on the table and is more likely in the wake of the report.
Iran said it would retaliate if attacked and named Israeli nuclear facilities among the possible targets.

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


  英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

”小型原爆” ドイツ放射線専門家が福島原発爆発の危険性を警告!Expert warns of explosion in Fukushima 11/5

"Small Bomb"”小型原爆”
Expert warns of explosion in Fukushima
放射線専門家が福島原発爆発の危険性を警告


*ドイツ語から英語への自動翻訳。
* 元記事:http://www.n24.de/news/newsitem_7396360.html 
* 配信元:"The N24" group is Germany's largest independent TV producer.

Fukushima reactor accident in Japan, there could be a nuclear explosion. It would be "a kind of mini-nuclear bomb in the scale," warns the Munich Radiation expert Lengfelder.
日本の福島原発事故は、核爆発の可能性も有る。”小型原爆の様な規模”になるだろうとミュンヘンの放射線専門家レングフェルダー教授が語った。
 


Given the reports of an uncontrolled nuclear fission reactor accident in Japan's Fukushima Munich radiation expert Professor Edmund Lengfelder warns of the possibility of a nuclear explosion. It would be "a kind of mini-nuclear bomb in the scale," said Lengfelder. "The probability, however, I can not estimate at all." Because nobody knows how much enriched uranium as coalesced into how the derelict nuclear power plant units.

Lengfelder had after the meltdown at Chernobyl 25 years ago the Society for Radiological Protection and the Munich-based Otto Hug Radiation Institute. He cared for people with thyroid cancer today in the former Soviet disaster area.

Eight months after the meltdown in Fukushima are now the radio isotopes 133 and 135 of the gas xenon has been found, said Lengfelder. Since these isotopes are products of nuclear fission and only have a half life of about five days and nine hours, they could not come from the time of the accident in March. "There is a spontaneous fission -. Because anything can happen, even if one says, it is not likely, but what is to be kept of statements about probabilities, we have seen on 11 March." At that time, had a severely damaged in this earthquake and unexpected strength of a tsunami and the nuclear power plant caused the meltdown.


In a functioning reactor control rods through the chain reaction would be kept under control. "But it is this control in a meltdown so no longer," said Lengfelder.

Tepco has apparently not in the position control 
東電は、明らかに制御出来ていない。

As for the actual radiation exposure was given the total load since the accident, the recent nuclear fission is not of great importance. "But it does mean that (the operator) Tepco even further than previously claimed from it is to get things under control." How long such a nuclear fission, was not foreseen. Depending on the amount and location of the fissile uranium, it could also last for years - and the quantity in Fukushima is very large, it go to tons.

In any case, the partial exclusion zone of 50 km is far too low. You must be at least 100 kilometers in the main northwest. In addition, the Japanese government has raised the limit for children to 20 millisieverts per year. "This is in Germany the maximum radiation dose for a nuclear power plant workers - but not for a child," criticized Lengfelder. It is expected that the cancer rate will rise sharply in the children, including birth defects in newborns are to be feared.

Treatment of the population "inhumane" 
”住民の人権を蹂躙する扱い”

The treatment of the population was "inhumane," said Lengfelder. "For me, it is also inhumane, that in such a wealthy country like Japan, people are still living in gymnasiums. That was not even on the Soviets." The evacuation after Chernobyl have worked much better - and the limits are in Belarus today about three times more severe than in Germany.

Among the volunteers who have used the operator Tepco to clean up in Fukushima, it would be premature deaths in the coming years. "Chernobyl must proceed in analogy to one of them. But I'm skeptical that they will have more clarity on the Japanese as victims in the Soviet Union." The Japanese government had lied to the people of Japan and the world about the extent of the disaster long. "Japan wants its technical aura not to bet on the game." Now we have the Japanese people decide whether they wanted to live with this risk the threat continues.

Lengfelder is for an immediate shutdown of all reactors. "When they are not properly insured, it means in the case of a super-Gaussian: The citizen is sitting on his claim until we had Chernobyl, now we have Fukushima - what we need."

For example, there are the words of the Lengfelder because of safety concerns from environmentalists vehemently criticized Czech Temelin nuclear power plant across the Bavarian border, serious problems with the welds. "If there happens a meltdown, and the wind blows from the east, may extend the exclusion zone to Munich."

05/11/2011 15:30

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


  英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

"放射性瓦礫は、東京湾で埋められる"イタリア大手新聞 Corriere della sera 10/28付全国版

"放射性瓦礫は、東京湾で埋められる"イタリア大手新聞 Corriere della sera 10/28付全国版より(*イタリア語を英語に自動翻訳の文章)

Corriere della Sera > Archive > "The radioactive debris ended up in Tokyo Bay" *下記原文:
http://archiviostorico.corriere.it/2011/ottobre/28/macerie_radioattive_finite_nella_baia_co_9_111028011.shtml

THE COMPLAINT A PETITION, CALLING FOR THE IMMEDIATE STOP, SIGNED ALSO BY BIANCA JAGGER,

"The radioactive debris ended up in Tokyo Bay" The government is taking away from Fukushima
"放射性瓦礫は、東京湾で埋められる" 政府が福島から離れた地方に移動させる!


