#福島 、無視されたチェルノブイリの教訓。In #Fukushima , the lessons of Chernobyl are ignored ・甲状腺の病気は既に明白!:スイス・バーゼル大教授

「福島、無視されたチェルノブイリの教訓」 "In Fukushima, the lessons of Chernobyl are ignored."
・甲状腺の病気は既に明白!:スイス・バーゼル大教授が福島県で内科医師を訪問後発表-新生児の病気、ダウン症等を秘匿する大学/Professor who met with Fukushima physicians:Thyroid diseases already apparent — Diseased newborns and Down’s syndrome still kept secret.
michel-F.

*Published: August 14th, 2012 at 1:52 am ET By ENENews
http://enenews.com/doctor-meets-with-fukushima-physicians-very-surprised-to-see-young-patients-with-myocardial-infarction-diabetes-and-eye-diseases-thyroid-diseases-are-already-apparent-diseases-of-the
[An interview of Dr. Michel Fernex published] August 2, 2012
*French→English translated by FRCSR:<日本語訳:Jo2Rayden> 
*Dr. Fernex, a professor at University of Basel in Switzerland who has visited Fukushima:
I met with four physicians from Fukushima Medical University in cardiology, urology, internal medicine and ophthalmology. They all seemed unaware of conditions related to radiation contamination. They were very surprised to see young patients with myocardial infarction, diabetes and eye diseases.
* スイス・バーゼル大教授・Fernex博士が福島県を訪問した。:
「私は、福島県立医科大学の心臓学、泌尿器科、内科および眼科の4人の内科医に会いました。彼らすべては、放射能汚染と関連する状態である事に気づいていないように見えました。彼らは、若年患者が、心筋梗塞、糖尿病および眼疾患を患っているのを見て、非常に驚いている。」

*Directive was given at Fukushima Medical University not to mention radiation. One young professor of ecology tried to study effects of nuclear disaster on children, but he has received threats. The majority of the faculty follow orders and they close their eyes to save their careers: this is very serious.
* 福島県立医科大学では、教授たちは放射線の影響を言及しない様に言われている。環境学の若い教授が、子どもの原発事故の影響に関する研究をしようとしたが、彼は脅しを受けた。学者の大半が指示に従うようされ、彼らは自らのキャリアを維持する為にその目を閉じた。:これは非常に深刻である。

*Thyroid diseases are already apparent, but cancers have latency, brain cancer will be seen in children in four years and later in adults. The number of babies with low birth weight increases. The number of female births down 5% because the female embryo is more vulnerable. Appearance of diseases of the newborn and Down’s syndrome is still kept secret.
甲状腺疾患は既に明白ですが、癌には潜在期間があり、脳腫瘍は子供は4年以内で、大人は4年以降に見られるでしょう。出産時に低体重の赤ん坊の数が、増加しています。女児の胎児がより脆弱である為、女児の誕生数が5%低下。新生児の疾病とダウン症候群の疾病の出現は、いまだ秘密にされているのです。

** original site article as follows. 上記記事の元サイトは下記。** 
http://independentwho.org/fr/2012/08/02/lecons-ignorees/

ミシェール・フェルネックス「フクシマ、無視されたチェルノブイリの教訓」(完訳版)
*8/18更新:フランス語の和訳がありましたので下記サイトより和訳を転載しました。感謝m(_ _)m
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/08/blog-post_17.html?m=1
Pour l'indépendance de l'OMS
«L’Organisation Mondiale de la Santé (OMS) ne remplit pas sa mission de protection des populations victimes des contaminations radioactives.»
WHO独立のために
《世界保健機関は、放射能汚染に被災した人びとを防護する使命を果たしていない》
À Fukushima, les leçons de Tchernobyl sontignorées(原文)
ミシェール・フェルネックス博士インタビュー
「フクシマ、無視されたチェルノブイリの教訓」


2012年8月2日

ミシェール・フェルネックス博士は10日間の日本旅行から帰還して、嘘と沈黙が福島核災害で汚染をこうむった人びとを危険にさらしていると非を鳴らす。

福島県立医科大学の教授陣と交流なさって、なにがわかりましたか?

わたしは、福島県立医科大学の心臓科、泌尿器科、内科、眼科の医師ら4名とお会いしました。先生たちは、放射能汚染関連の症状に気づいていないようでした。彼らは若い患者の心筋梗塞、糖尿病、眼疾患を目のあたりにして、たいへん驚いていました。わたしは、ゴメリのバンダジェフスキー教授が独立系研究機関のベルラド(Belrad)と共同で実施した、チェルノブイリ事故被災民の研究について先生たちにお話しました。研究の結果、汚染、とりわけセシウム137による汚染とこういう病変との関連が明白になりました。

福島県立医科大学では、核問題について口にするなという指示が与えられています。生態学の若手教授がただひとり、子どもに対する惨事の影響に関する研究を試みました。その人は脅迫の憂き目にあいました。たいがいの教職員は統制を受け入れ、保身のために見て見ぬふりをしています…とても深刻なことです。日本のような研究開発力の強大な国は、放射能汚染が誘発する遺伝子変異をさらに深く研究し、世代から世代へと受け継がれる遺伝子異常を克服するために抗突然変異手段を開発すべきです。

甲状腺についていえば、疾患はすでに現れていますが、癌についていえば、子どもの脳腫瘍で4年のうちに、大人の場合、その後に出現するでしょう。低体重出産の新生児の数が増えます。女性胎児のほうが損傷を受けやすいので、女児の出生数は5パーセント減少します。新生児の疾病やダウン症候群の発現は秘密にされています。

現在、汚染された地域に居住する人たちは、どのように暮らしていますか?