The mothers are afraid of Tokyo. "Our children are in danger, the whole of Japan is in danger." In recent weeks the government of new Prime Minister Yoshihiko Noda gave reasonably available to the rubble caused by the earthquake-tsunami of 'March 11 are burned or buried across the country. It is an immense task - given that the earthquake combined with the 'flood wave has generated something like 2.38 billion tons of rubble in the north-east of the country (data from the Ministry of' Environment Japan) - which will last until 2014. Not so much the amount of these ruins, which is frightening because what they contain those from Fukushima Prefecture, the most affected by radioactivity emitted by the Dai-ichi Nuclear Power Station, still the scene of a difficult struggle to rein in the reactors damaged eight months ago . The mothers of Tokyo are afraid because the authorities have already agreed to dispose of one thousand tons of debris transported by train to the different cities of the incinerators. The residues end up in landfill in Tokyo Bay. And that's just the 'beginning: in the future will be at least 500 000 tons of debris that will pass from the capital for treatment. "A decision that terrorizes the local population, despite little or no official information - says Masahiro Tominaga, one of the signatories of a petition addressed to the public because the Japanese government to review its decisions -. The radioactivity in Tokyo has already increased. All 'we could not begin to explain why they were in different neighborhoods high concentrations of cesium-137. It is now clear: it is a consequence of the treatment of radioactive rubble. " Recent surveys, in fact, had found a hundred times the presence of particles larger than normal, but the government had minimized. "The fumes of the treatment - says Masahiro Tominaga - until they arrived back in Kyushu." Fukushima, Year Zero. Just yesterday, the 'Institute of Radiation Protection and Nuclear Safety (Irsn) reported a concentration of cesium-137 that is 27 million billion becquerels in' ocean in front of the nuclear power plant, twenty times the quantity approved in June by TEPCO, the company criticatissima reactors under its management. Not only. The disaster may have been released in Fukushima 'atmosphere twice the radiation than stated by the Japanese authorities, according to a study published in the journal Atmospheric Chemistry and Physics. Now, while admitting that the reactors are now under control (there are still many doubts, not least because much of the fuel would be in a state of fusion), the government's decision to dispose of the radioactive debris is likely to generate new sources of pollution. "This way - explains the 'nuclear engineer Arnie Gundersen American - you are recreating a new Fukushima: the radioactivity in the back' atmosphere '. "The problem - reads the letter released also to 'abroad, so that was among the first signatories Bianca Jagger - is not limited to the Tokyo area, which is geographically close to the impact of the disaster areas. The Minister of 'Environment, Mr. Hosono said, September 4th, 2011 at a press conference that "it is the intention of the national government share the pain with all of Fukushima in Japan" ... If you decide to follow the other prefectures' example of Tokyo, the areas that have not been affected by the oil spill will see their land and ground water soaking of pollutants. We ask the government to stop. " Paul Salom PaoloSalom Twitter @ PLAY RESERVED **** Millions of tons the amount of debris dragged in 'Ocean tsunami **** The 30 victims of the earthquake-tsunami in Japan of' March 11 20 000 **** The situation Protests Above, an anti-nuclear demonstration in Tokyo. In Japan it is increasingly clear the 'opposition to nuclear power plants (18 plants with 51 reactors in operation) in the central Fukushima Fukushima, the tsunami of' March 11, the engineers are still working to put in safety

Paul Salom

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)

自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)
(2011/09/16)
ウラジーミル・バベンコ、ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所 他

商品詳細を見る
英会話スクールWILL Square

チェルノブイリ・クライシス ~史上最悪の原発事故PHOTO全記録 【完全復刻版】

チェルノブイリ・クライシス ~史上最悪の原発事故PHOTO全記録 【完全復刻版】チェルノブイリ・クライシス ~史上最悪の原発事故PHOTO全記録 【完全復刻版】
(2011/07/15)
奥原 希行、ウラジミール・シェフチェンコ 他

商品詳細を見る
英会話スクールWILL Square

福島原発作業員証言。東電公表数値は虚偽!マスク,線量計外してる! 英国チャンネル4(日本語訳)

「福島原発作業員の証言。匿名で語る。」英国チャンネル4NEWS。8/18分より。

地震と津波から5カ月経ちましたが、福島原発では作業が続いています。
福島原発の所長は、事故とその引き起こした災害を謝罪しています。
我々の特派員、ジョン・スパークスは、いわき市に向かいました。
彼は、作業員のインタヴューに成功し、現場の混乱への不満や、トレーニングの不備について取材できました。

ジョン・スパークス:ここは、海水浴には最適の場所でした。現在は、ほんの少しの人しか見えません。
ここは安全ではないと感じさせられます。
ここから20km先に、福島第一原発を安定化させようと働く男性たちや女性たちがいるのです。
間違いなく地球上で最も危険な仕事場です。

ナレーション:福島原発の冷却装置が故障した時に、深刻な爆発と炉心のメルトダウンにより、多くの装置が破壊された。
これは、チェルノブイリ事故以来、最悪の原発事故です。
何千人もの作業員が原発内に入り、安定化させようと作業しており、放射線リスクを抱えているのです。

ジョン・スパークス:現状を教えていただけますか?

作業員A:現状は混乱しています。規則が無く、最初にここに来た人たちは、とても戸惑うでしょう。

作業員B:どう表現したらいいか。ただ、気が滅入るだけですかね。

ナレーション:チャンネル4 NEWSは、何人かの作業員が住む街を訪ねました。現在は、三千人の作業員が滞在しています。
彼らは、メディアとの接触は禁じられていますが、何人かにインタヴューすることが出来ました。
悪夢のような高い放射線と困難な場所の現状を語りました。
我々は、人物が特定できないように配慮しました。


作業員A:何時、物が倒壊してくるかどうか分かりません。地面にある穴や亀裂は、恐怖です。
もし、穴や亀裂に落ちれば骨折するだろうし、もし、それが20mの深さならば、死ぬでしょう。

スパークス:作業員たちの一日は、サッカー施設Jヴィレッジから始まります。
ここからバスで作業現場へと向かいます。
作業員のほとんどは、東電の雇用者では無く、600社もの東電の何次もの下請け会社から来ているのです。
とてつもなく多くの下請け会社があり、ちゃんとした安全基準の維持など出来るはずない、という声もあります。作業員にその事のインタビューを試みましたが、その場から去る様に言われました。