京都で避難してきた女性にお会いしましたが、リスクを知らされたり、予防措置を施されたり、適切な食品を支給されたりしていませんでした。福島市では、人びとは自宅に閉じこめられ、庭いじりもしていません。政府は目下、放射線に無頓着なまま、いまだに非常に汚染された元の居住地に住民を戻したがっています。
農村地域では、小規模農民が自給自足で生活しており、汚染された米を栽培しています。米はいまさら売り物になりません。百姓は破産状態です。人びとには、放射性核種の体内摂取を阻み、排出を促進するためにペクチンが必要でしょう。

りんごのペクチンですか?

ベラルーシにおける経験によれば、りんごのペクチン・ビタミンがセシウム負荷量を減らしますので、細胞組織の損傷を軽減します。この療法は3か月ごとに再診すればよく、該当する子どもたちを守るために、食品の選定と準備における安全対策を併用しなければなりません。日本の当局は情報と予防の業務を実施してきませんでした。それとは対照的に、BELRADのウラジミール・バベンコが著した小冊子「自分と子どもを放射能から守るには」の日本語訳が発売されています。
  

つまり、当局はチェルノブイリの教訓に聞く耳を持たなかったのですか?  

そのとおりです。事故のあと、3日以内に安定ヨウ素剤は配布されませんでした。甲状腺の疾患と苦痛を防ぐための、この簡単な予防措置を実施しなかったのは、重大な失策です。チェルノブイリの場合と同じように、避難は遅れました。30キロメートル以遠では、避難は実施されず、自主的に離れた人びとは補償を受けないでしょう。放射線防護に関する国際基準は守られていません。つまり、放射線感受性が成人よりも100倍高い子どもに対してさえも、許容放射線量が引き上げられました。ソ連の政府機関はこういう線量限度を超えることを拒否しました。日本の政府機関は、住民よりもむしろ核産業を救済するためにしゃしゃり出た、IAEA(国際原子力機関)が代表する原子力ロビーの影響のもと、これに同意しました。

子どもたちに線量計は配布されましたか?

線量計で外部被曝を知ることができますが、体内の人工放射性核種を知ることはできません。慢性的な内部被曝には、外部被曝よりも10倍も高い病原性があります。定期的に体内汚染を評価して、いかに生活するか、どのように食べるか、どのような服を着るか、人びとに助言するべきです。これは実行されていません。犯罪的です。

福島に行く、あなたの背中を押したものは、なんだったのですか?


わたしの無鉄砲です。何か月か前のこと、日本の新聞、毎日デイリー・ニュースを読んだあと、偽りだと考えた論点のひとつひとつに対して応答するために長文の記事を書き送りました。わたしの反論はまるごと掲載され、日本で一騒ぎを起こしたものですから、日本のみなさん、とりわけ被災者団体の方がたから講演旅行のお招きを受けました。被災者らが放置されている一方で、核ロビーが原子炉を再稼動するためにどれほど活動的になっているか、わたしは見ることができました。

エリザベト・シュルテスによるインタビュー、アルザス誌2012年7月24日掲載
http://www.lalsace.fr/
-END-

*関連動画*
スイス・Michel Fernex教授 放射線防護・市民会議 WHOの害悪と福島 5/12,2012.


Dr. Michel Fernex (Switzerland) バーゼル大医学部・名誉教授。元WHOのコンサルタント。<WHOと日本の当局は何をすべきでしょうか?貴重な時間は既に失われています。> *日本語同時通訳版*


 
< *French→English translated by FRCSR. / French→English translated by Google soft. > 
2 AUGUST 2012. by "For the independence of WHO"
-The World Health Organization (WHO) does not fulfill its mission of protecting the population affected by radioactive contamination.-

Back from a ten day trip to Japan, Dr. Michel Fernex denounces lies and silences that endanger people contaminated by the disaster of Fukushima.

What did you learn from your interaction with professors from the Faculty of Medicine, Fukushima? 
*Dr. Fernex, a professor at University of Basel in Switzerland who has visited Fukushima:
I met with four physicians from Fukushima Medical University in cardiology, urology, internal medicine and ophthalmology. They all seemed unaware of conditions related to radiation contamination. They were very surprised to see young patients with myocardial infarction, diabetes and eye diseases.(French→English translated by FRCSR)

I told them about the work of Professor Bandazhevsky, Gomel, in collaboration with the independent Institute Belrad, from Chernobyl-affected populations. These studies have highlighted the links between contamination, particularly by Cesium 137, and these pathologies.

* Directive was given at Fukushima Medical University not to mention radiation. One young professor of ecology tried to study effects of nuclear disaster on children, but he has received threats. The majority of the faculty follow orders and they close their eyes to save their careers: this is very serious.(French→English translated by FRCSR)

A country as strong in research that Japan should further investigate the genetic alterations induced by the contamination and develop antimutagenic to reduce genetic abnormalities that will be passed on from generation to generation.

* Thyroid diseases are already apparent, but cancers have latency, brain cancer will be seen in children in four years and later in adults. The number of babies with low birth weight increases. The number of female births down 5% because the female embryo is more vulnerable. Appearance of diseases of the newborn and Down’s syndrome is still kept secret.(French→English translated by FRCSR)

How populations of contaminated areas do they live today?
I met refugee women in Kyoto that have not been informed of the risks, or precautions to take, not receiving proper food.
In the city of Fukushima, people remain trapped in homes, do not garden. Radioactivity is excessive, even in schoolyards pickled. The government wants to send families currently immune to radiation in their original neighborhoods still very polluted.
In rural areas, small farmers living in autarky feed contaminated rice. Rice that is no longer salable. The peasants are ruined. They would need pectin to block the uptake of radionuclides and accelerate their elimination.

Of apple pectin?
Experience shows that in Belarus cures of three weeks of apple pectin vitamin can reduce the burden of cesium, thus reducing tissue damage. These treatments can be renewed every three months and must be accompanied by safeguards in the selection and preparation of food to protect such children.
The Japanese authorities have not done the job information and prevention. In contrast, the Japanese translation of the Small Guide to a radio-protective efficacy, written by Vladimir Babenko, of BELRAD, has been sold in Japan.

In other words, the lessons of Chernobyl were not heard by the authorities?
No. After the disaster, it was not stable iodine distributed within three days. This is a serious mistake not to take this simple preventative measure to prevent thyroid disease and suffering.
The evacuation was delayed, as at Chernobyl. Beyond 30 km, there was no evacuation, and people left voluntarily will not be compensated. International rules on Radiological Protection were not met: permissible doses of radiation were enhanced, even for children who are yet a hundred times more sensitive to radiation than adults. The Soviet authorities had refused to cross these dose limits.
The Japanese authorities have agreed, under the influence of the lobby of the atom represented by the IAEA [International Atomic Energy Agency], come to save the nuclear industry rather than populations. And WHO was completely extinguished.

Dosimeters have yet been distributed to children?
The dosimeter gives an idea of ​​external irradiation, and not load in artificial radionuclides in the body. Chronic internal radiation are ten times more pathogenic than the external doses. Should regularly assess the internal contamination and advise families on how to live, eat, dress in contaminated areas. This is not done. This is criminal.

What led you to go to Fukushima?
My impertinence. A few months ago, after reading an article in the Japanese newspaper Mainichi Daily News, I sent a long article to answer point by point to statements which I consider false. My response was published in its entirety and made a buzz in Japan so that Japanese, in particular victims' associations, invited me to do a lecture tour. I could see how much the nuclear lobby is active to restart the reactors while the victims are abandoned.

Interview by Elizabeth Schulthess and published on 7/24/2012 in Alsace
http://www.lalsace.fr/


  英会話スクールWILL Square
スポンサーサイト

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

太平洋 #放射能 汚染10年間予想図 #Fukushima Pacific Sea #Radiation Contaminated Map in10Years ドイツ、ヘルムホルツ海洋研究センターGermany,Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel.

*The GEOMAR | Helmholtz Centre for Ocean Research, Kiel is one of the leading institutions in the field of marine research in Europe. The Institute is the study of the chemical, physical, biological and geological processes in the ocean and its interaction with the seabed and the atmosphere.
*GEOMAR ヘルムホルツ海洋研究センター、キール(=Kiel はバルト海に面したドイツ北部の都市)は、ヨーロッパの海洋研究分野における主要な機関の一つ。研究所は、化学物質の研究、海洋と海底と大気との相互作用の物理的、生物学­、地質学的プロセスを研究している。
http://www.geomar.de/news/article/fukushima-wo-bleibt-das-radioaktive-wasser/

セシウム137の太平洋への汚染10年間シミュレーションの説明 (音声説明+日本語字幕) *Model simulations on the long-term dispersal of 137Cs released into the Pacific Ocean off Fukushima Published 7/9, 2012. (English explanation)
*Erik Behrens et al 2012 Environ. Res. Lett. 7 034004  
 