警備員:「ここは私有地ですので!」

ナレーション:彼らは、放射能から身を守るための防護服、手袋、マスクの装着方法は学びますが、インタヴューした作業員は、トレーニングは不十分だと指摘しました。

作業員A:安全に関する説明は、30分だけでした。これでは不十分です。
ここに来る人たちは、まったく作業知識を持っていません。

ナレーション:現場での意思疎通は困難を極めます。
現場の装置を管理する約30人の外国人専門家との間には共通の原語がありません。
着用しているマスクが、意思疎通をさらに難しくします。
時には、意思疎通の確認の為、マスクを外しているのです。

作業員A:我々のなかで、英語やフランス語を話せるのはごくわずかしかいません。言葉の壁は、想像より高かったです。
我々は、通訳を介して話しますが、そうしてしている間でも皆被曝しているのはわかっています。

ナレーション:多くの医者たちが避難したなかで、上 昌弘医師は今も、作業員や住民たちの健康管理のため病院を開いています。 
上医師の話では、被曝限度を越えた多くの作業員が、個人線量計を自ら外してしまう。なぜなら一定の被曝量を超えると再び作業に戻れないからです。

上医師:原発の作業員は、すこしでも長く働きたい。
だから、危険な地域に行くときは、線量計を置いて行く人がいます。
彼らの実際の被曝線量はもっと高いはずです。

スパークス:私達は、上医師の憂慮について、東電に聞いてみました。

東電広報担当者:あのー、いま、まあ、実際に、そうした事が起こっているかいないかを確認するのが先決だと思います。
いまのところ、私共としては、そのような事実は確認しておりません。

ナレーション:東電の担当者へのインタヴューは、大変聞き取りにくかった。
なぜなら、多くの農家が東電に対して、汚染された農作物への補償を求めるデモの最中だったからです。
作業は着実に進んでいる。東電はこの動画を昨夜ネットにアップしています。
しかし、事故の情報を隠蔽して来た東電の信用はすでに地に落ちています。
このことについては、福島の作業員も同意しています。「いつものことだ!」と。

作業員B:例えば、汚染水浄化装置から汚染水が漏れ出していたことがあったが、
プレスに公表されたが、実際に漏れ出した汚染水の量は違い、もっと多くの汚染水が出ていた。

ナレーション:
この作業員は、7月10日の事故の事を言っているのです。東電の報告書には、50リットルの汚染水が漏れ出したと書かれてあります。そこで作業員の証言と報告書の不一致について、東電の広報のヒトスギ氏に聞いてみました。

東電の広報:ちょっと、7月10日のことは、よく覚えておりませんので、思い出せません。
汚染水が漏れたとしても、環境に影響がでるものではないと思います。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

日本政府は福島県民を人間モルモットとして使っている! 6/17 豪州ABC・TVより

日本政府は福島県民を人間モルモットとして使っている!
"Japan using Fukushima people as human Guinnea Pigs" June 17, 2011 from 60 minutes Australia.

http://sixtyminutes.ninemsn.com.au/



*ゲスト解説者:ミチオ・カク教授 NY大理論物理学。日系米国人 
*関連動画リンク http://www.youtube.com/watch?v=eh2PIB_zB5Q


< 日本語訳:Jo2Rayden >
日本が3月に巨大地震と津波に襲われたときに、私たち自身に最悪の事態が迫っていました。
1万人以上の死者、打撃を受けた経済、社会の破壊。
日本は大災害を被りました。
しかし、数週間経っても、災害はまだ終わっていません。
破壊された福島原発は、依然放射能漏れが続いており、チェルノブイリの経験則から、日本の原発事故からの回復は数年ではなく、一世紀以上かかるでしょう。

LIZ HAYES:何千人もの人々がかつて住んでいた東日本の海岸には、津波による不気味な沈黙と瓦礫の整然とした山だけが今あり、国土は荒廃させられた。
しかし、この前では長くは続きません。沈黙は壊され、別の災害がじわじわ迫り来るシグナルが鳴なります。

フランク、これはどういうことなの?

FRANK:以前話したような状態ではないのです。

LIZ HAYES:私たちは、日本の核危機のグラウンドゼロ、メルトダウンした福島原発に向かっています。ここから20km以上離れていますが、すでに我々は、その致命的な放射性降下物を計測しています。

FRANK :放射線数値が上がっていきますね。車を走らせ続けていくのは余りにも危険です。

LIZ HAYES:つまり、実際にここで停止する必要があるんですね?

FRANK:ええ。これ以上あなたを同行させようとは思いませんね。

LIZ HAYES:放射線の専門家フランク・ジャクソンとこのガイガーカウンターは、我々が危険地帯まで来ている事を告げています。防護服だけでは十分ではないのですか?

FRANK :ガンマ線は、最も強い放射線を出し、ほとんどのものを通過します。

LIZ HAYES:つまり、回避したい放射線の一種ですね?

FRANK :そうです。

LIZ HAYES:フクシマは、かつては日本の電力の主要供給地でした。
これらの衝撃的な新たな映像は、津波が原発建屋に到達した瞬間で、火災や爆発の連鎖を引き起こしました。
東京からわずか200キロの場所にある福島で、6基の原子炉の内3基がメルトダウンし、いま致命的な放射線は、すでに海と空気中に漏れています。

MICHIO:彼らは原子炉が安定していると言う、ええ、確かにそうです。その安定とは、崖の淵に、指の爪でぶら下がっているようなもので、徐々にその爪が剥がれかけ初めている。それが安定です。言い換えれば、それは時間との戦いなのです。

LIZ HAYES:あなたは、原子力災害が日本で終息してきていると思っているかもしれません。物理学者、ミチオ・カク教授にお聞きします。

MICHIO:もし、あなたが原発作業員で被曝していると、たとえ亡くなってから長期間経っていても埋葬されたお墓は放射線を出すでしょう。
あなたのひ孫が、ガイガーカウンターを持って来ると、曾祖父の埋葬遺体がお墓で放射線を出すのがわかるでしょう。

LIZ HAYES:冗談でしょう?

MICHIO:至って真剣です。

***

LIZ HAYES:地元の人々は、彼らの食料と水が汚染されてると言われているのです。
これらをテストするのですか?

FRANK:これはX線と同じなのです。

LIZ HAYES:毎回キャベツを持ってX線を浴びていると言うのですか?

FRANK:そうです。

LIZ HAYES:彼らが、日本の原発事故の避難民です。何千人もの人々が、避難所になった段ボールで区切られた公共の建物の床で寝泊まりしているのです。僅かな所有物と僅かなプライバシー。直面する見えない将来。
この光景を見ると、私は誰かの家の窓から見ているような感じがします。
人々は、懸命に段ボール箱の家を作ったのです。

CHIE:ええ、私は写真が掛けられ、窓が描かれた段ボール、本棚があるのを見て驚きました。

LIZ HAYES:マツモト・チエのような多くの日本人は、自分たちの国が完全に回復することはないのではと恐れています。
あなたは、ここでもう一度、食料や水を取り、空気を呼吸してよいと思いますか?

CHIE:意図的には、良いとは思いません。私は、ただ食べたり飲んだりしても安全だと信じなければだめなのです。しかし、私の心のどこかで、確かにわかっています。
私はいつも疑念を抱いています。私自身に尋ねます。これは大丈夫なの?これを行う場合は、数年後の健康状態はどうなるの? いつもそうなのです。

MICHIO:彼らは、ある意味でモルモットになったのです。人間モルモットで、どの様に放射線が環境に分散するか、どの様に実際に人々の体と彼らの子供の身体に取り込まれていくか、何年も何十年も癌が増加していくのかを観察していくのです。

LIZ: 福島の人々の今後を考える為に、地球上で唯一同様の災害に見舞われた土地に旅することにしました。チェルノブイリです。

*途中訳省略。以下概略。

1) 現在は、周辺都市はゴーストタウンになっている。
2) 原発事故が起った時、みんなはすぐに街に戻れると思っていたが、結局それが最後になった。
3) 最初に事故が起こった時は、この国の誰もがこんな酷い事故だと思わなかった。

LIZ HAYES:社会が放射能に汚染されるとき、これがその結果なのです。
原発災害発生の後に生まれたチェルノブイリ被災者の子どもたちのために特別に設立されたキエフの放射線専門病院では、今日、汚染によって引き起こされると考えられる癌と他の疾病と戦っています。
あなたは原発事故についてどう思いますか?あなたは事故を知らずに生まれ、でも影響を受けてしまっていますね?

GIRL:私は、この時は恐ろしく、非常にひどかったのを知っています。

LIZ HAYES:チェルノブイリ4号基の原子炉格納容器は、安全試験中に破裂し一連の爆発を起こし、ヨーロッパ全体に放射性粒子を含む雲を炎と共に吐き出しました。

MICHIO :乗組員を保護するコンクリート装備のヘリコプターは、ホウ酸と砂を運び、砂5000トン、コンクリート、ホウ酸を投下し、原子炉を埋葬した。これを行うのは長期間掛かり、そして石棺を建造しました。

LIZ HAYES:今日、4号機原子炉は、ウクライナ産業の暗影の風景なのです。
バンドエイドの様に修理されたコンクリート石棺がみえますが、溶けた炉心は依然恐ろしく熱い。そして、新たな石棺を建設する計画があります。なぜなら、この石棺容器は壊れかかっているからです。チェルノブイリ原子力災害はまだ決して終わっていません。
現在、チェルノブイリ周辺には30キロの退避ゾーンがあります。
そして訪問者は、ここに来るために政府の承認を得る必要があります。なぜなら、高い放射線レベルがまだ計測されるからです。

この装置は、純粋に空気中の放射線を検出するもので、この地域は非常に放射線が高いでしょう。では、ここに置いてみましょう。高レベルだと計測されました。マスクをしなきゃ!
ここに来る者はすべて、汚染テストをする必要があるのです。なぜなら、放射線が空気中や土壌や食品の中にあるからです。
どれくらいの数の人々が、いまもチェルノブイリ周辺で影響を受けているのですか?

IRYNA LABUNSKA:私は、1986年以降に500万人以上が影響を受けていると思っています。

LIZ HAYES:科学者イリーナ・ラブンスカ氏は、チェルノブイリの被害を受けた地域の食糧をテストしてきました。
私が今知っておくべきと感じる一つは、原発事故は私がその国に住んでいなくても、自分に影響を及ぼす可能性があり、原発が世界のどこにあるのか知っておく必要があるということです。

IRYNA LABUNSKA:そうですね。ご存知のようにチェルノブイリ放射性降下物は世界中にあったのです。
今でもイギリスにも、動物の放牧のために使用されていないいくつかの牧草地があります。
なぜなら、チェルノブイリからのセシウムに汚染されているからです。

MICHIO:我々のすべてが、身体にチェルノブイリの被曝の痕跡があります。我々が、ガイガーカウンターやシミュレーション・カウンターを使うと、実際にチェルノブイリからの放射線が私たちの筋肉や組織に取り込まれているのを確認できました。

LIZ HAYES:では、フクシマも同じになるのですか?

MICHIO:そうです。実際、全世界はフクシマからの放射線に被曝させられています。つまり、放射線は、太平洋を越え米国を通り移動し、現在は地球全体に周って循環しているのです。

LIZ HAYES:つまり、我々はフクシマから被曝を受けているのですか?