<シミュレーション説明・翻訳:Jo2Rayden>
我々の研究は、2011年3月に日本を襲った悲惨な地震とその後の津波の影響の一つを扱っています。福島第一原発の爆発やメルトダウンによって引き起こされたセシウム1­­37などの長期の放射性同位体を含む大量の放射性物質が、環境中に放出された。破局事故後の数週間で、汚染された水が、大気沈着および冷却水の直接放出により、太平洋に­入­った。本研究では、数値モデル実験を用いて、太平洋における汚染水の長期的な行方を調査します。モデルは、黒潮に沿い激しく渦巻く多くの潮流を含めて、海流を非常に高­い分­解能でシミュレーションしました。海流による汚染水拡散をシミュレーションするため、理想的なトレーサーを使用し、福島の沿岸域に注入する半減期30年の放射性物質­で色付­けした。我々のアプローチでは、物理的拡散性が制限されている事、および生物学的影響の可能性、例えば、放射性同位体の有機物への沈着を考慮していない事を強調し­たく思い­ます。我々のモデルは、どの任意の海洋データとも同質でない。従って、この発表時、現地の潮流の実際の状態を考慮していません。しかし、初期状態における2-3­年後の拡散­トレーサーは、問題視しなくてよい事が判明した。アニメーションは、色付けで海洋表面での拡散を示しています。この色は、汚染水放出期間終了時の福島沖沿岸地­域における初­期濃度に対する相対的な追跡濃度を表しています。 トレーサーは、汚染水放出後、この地域の潮流を支配する渦により南方へと拡散開始した最初の週の非常に活動的な黒潮の状態を、計算に入れている。一年後、最大濃度は二桁で­­希釈をし、さらに東に向かい、既に日付変更線を越えています。北端がベーリング海に侵食し始めている間、追跡する'濁り'の南端が約2年後にハワイ諸島に到達します。一­方­、日本付近の濃度は、黒潮による汚染度が低下した水の置換の為、主要な'濁り'を北部と南部に分離し、大幅に低下します。4年後、最高濃度は3桁減少しており、北太平­洋全­体は、ある程度の航跡で汚染水に満たさせる。濃度の峰が、約5-6年後にアメリカの北海岸に到達するとき、4桁で希釈されています。ここから濃度レベルは、全体の流­域に渡­り均一化する傾向があります。
-END-
*A sequence of global ocean circulation models, with horizontal mesh sizes of 0.5°, 0.25° and 0.1°, are used to estimate the long-term dispersion by ocean currents and mesoscale eddies of a slowly decaying tracer (half-life of 30 years, comparable to that of 137Cs) from the local waters off the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plants. The tracer was continuously injected into the coastal waters over some weeks; its subsequent spreading and dilution in the Pacific Ocean was then simulated for 10 years. The simulations do not include any data assimilation, and thus, do not account for the actual state of the local ocean currents during the release of highly contaminated water from the damaged plants in March--April 2011. An ensemble differing in initial current distributions illustrates their importance for the tracer patterns evolving during the first months, but suggests a minor relevance for the large-scale tracer distributions after 2--3 years. By then the tracer cloud has penetrated to depths of more than 400 m, spanning the western and central North Pacific between 25°N and 55°N, leading to a rapid dilution of concentrations.
**To be Continued ⇒ http://iopscience.iop.org/1748-9326/7/3/034004/

太平洋放射能汚染10年間予想図 06.07.2012 *Video sequence of the time course over a period of 10 years after Fukushima Nuclear disaster.
The colors illustrate the dilution relative to the initial concentration in the Japanese coastal waters.[GEOMAR]
*原子力災害発生後の10年間に渡る時間経過のビデオ・シーケンス。色は、日本の沿岸海域における初期濃度に対する相対的な希釈を示しています。
 
07/06/2012 Fukushima - Wo bleibt das radioaktive Wasser?/Fukushima - Where is the radioactive water? (Ger.⇒English/Japanese Translated by Google Soft)
Provide strong eddy mixing in the Pacific 09.07.2012/Kiel.
The nuclear disaster in Fukushima Japan already gets back into oblivion. Wide large amounts of radioactive substances released in the process, however, yet to be established in the Pacific. Scientists at the GEOMAR | Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel have examined the long-term extension with the help of a model study. After the strong mixing of oceanic eddy provides for a rapid dilution of the radioactive water. When the first runners to reach in about three years ago, the North American coast, the radioactivity should already lie below the values ​​that are still to be found as a result of the Chernobyl disaster in the Baltic Sea.

By the nuclear catastrophe at Fukushima in March last year, large quantities of radioactive material were released. A major part of it came through the atmosphere, but partly also by direct discharge into the Pacific Ocean, including long-lived isotopes, such as the highly soluble in seawater cesium-137. GEOMARの研究者|ヘルムホルツ海洋研究センター、キールは詳細なコンピュータシミュレーションを使用して、長期的な展開を検討した。Using detailed computer simulations, researchers at the GEOMAR | Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel investigates the long-term expansion. "In our models, we have placed great emphasis on a realistic representation of finer details of the flows," said team leader, Prof. Claus Böning, "because the material spread not only through the main current, the Kuroshio, but mainly by intense and highly variable eddy dominated. "
"May have been through this strong turbulence, the radioactive water spreads already has nearly half the North Pacific According to our model calculations," said graduate oceanographer Erik Behrens, lead author of the international scientific journal "Environmental Research Letters" published study. "In addition, winter storms have mixed the water to depths of 500 meters." The attendant dilution in the model bill provides for a rapid decrease of cesium concentration.
The effect of the wide ocean mixing is particularly evident when comparing the model simulated the time course of radiation levels in the Pacific with the situation in the Baltic Sea. "That was in March and April 2011 in the Pacific flowed amount of radioactivity at least three times as large as the one registered in 1986 as a result of the Chernobyl disaster in the Baltic Sea," said Boening. "Nevertheless, we simulated the radiation levels in the Pacific are already lower than the values ​​that we have today, 26 years after Chernobyl, in the Baltic Sea will."
After the simulation model should spur of the first strip about contaminated water in the fall of 2013, the Hawaiian Islands, reaching two to three years later the North American coast. Unlike at the sea surface floating debris, which are also distributed by the wind, the radioactive water is transported solely by the currents beneath the ocean surface. The other concomitant dilution is slow now, but clearly, as the oceanic eddy in the eastern Pacific is much weaker than in the Kuroshio region. Therefore, even for years, the radiation levels in the North Pacific, significantly higher than those before the disaster.
Would be very interested Claus Böning us his team on a direct comparison measurements. "Then we could immediately see whether we are right even if the absolute values ​​of the concentrations," says Prof. Böning. Such data are currently available for the Kiel scientists but not available.
-END-

2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#セシウム の濃度3割増えた。 #島田市 の #瓦礫 焼却試験後,市民が検査し判明