道雄:私たちは既にフクシマからの放射線を浴びています。

LIZ HAYES:あなたは、フクシマが日本のチェルノブイリになると恐れていますか?
人々が二度と戻ることができないと死の場所になると?

CHIE MATSUMOTO:私は、残念ながら、同じ道を辿り、そう成らざるを得ないと思います。またはそのような状態になり続けるでしょう。

LIZ HAYES:この原子力災害は、嗅げず見えない敵をもたらし、被災者から総てを奪い去りました。安価で信頼性の高いエネルギーは、今や高コストなものになっています。

MICHIO:核エネルギーの使用を決定した世界のどの国も、本当の危険性を再評価しなければなりません。100年、500年の時間枠でどうなるのか? この様な事故は起ります。
これらの事故は頻繁に起こりませんが、事故が発生した時は、原発事故は国全体の経済を破滅させてしまう可能性があります。ですから、国民は民主的に自分自身で決断しなければなりません。それでも危険を冒すことをいとわないのでしょうか?

-END-



英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

福島原発は時限爆弾の様,水素爆発危険性まだある! ミチオ・カク教授 NY大 6/26

http://www.youtube.com/watch?v=eh2PIB_zB5Q
*動画と同様の解説内容(週刊現代より抜粋。)

「福島第一の再爆発に備えよ」 日本人は楽観しすぎている全米で最も著明な理論物理学者ミチオ・カク教授(ニューヨーク市立大学

週刊現代7月16日23日合併号より * 転載
取材・文 松村保孝 ジャーナリスト

「いいですか。忘れてはいけませんよ。いったん作業員全員が避難するようなことになれば、あとはもうフリーフォール(止めようのない急降下)です」。最悪の事態はこれから起きるのかもしれない。


<これは時限爆弾です>

 「1906年4月、私の祖父はマグニチュード7.9のサンフランシスコ地震に遭遇しています。そのときの44倍以上のエネルギーが、今回の東日本大震災では放出されました。
 それほどの巨大地震だったわけですから、何ヶ月あとになっても大きな余震は起こりうる。マグニチュード9・1のスマトラ島沖地震では3ヵ月後にマグニチュード8.6の余震が発生しています。東日本大震災のマグニチュードは9.0でしたから、それに近い規模の巨大地震がいつ東北地方や福島第一原発を襲っても決して不思議ではありません。
 日本の専門家の中には、『多くの死者と行方不明者を出した地震津波に比べて、原発事故の被害は少ない』という人がいるようですが、それは楽観しすぎです。指先でビルの屋上の外壁にぶら下がり、『見てみろ!安定しているじゃないか!誰も死んでいないのだから、すべてOKだ』と言っているのに等しい。本当はいつ再爆発してもおかしくないーーーー これが福島第一の実態なのです。」

こう話すのは、ニューヨーク市立大学教授(理論物理学)で日系3世のミチオ・カク氏(64歳)である。
カク教授は、ハーバード大学を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得。ニューヨーク市立が医学で30年にわたって教鞭を執る一方、物理学の普及活動にも熱心に取り組んでおり、『アインシュタインを超える』など多くの著書がある。
東日本大震災以降は、CNNやABCなどの報道番組に精力的に出演し、福島第一の今後などについて解説を行っている。その明晰な語り口は人気が高く、いまアメリカで最も著明な理論物理学者である。
カク教授は福島第一の現状をどう捉えているのか。ニューヨーク・セントラルパークの北にあるキャンパスの研究室を訪ねた。

――――事故発生から4ヶ月近くが経過しました。当初のような大きな爆発が最近おきてきませんが、福島第一はヤマを超えたのでしょうか。

カク とんでもない。私は福島第一を、静かに時を刻む「時限爆弾」だと考えています。時限爆弾は一見安定していますが、爆発させないためには信管を抜かなくてはならない。
 翻って福島第一は今、瀬戸際でぐらぐらしていて安定していない状態です。原子炉の水温は高いままで、来年にならないと冷温停止にはならないでしょう。
 しかも、ちょっとした余震に見舞われて、原子炉を冷却するパイプが破裂し、原子炉の圧力容器や格納容器、使用済みの核燃料プールの破壊が進めば、事故処理はまた振り出しに戻る。現時点でさえ、作業員は原子炉建屋の一部にしか入れず、一回の作業時間もたった数分から数十分に限られ、そのわずかな時間で年間許容量の放射線を浴びることもある。いつ状態が悪化してもおかしくない福島第一は時限爆弾なのです。

<明日爆発してもおかしくない>

―――福島第一にとって「最悪のシナリオ」とは、どのようなものを想定していますか。

カク ご存知のように、炉心溶融が1~3号機の3つの原子炉で起こりました。
 計測器は、これまでの予想を大幅に上回る深刻な事実を記録していますが、最悪のシナリオは未だ至っていません。
 仮に巨大余震に襲われて敷地内のパイプやタンクが壊れたとしましょう。その時点で大量の高濃度汚染水が漏れ出し、放射能レベルは一気に上がる。作業員はプラントから全員避難せざるを得ない。そこから原発事故は悪化の一途をたどるのです。
 原子炉内に水が絶えず注入されていないと、すぐ干上がってしまう。しかし、原子炉の破損がよりいっそうひどくなれば、壊れたカップに水を注ぐようなもので、いくら注いでも水はさっと流れ出す。そうなると炉心溶融が起こる―――これが、私の考えている最悪のシナリオなのです。
 チェルノブイリでは水蒸気爆発と水素爆発が殆ど同時に起こりました。福島でも同じようなことが起こりえます。すでに福島では数回の水素爆発がありましたが、大きな水蒸気爆発にはまだ至っていません。水蒸気爆発は原子炉全体を吹き飛ばす。チェルノブイリでは炉心の25%が気化して外界に打ち上げられました。たった25%が気化しただけで、今回の福島の事故の5倍もの放射性物質が放出されたわけですが、もし福島第一で水蒸気爆発が起きたら、その被害はチェルノブイリどころでは済みません。
 なぜなら、水蒸気爆発したチェルノブイリ原発4号炉に装填されていたウランの燃料の送料は190トンとされていますが、福島原発1~4号機は合計351トンチェルノブイリの2倍近くもあるからです。
 このシナリオはもう一回巨大示威sンが福島第一を襲ったら、十分ありうる話です。再度の地震、パイプの破裂、作業員の避難、炉心に水を注ぐ要因の不在、炉心溶融、そして水蒸気爆発が炉を吹き飛ばすといったことは明日にでも起こりうるのです。そうなればデットゾーン(避難区域)の規模はすさまじくなる。チェルノブイリのデットゾーンは19マイル(30km)居住も農業などの生産活動は一切禁止され、ゴーストタウンと化している。
 放射性物質は50マイル(80km)ぐらいは容易に飛散する。東京は福島から150マイル(240km)離れていて安全圏だとしてもパニックが起こり、多くの人々が東京を脱出する。
 私はこの「時限爆弾」がただちに爆発するとは言っていません、明日起こるかもしれないし、全く怒らないかもしれない。しかし、こうした予測シナリオを描き、分析するための多くのコンピュータープログラムを開発し、それを元に行ったシュミレーションこそ、われわれ理論物理学者が50年かけて研究してきたことなのです。

<日本政府は信用できない>

――日本政府は計54基の原発中、現在非稼動の35基を順次、再稼動させようとしています。本当に原発を運転再開させても大丈夫なのでしょうか。

カク まず何よりも日本政府の威信は地に落ちました。多くの人々が日本政府や東京電力のもたらす情報を信用していません。われわれアメリカの物理学者は、自分のコンピュータープログラムに事故のデータをインプットし、今回の事故の再現をしています。」毎時間ごと、毎秒ごとの炉心損傷と放射性物質の放出量の分析をしている。これが日本政府の発表する、聞く人を安心させるような情報とは一致しなかったのです。
 彼らは当初、「炉心は何らかの損傷を受けている可能性がある」とし、損そうの程度も「ごく一部に過ぎない」と説明していました。しかし、われわれはその時、すでに100%損傷している可能性があるほど甚大は被害が出ていると予想していた。結局、東電が炉心溶融を認めたのは事故から2ヶ月も経過した5月中旬のことでした。
 また、われわれの計算では、放射性物質の放出量は公式発表よりずっと多かった。すると4月の段階で放射線放出量を37万テラベクレと推計していた日本政府は、6月になって2倍以上の77万テラベクレルに上方修正した。
 幾度となく日本政府は安心させるようなことを言ってきましたが、コンピュータープログラムでチェックすると、彼らの言動は信用できないとわかるのです。

―――それでみギリギリのところで福島第一の状況悪化が踏みとどまったのは、何が理由だと重いますか。

カク 炉心溶融するほどの大事故を食い止めたのは奇跡としか思えません。現場の吉田(昌郎)というリーダーが海水注入を続けたおかげです。中央からの命令に背いて海水バルブを開き続け、原子炉を冷やした。彼こそ英雄です。窮地を救った。当時のあらゆる楽観的な見通しは、「原子炉を廃炉にせず、過去の投資を無駄にしたくない」という考えに発したもので、確かに海水を注入すれば炉は二度と使えなくなる。しかし、海水注入こそが唯一の正しい答えで、あとの選択肢はすべて間違いだったのです。
 事実、われわれのコンピュータープログラムの事故再現によれば、炉心の損傷は激甚で、さらに圧力容器に穴が開いていることも警告していた。それでもなお、日本政府が延々と言い続けたのは、「格納容器は破損していない」「スリーマイル島事故のような事態にはならない」ということでした。それが現在は格納容器の損傷を認めている。この事態は重大です。推移が下がれば容器に底がある溶けたウラニウムが再び暴走し始め、大事故につながりかねない。ですからわれわれは日本政府を信用できないのです。

―――日本政府が「夢の原子炉」として実現を目指している高速増殖炉についてはどう考えていますか。

カク 高速増殖炉は燃やした以上に燃料(プルトニウム)を産み出すというまるで手に触れた物をすべて黄金に変えるギリシャ神話の「ミダス王」のような代物です。
 しかし、そもそもプルトニウムは非常に毒性が強い化学物質で、兵器への転用が可能です。ハイジャッカーやテロリストが手に入れたプルトニウムから核兵器を作り出すかもしれない。そんな危険なプルトニウムを生み出す高速増殖炉をアメリカ人はミダス王とは呼ばずに「ファウストの契約」と呼んでいることを知っています。
 ファウストは悪魔に魂を売って全能を手に入れた、ゲーテの作品の主人公です。つまり日本人は、無限にプルトニウムを生み出すことのできる高速増殖炉を手に入れるために、命を代価として差し出したのです。
 今回、福島第一の敷地内からはプルトニウムが検出されましたが、日本列島に住む人々はプルトニウムにそれほどの価値があるのか、あらためて論議すべきではないでしょうか。
 福島第一がこれほど甚大な被害をもたらしたうえ、巨大余震の可能性から免れることもできないとすれば、日本人は原発からの段階的な撤退を真剣に考えたほうがいいと思います。とりわけ東海地震の予想震源域に立つ浜岡原発は、一刻も早く運転を永久停止するべきでしょう。

―――日本政府による「過小評価」は、パニックを抑制するためと見る人がいます。

カク 原発はエネルギー効率がよく、CO2の排出量も少ないのは事実ですが、同時に大きな危険性も伴います。日本の人々にこれらすべてが十分に説明されていたならが、広大な居住地を失い何十万という人々が退避しなければならないことに突然気づくようなことはなかった。こんなに大きな衝撃も受けなかったでしょう。

<収束には50年、100年かかる>

―――事ここに及んで日本政府は真実を伝えていると考えていますか?