セシウムの濃度3割増えた。島田市の瓦礫焼却試験後,市民が検査し判明 
*SBSnewsさんが5/9にアップロード。

島田市の震災がれき受け入れに反対する市民グループが今年2月の試験焼却で、焼却炉周辺の放射性セシウムの濃度が上がったと発表しました。
 調査したのは静岡市の主婦でつくる市民グループ「静岡放射能汚染測定室」などで、島田市と静岡市の市街地に植えられた松葉を採取し、試験焼却の前後で放射性セシウムの差を­­比較しました。その結果焼却炉から500メートル離れた場所で3割増えるなど、4カ所でいずれも高くなっていたということです。会では震災がれきの広域処理によって放射­能­が拡散される恐れが強いとして、約1200人の署名と要望書を20日に環境省に提出するということです。

* 「静岡放射能汚染測定室・プラムフィールド」に協力した京都大学大学院・工学科、河野益近氏の実証データ
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/04/%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%94%E5%B3%B6%E7%94%B0%E5%B8%82%E3%81%AE%E8%A9%A6%E9%A8%93%E7%84%BC%E5%8D%B4%E5%89%8D%E5%BE%8C%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%9D%BE%E8%91%89%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.pdf

*中日新聞、2012年5月9日朝刊より
焼却でセシウム値が上昇。

gareki-shimada-secium-up.jpg




2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


   英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島 ・放射線量計測で始まる子供の外遊び時間 BBC 3/1(字幕) 

福島・放射線量計測で始まる子供の外遊び時間。<日本語訳:Jo2Rayden>
 
Fukushima child's playtime starts with a fallout check
1 March 2012 Last updated at 03:14
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-17206887 

Ayaka and her family were forced to flee when their home was destroyed in the earthquake and tsunami which devastated parts of Japan in early 2011, killing about 16,000 people.
They live outside the 20km (12 mile) exclusion zone surrounding the failed nuclear plant at Fukushima Daiichi, but they still have to live with increased radiation levels which impact their lives.
Ayaka is one of several seven to 10-year-old survivors who talk about how their lives have changed forever in BBC Two's Japan - Children of the Tsunami on Thursday 1 March 2012 at 2000GMT
  



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


    英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島 死の街・警戒区域潜入報告:米NBC放送(日本語訳) Journey To Fukushima Evacuation Zone 3/3,2012

福島原発 警戒区域の潜入報告 Sat., Mar 3, 2012


福島原発 警戒区域の潜入報告 Sat., Mar 3, 2012<日本語訳:Jo2Rayden>
・核の黙示録到来とでもいいましょうか、その幕開けした後の様な状態です。街全体が避難し、生命が消えてもそのままの状態になっている。
誰も戻れない場所になりました。
・19マイクロシーベルトに到達しました。既に、20マイクロシーベルトになりました。
・これは、ただ空間線量を走る車の中で、測っているだけでです。計測機で土壌を測れば、もっと高いでしょう。今は、22、23マイクロシーベルト。23.2マイクロシーベ­ルトに。
・福島第一原発からの距離は、いまどれくらいですか?
・1kmですね。
 
Richard Engel journeys to Fukushima evacuation zone
http://rockcenter.msnbc.msn.com/_news/2012/03/03/10569636-richard-engel-journ...
Nearly a year after a massive earthquake and tsunami in Japan swallowed whole towns and left more than 15,000 people dead and hundreds of thousands of people displaced, the nuclear town of Okuma is eerily empty.

The 9.0 magnitude earthquake led to a triple meltdown at the Fukushima Daiichi Plant and led to mandatory evacuations 12 miles around the power plant. NBC News Chief Foreign Correspondent Richard Engel journeyed to the exclusion zone and discovered a ghost town. Restaurants, grocery stores, factories remained as they were left on Mar. 11, 2011.

Editor's Note: Richard Engel's full report, 'The Fallout,' airs Wednesday, Mar. 7 at 10 pm/9 c on NBC's Rock Center with Brian Williams.
END-



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


   英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

#福島 では被曝で各種発病が報告されている!(日本語訳) #Fukushima radiation illnesses

福島では被曝で各種発病が報告されている! Fukushima radiation illnesses


Fukushima residents report various illnesses
AlJazeeraEnglish さんが 2012/03/09 にアップロード
http://www.youtube.com/watch?v=lpWOeKk1GUo
A debate is raging in Japan over the extent of the radiation contamination in the wake of last year's nuclear disaster in Fukushima.





<日本語訳:Jo2Rayden>

これがフクシマ原発大事故に直面した結果だと18年間高校教師だった沼内恵美子さんは、信じています。
彼女の髪は抜け落ち始め、健康だったはずの歯も抜け落ちました。異常な紫斑も、脚に出てきています。

沼内さんは、爆発で壊れた原発から25kmの場所に住んでいます。
この1年、彼女は健康状態について、ブログに載せてきました。
今、彼女は、政府が定めた放射能の暫定基準値の安全だと言う食物が、ゆっくりと彼女を殺し始めていると思っています。

沼内恵美子さん:
「あなたたち(日本政府)の言った食物を食べて、こういう影響を受けたんだと自分を実験台にして、政府の嘘を明らかにしているのです。」

政府の事故後の放射性基準への深い疑いにより、教師や親たちは、学校給食に、独自の検査をするよう後押ししています。
子どもたちが、一番放射線の影響を受けることが明らかになっている為、政府は最近になり、人々からの強い要望に押される形で、食品の放射性物質含有率を減らすことを表明しました。ものによっては、20倍厳しくしました。
いまだに政府は、最初の食品暫定基準値は安全だと言い、福島に住む人たちには、脅威はないとしている。

シカタ・ノリユキ(首相の広報官):
「死者のほとんどは、津波によるものでした。原発の放射線の影響だけによる死亡は、聞いたことがありません。」

世界と日本では、長期間の低線量放射線被曝の影響があるかどうかをめぐる激しい論争があります。
ここ福島にある放射能は、人間の健康リスクとなります。まだ良く判らない科学の小さな問題なのです。

見えない敵に向かうように、肥田舜太郎医師は、広島と長崎に原爆が落とされてから長い間、原爆被爆症に苦しむ何千もの人々の治療にあたってきました。彼は、フクシマ原発事故で、広島長崎を超える犠牲者がもっと出る歴史の1ページが作られるのではと恐れています。
肥田舜太郎医師:
「多くの人たちが、原発事故の放射線内部被曝の影響を受けていることは、疑いの余地はないでしょう。
事無かれの思考が、政府に被曝の危険性を見誤らせているのです。それは誤りです。」

沼内さんは今、日中の何時間かを、被曝の恐怖で福島を離れた人たちが置いて行った犬の世話をしながら過ごしています。彼女は、今も原発近くの家に住み続けています。彼女の“実験例”により、彼女の主張のように政府がこの事態を認める方向になり、方針を変更するようになればと願っています。

AljazeeraのSteve Chaoが、南相馬市からお伝えしました。

-END-



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


  英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

武田教授: #福島 放射能除染の欠陥! Fukushima #radiation clean-up flawed:豪州TV(日本語訳)

福島の放射性物質除染は失敗! Fukushima radiation clean-up is flawed:豪州TV

<日本語訳:Jo2Rayden> Australianetworknews 2012/03/05分
Nearly a year after the Fukushima meltdown, Japanese officials in charge of the nuclear clean-up stand accused of going through the motions.
Scientists say the process is flawed, and some families are facing evacuation for a second time. : Gloria Kalache reports.

福島原発のメルトダウンから一年近く経ち、放射性物質の除染担当の職員たちは、非難の動きにさらされています。科学者たちは、プロセスが欠陥していると言います。いくつかの家族は、二度目の避難に直面しています。

山崎ひろ子と家族は、早くも、日本当局に信頼をなくしています。
福島原発災害により、彼らは、故郷浪江を離れることを余儀なくされました。
今、彼らは、新しく建てられたアパートに住んでいます。
その後、二本松市のアパート基礎が放射性物質で汚染されているのが判明しました。
山崎ひろ子:"もう、びっくり仰天。またも放射能から逃げ続けなければならないとは、考えもしませんでした。私は安全だと感じることはありませんし、もう誰も信用していません。"

浪江では、街の除染作業をしています。日本の環境大臣は、140億ドル掛ける福島県の放射能除染を成功させることができる、と信じています。
彼女が、除染は失敗だと感じている時に。

細野環境大臣:"これだけ大規模な除染をした国は、いままでどこにもありません。人々が彼らの家に戻ることが可能にすることを目的とする、誰もが初めて試みの除染となります。"

この分野の専門家は、土壌と植物に放射性降下物が蓄積していると述べています。建物の外部は、広範な洗浄により放射線量を低減することが出来ると。日本政府は、ただ(除染)ショーをしているだけだ、と批判され続けています。

武田教授:”実際には、除染出来るような形でやっていません。土壌を5ミリメートル、 アスファルトやコンクリートから2ミリメートルを剃り取り、木から葉を刈り取る必要があります。除染に使用されるすべての水を収集し、処理する必要があります。これらの手順がなければ、どこも除染することはできません。”

危機管理当局により、人々は忍耐を要請されているのです。また、当局は、除染は何年もかかるだろう認めています。しかし、当局は、再び日本の捨てられた町に住めるように出来るだろう、と信じているのです。
豪州ABCのGloria Kalacheでした。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

賛否双方が署名や要望書提出 #島田市 #がれき コンテナ到着2/15

賛否双方が署名や要望書 島田・がれき受け入れ(2/15 21:54) SBS静岡放送
 

 試験焼却を控え、岩手県山田町の被災がれき(災害廃棄物)の搬入が始まった島田市で15日、受け入れに反対する住民と賛成する住民がそれぞれ市役所を訪ね、署名や要望書を提出した。
 焼却に反対する「安心して暮らせる島田をつくる親の会」は、担当者に"今回は"1990人分の署名を手渡した。
同会によると、これまで市内外の反対派が提出した署名は計9532人分に上るという。
*ビデオでの"焼却に反対署名数"は、"今回分だけで"1990人分を手渡したということ。

 同時に、インターネットのサイトや住民同士の呼び掛けに応じた200~300人が詰め掛け、「瓦礫受入絶対反対」と書いたプラカードを掲げ、唱歌「ふるさと」を歌った。
 一方、がれき焼却に賛成する同市落合の建設業男性(62)ら3人は市民1122人分の署名を添えて、焼却実施を求める要望書を担当者に手渡した。がれき受け入れをめぐり、賛成の署名が提出されたのは初めて。男性は「万一、島田市が受け入れを中止すれば、全国が受け入れを拒
否する要因になると推測される。これでは日本人として寂しい」と話した。


20120215 大竹まことのゴールデンラジオ 震災瓦礫問題について


静岡県島田市の市長は産廃業者の社長だった、今でも親族が会社を経営!息子は、現社長で、市長は大株主!今では、芸能人でも、これがガレキ利権がらみだと知っているのです! 英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

【重要】 #がれき 試験焼却中止を! #島田市 市民たちが桜井市長、市議会に抗議文提出 SBS静岡放送2/9

被災がれきの試験焼却中止を 島田市の市民グループ SBS-news6より 2012/02/09



島田市の被災がれき受け入れに向けた試験焼却に反対する市民グループが9日、市議会に対して試験をやめるよう陳情しました。また­、別のグループが市長宛てに抗議文を提出しました。
 島田市議会に陳情したのは、被災がれきの受け入れや試験焼却に反対する島田市内の母親のグループ「安心して暮らせる島田市をつく­る親の会」です。親の会は「子どもを持つ親としては、がれきの焼却による放射能の影響が不安です」と理由を説明し、市議会が試験­焼却中止を決議するよう中野浩二議長に陳情書を手渡しました。
 また別の市民グループ、島田市政を考える会が「市長の独断による試験焼却は市民や議会を軽視し民主的手続きをないがしろにしてい­る」と抗議文を桜井市長宛てに提出しました。
 島田市は8日、岩手県山田町の被災がれきの放射性セシウム濃度が受け入れ限度の100ベクレルを下回ったことを確認したことから­、16日から17日にかけ岩手県山田町の被災がれきの試験焼却を行うことにしています。
-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

! 拡散 ! #放射性 #がれき #島田市 桜井市長が「独断専行」試験焼却へ! 東京新聞/反対の母親の意見を無視。焼却施設周辺住民の8割以上が反対署名提出済だが..

震災がれき広域処理 静岡・島田市が試験焼却へ 放射能懸念 母親ら反対運動 全国展開の先例にも / 突然受け入れ表明 市長に「独断専行」批判 元産廃会社社長 不信の一因に 2/2東京新聞・こちら特報部1&2

*この特報部は、本来、中日新聞も共通のはずだが未だに掲載されていない。静岡県が配布エリアの為、2/10より前に記事が出るかどうか、”あらぬ配慮をこの新聞社がしているかどうか”も注視してみましょう!^^/

*SBS静岡放送より:”今月10日にガレキは密閉したコンテナで山田町を出発、鉄道で輸送し14日に静岡貨物駅に到着します。”


gareki-shimada-2-1

gareki-shimada-2-2



がれき一部採取 島田市での試験焼却準備(2/ 8 08:04)
http://www.at-s.com/news/detail/100098021.html 
 島田市による岩手県山田町の被災がれき(災害廃棄物)の試験焼却(溶融)に向け、岩手、静岡両県は7日、仮置き場となっている山田町の船越公園で、がれきの一部を採取する作業などに着手した。
 両県が結んだ委託契約に基づきがれきの放射性物質濃度を測定するため、山積みにされたチップ状の柱・角材の中から10カ所、計10リットル程度のサンプルを採取。それぞれを混ぜ合わせ、二つに分けた。8日に岩手県環境保健研究センターに運び、放射性セシウムの濃度を測るという。
 空間線量率の測定も行い、がれきから約1メートル離れた場所とバックグラウンド(数十メートル離れた場所の4〜5カ所)で測った線量率を比較した。測定結果は放射性セシウム濃度とともに8日に公表する。
 放射性セシウム濃度が1キロ当たり100ベクレル以下で、空間線量率がバックグラウンドの3倍未満となれば、次の段階として、10〜11日に計5台のコンテナに積み込む前後で木材チップ計約10トンの遮蔽(しゃへい)・空間線量率を測る。この段階でも受け入れ基準をクリアすれば、JR貨物の盛岡貨物ターミナル駅から静岡県内に運ぶ。

被災がれき 「受け入れ」に一歩前進 静岡県市長会(2/ 7 07:45)
http://www.at-s.com/news/detail/100097731.html 
 岩手県山田、大槌両町の被災がれき(災害廃棄物)の試験焼却に向け、実施計画の立案を県に要請することを決めた6日の県市長会。昨年11月に声明を発表した「条件付き受け入れ」に一歩近づいた。しかし、焼却施設の状況や最終処分場の有無など各市の事情はさまざまで、全市町が足並みをそろえるのは難しいのが実情だ。
 会議後、市長会長の鈴木尚富士市長は取材に対し「国、県に要望するだけでなく、われわれも行動に移さなければならない」と強調。県による最終処分場確保を前提に、市民の理解を得るための行動に移ると明言した。
 試験焼却は既に16、17日の実施を決めている島田市とは別に、原則として全市町で手続きに入る方針だが、鈴木会長は「最終的に実施できない市が出ることも予想される」との認識も示した。
 各市長のがれき受け入れに対する“温度差”はありありだった。
 佃弘巳伊東市長は「県が最終処分場を確保してくれれば、試験焼却に踏み切れる」と明言。逆に望月良和伊豆の国市長は「焼却施設が老朽化しているため受け入れられない」と述べた。被災がれきの受け入れにより、県外の最終処分場から焼却灰の受け入れを拒否される恐れがあると訴えてきた須藤秀忠富士宮市長は、「県の計画を見て判断する」と慎重姿勢を崩さなかった。
 一方、会議では風評被害の賠償明記などを求めた2度目の申し入れに対する国、県の回答には失望の声が相次いだ。「文書でなく、国に直談判すべき」(下田市)や、「これ以上の回答は得られない」(御殿場市)との声が漏れた。
 「これだけ大騒ぎして受け入れなければ、全国に本県の体たらくぶりを示す」(牧之原市)との指摘もあった。
 県廃棄物リサイクル課は「既に処理計画の策定を市長会に約束しているので、試験焼却の計画立案も可能」との姿勢を示した。
 県町村会は市長会の決定を受け、10日の会議で対応を協議する。

-終わり-




島田市 伊太自治区が市長に抗議文提出。 がれき 受入れ問題 静岡県 2/1 SBS静岡放送より。

・焼却施設のある自治会が、「地元の合意も無いまま"独断"で焼却試験の実施を決めた桜井市長に対して、抗議文を提出していました。」
・桜井市長は、「独断で決めたと言われればそうなので、言いようがない」と。
・焼却試験の実施は、"書面により合意が約束だった"のに、一方的に破られ許し難い。と抗議しています。



がれき受け入れ問題で反対署名 島田市 1/31 SBS静岡放送より。

・「がれきには、目に見えない恐怖がずーと残っています。」 反対署名を提出したのは、ゴミ最終処分場のある初倉の谷口地区の住民です。
・地区だけで580名の反対署名を集め、市側に手渡しました。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

【重要】 #がれき の放射性粒子はバグフィルター筒抜け。99.9%キャッチ可能はウソだった!東京&中日新聞

【重要】がれきの放射性粒子は、バグフィルター筒抜け。
99.9%キャッチ可能はウソだった!東京新聞&中日新聞

https://twitter.com/#!/jonny_rayden/status/165002450032541696/photo/1

がれきの放射性粒子は、バグフィルター筒抜け

99.9%キャッチ可能はウソだった!



ガレキの焼却試験は16日から 島田市 SBSnews6より 2012/02/02

島田市は3日、被災地がれきの受け入れについて、岩手県山田町のがれき10トンを試験的に焼却する日程を明らかにしました。
 今月10日に密閉したコンテナで山田町を出発、鉄道で輸送し14日に静岡貨物駅に到着します。その後、コンテナのままトラックに­積み替えて島田市の焼却場に運び、16日から焼却試験を始めるということです。ここまでに7回、放射線量や濃度を測定し、数値は­随時、市のホームページ上などで公開します。焼却後の最終的な数値については3月24日ころに判明するとしています。
 しかし、焼却施設のある地区では住民の意見がまだ集約されておらず依然、反発の声もあがっています。



震災がれきの受入れ反対で住民が一致団結 市長リコールの声に賛同の声 12/21
静岡県島田市 住民説明会で。SBSテレビより
*島田市長は、もともと産廃業者で、瓦礫処理の自己利益を優先し、茶産地の風評被害再発は関係ないようです--*
[高画質で再生]



-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島原発 放射能で北米新生児ら1万4千人死亡!:Dr.シャーマン/ #4号機 は更に傾く!:米核専門家(字幕)12/22

福島原発・放射能で北米新生児ら1万4千人死亡! 4号機は更に傾!(字幕)12/22 ←動画リンク


TheBigPictureRT 2011/12/22アップロードより。http://www.youtube.com/watch?v=Bdow_6pN6jY
・Dr. Janette Sherman, M.D., Internist and Toxicologist. 内科専門医で毒物学者。
・There's more trouble at Fukushima. Nuclear safety experts are accusing the Japanese government of lying after 230 tons of radioactive waste was found in a tunnel underneath the crippled nuclear plant - just a few days after Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda said the crisis is over.
・There's also news that Unit 4 at the plant is on the verge of collapsing - something that nuclear power expert Paul Gunter talked about on my radio show yesterday. This new information suggests that the Japanese government is still misleading the world on just how severe the Fukushima crisis still is. But even more troubling is the impact this nuclear crisis on the other side of the world has had right here in the United States.
・There's shocking new evidence out that the Fukushima disaster may have led to the deaths of as many as 14,000 people...in America! For more on this - Internist and Toxicologist - and co-author of a new report on the link between an increase in deaths here in America and the ongoing Fukushima nuclear crisis.

< 日本語字幕:Jo2Rayden > *下記、関連記事転載あり。

ハートマン:
福島では更に多くの問題があります。
原子力安全の専門家が“日本政府は嘘をついている。”と非難している。
放射性汚染水230トンが、破壊された原子力発電所の下のトンネルで発見されました。
日本の野田首相が“原発事故は、終わった。”と述べたわずか数日後でした。
また、福島原発4号機は、崩壊の危機に瀕している、とのニュースもあります。

原子力専門家ポール・ガンター氏が、昨日の私のラジオ番組で、このことについて話されました。

ポール・ガンター:
「今、4号機は、まるでどんどん“ピサの斜塔”のようになってきているのです。」

ハートマン: ビル全体が、傾斜してるのですか?

ポール・ガンター:
「ビル全体が傾斜している。4号機建物が、150トンもの高レベルの使用済核燃料を支えていますが、傾き続けています。技術者たちが、つっかいをしようと試みていて、なんとか倒壊を防ごうとしています。さもなくば、その全