カク 未だに最小限の情報しか与えていません。たとえば、避難されている福島の人々はまだ、もと住んでいた家に戻れると考えている。ある時点で、一部の人には自宅に戻れないと伝えるべきです。放射能によって汚染された表土を10cmほどブルドーザーで削ったとしても、農地は助からない。チェルノブイリ同様のデットゾーンになるしかないのです。
 日本政府は「いつかは正常に戻る」という根拠のない話をしていますが、問題は福島に正常化などはないということです。本当のことを伝えなくてはいけない。さもなければ今後、現実を知らされたとき、人々はパニックに陥る。
 放射線除去作業が始まった際、それは数十年かかる作業であると伝えられるべきでした。福島第一にプラントを納入している東芝は10年、日立は30年と見ているようですが、アメリカのエンジニアの中には50年から100年かかると見ているひとがいます。思い出してください。チェルノブイリ事故は25年たった今でも収束していないのですよ。炉心は地中にメルトダウンしており、原発自体を覆うための高さ100mの巨大ドームを建設していますが、まだ完成には至っていません。福島の事故もおそらく50年から100年は収束しないでしょう」

―――暗澹たる話ですが、このように語る科学者が日本にはほとんどいません。

カク 日本人には何が起こったのか。そしてこれからどうなるのかについて全面的に伝えられていません。われわれ物理学者は、過去に何度か同じような事例を見てきて、それをコンピューターモデル化しているから、福島第一の事故の規模はもっと大きいと知っているのです。
 繰り返しますが、福島第一が安全であると主張することは、指先でビルの屋上の外壁にぶら下がり『見ろ、すべてが安定している。誰も死んでいない。すべてOKだ』と言っているようなものです」

―――CNNに出演した際、潜在的にはこの事故によって東北地方全域で人が住めなくなる可能性があると語っていました。

カク その通りです。北日本の大部分です。福島第一が制御不能になれば、潜在的にはチェルノブイリより事故の規模が大きいのです。いいですか。忘れてはいけませんよ。いったん作業員全員が退避することになるようなことになれば、あとはもうフリーフォール(止めようのない急降下)です。
 ロボットに複雑な作業は無理です。放射能汚染水は蒸発するか漏出して事故処理は振り出しに戻る。再び爆発が起こって、チェルノブイリのような大惨事が起こりうることも想定しながら、今後の対策を考え、備えておくべきです。

-END- 英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

Where are Geiger Counters from foreign countries?厚生労働委員会-海外の放射線線量計行方-2011.05.19

Where are Geiger Counters from foreign countries?厚生労働委員会-海外の放射線線量計行方-2011.05.19 (English subtitle)
the House of Councilors of Japan, Board of Health 19 May 2011
 

審議内容概要:< Translation of outline >
福島瑞穂『ええとですねえ、保安院が預っているもの(ガイガーカウンター)について、成田に留め置かれて、使われてないということも聞いているんですが......』
The leader of S.D.Party, Ms.Fukushima: "We heard that many of Geiger Counters have been stuck at the Narita Airport and not been dispatched yet."

『「送る予定」というのと、「送った」ていうのは話がちがうじゃないですか。』
"Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto! You said earlier, the government dispatched the Counters to Fukushima and TEPCO. But, now you say, it will be planed dispatching. It is difference, isn't it ?!"

(武藤審議官は、ガイガーカウンターが『すべて配布済み』といったが、東京電力は受け取っていない。嘘がバレた直後の武藤審議官の焦り方が鮮明です。)
Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto said earlier, we forwarded it to TEPCO, but, TEPCO said they don't! Mr.Muto told a lie !!

<English subtitle: Junebloke >
<< English translation in all >>

The leader of S.D.Party, Ms.Fukushima:
"We heard that many of Geiger Counters have been stuck at the Narita Airport and not been dispatched yet."

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto;
"The government dispatched the Counters to Fukushima and TEPCO and other prefecture and agencies related. "

Ms.Fukushima:
So, you say, it has been dispatched to Fukushima and others, haven't it ?

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto;
"The government dispatched the Counters to Fukushima and TEPCO and other prefecture and agencies related basically... "

Ms.Fukushima:
Mr.Muto! I'd like to confirm that the government dispatched the all Geiger Counters to Fukushima and TEPCO, right?

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto;
The government already dispatched the all Geiger Counters to Fukushima and TEPCO.

The leader of S.D.Party, Ms.Fukushima:
"We heard that many of Geiger Counters have been stuck at the Narita Airport and not been dispatched yet."

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto:
"The government dispatched the Geiger Counters to Fukushima and TEPCO and others.."

The leader of S.D.Party, Ms.Fukushima:
The government already dispatched to them the 31,000 Counters imported from USA. Is it correct ?

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto:
The government dispatched the 31,000 Counters to SDF and TEPCO and others already...

The leader of S.D.Party, Ms.Fukushima:
We confirmed to TEPCO that they do not receive the counters yet! They will plan to receive it from the government in future.
Which mean, you have not dispatched it yet, haven't you ?!

Chairman :
"Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto."

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto:
Well... It will be planed dispatching...

Ms.Fukushima:
The reason for the question is why the government have not yet dispatched to them the Geiger counters imported from many countries as free of charge.

Chairman :
Mr.Muto, you should speak briefly due to limited time!

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto:
Well.... We imported the counters on 10 April..then, moved it to the warehouse...
Well... we have not confirmed if TEPCO received it or not...

Ms.Fukushima:
Mr.Muto! You said earlier, the government dispatched the Counters to Fukushima and TEPCO. But, now you say, it will be planed dispatching. It is difference, isn't it ?!"

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto:
"I'm sorry.. We imported the counters in April, but.... we will plan to dispatch it..."

Ms.Fukushima:
Where are plan to dispatch ? How many counters do you still have at the warehouse?

Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto:
I'm sorry... We are not sure which is plan...
...and how many counters already dispatched....

Ms.Fukushima:
Mr.Muto! You said earlier, the government dispatched the Counters to Fukushima and TEPCO. But, now you say, it will be planed dispatching.
The most important is the people needed the Geiger counter are able to use now! BUT, you just leave it all since early April !!
Mr.Muto! You still have got many many Geiger counters left at the airport warehouse, haven't you?!


Chairman " Well... PLS stop writing note for conference."

* Chairman asked other officer of other dep. Ministry of Economy, Trade and Industry. Due to lack of explanation of Mr.Muto.

< Conclusion > Foreign Gov. Deputy Director-General, Mr.Muto said earlier, we forwarded it to TEPCO, but, TEPCO said they don't!
Mr.Muto told a lie !!

-END-



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

福島原発GE製マーク1原子炉設計欠陥訴え!設計者ブライデンボー氏 6/4

福島原発GE製マーク1原子炉設計欠陥訴え!設計者ブライデンボー氏 6/4


特集「シリーズ原発危機「元GE技術者が語ったFukushimaの弱さ」」TBSテレビ:NEWS23 X(クロス) http://t.co/P3j28fp 福島原発MARK1格納容器の欠陥を告発した技術者ビデオです。

1.福島原発:G.E.製MARK1原子炉設計者D.G.Bridenbaugh氏 へのインタビュー。Bridenbaugh氏と2名の設計者は70年代に設計欠陥訴えたが、GE社に受け入れられず退職していた。

<概要> 福島第一原発は米・GE(ゼネラル・エレクトリック社)が1975年に構造設計、建設したものだが、この時の構造設計者3人、Dale G. Bridenbaugh 、Gregory C Minor 、 Richard B. Hubbard は、構造上の欠陥があり、建設するのは危険だと会社側に進言して、それが認められず、退職していた。

2.原子炉圧力容器に重大な事象発生の場合、GE製BWR MARK1格納容器は設計上の大きさが小さすぎる為、緊急時の圧力に耐えれない構造が米国で建設後発覚。

3.圧力を逃がす為、後付けでバンドエイドの様な修理でベントを設置。基本設計がGE製BWR MARK1の福島1・2・3号機は、その圧力ベントを開く調整をしたが、総て失敗し水素爆発した。予想されていた欠陥設計であった。 by ガンダーセン博士

*ネット調べ→ガンダーセン博士が危険指摘GE製マーク1:
浜岡原発の場合=浜岡原発1号機BWR-4格納容器MarkI&2号機BWR-4格納容器Mark1:廃炉予定。 3号機BWR-5改良標準型,格納容器MarkI改良型,開始87年8月28日、4号機BWR-5改良標準型,格納容器MarkI改良型,開始93年9月3日

*5号機は、日本製設計だが、先月停止した時に冷却水排管に別の配管の蓋が外れ、ぶつかり破損させ、原子炉に大量の海水が流入した。原発のレイアウト設計欠陥の疑いあり、静岡県対策室より詰問中。また、09年の駿河湾地震でも想定を超えるガルの震度発生し、緊急停止。地盤にも問題アリ。浜岡1-5号機総てに問題がある可能性アリ。


英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

福島4号建屋傾斜! 保管核燃料1535体大丈夫か? Dr.ジェイコブ 5/11

ロシアTVより。広島市立大学「広島平和研究所」講師のDr.ロバート・ジェイコブズの福島第一4号機の分析。外国の多くのメディアでも紹介されています。(日本語要約:Jo2Rayden)



司会:福島第一4号機建屋は、傾斜して倒壊の危険があるのですね。どれくらい憂慮すべきなのですか?

ジェイコブズ:とてもとても深刻な憂慮すべきことです!ウェブカメラが示しているように、4号機建屋には明らかに重大な傾きが見られる。右側に傾いていますね!日本政府は、昨日から建屋を支えるための工事を始めたことを認めています。特に上階からです。4号機建屋には、はるかに大量の核燃料が貯蔵されていると見られる。
4号機は3号機と構造上の連動があるようです。3号機の爆発と関係があるのかもしれません。
もし、4号建屋が倒壊したら、上階のプール保管核燃料が地上に落下し、外部へ非常に高濃度の放射能汚染を引き起こします。作業員への影響も深刻になります。
福島には4機の原子炉建屋があり、非常に大量の放射能を出し周辺に影響を与えています。まだ、放射能放出は制御出来ていません。
最初の放射能大量放出の後、まだ引き続き放射能放出はあり、政府は情報を継続して出し続けているので、国民に非常なストレスを与えています。
東電と政府は、総ての原子炉をまだ制御出来ているわけではない。この情報公開を少なくし、世論を操作して、パニックを抑えています。

司会:広島市立大学「広島平和研究所」講師のロバート・ジェイコブズ氏でした。

-END-

<補足事項>
1)ガンダーセン博士以外にも、4号機の傾斜の情報を入手している方がいましたので、簡約日本語付記して動画UPします!
2)"地盤が1フィート沈下した"(ガンダーセン博士指摘)4号機には、1535体の核燃料棒が保管されています。
*東京・中日新聞調査より、"1535体(本ではない)が4号機プールに保管"されています。
3)浜岡原発は、6625本の保管核燃料棒がプールにあることを発表しています。原子炉は全部で5機。単純計算すると、1機当たり1325本核燃料棒が保管されています。日本の他の原発も同様な保管状況のようです。


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


  英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
143位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR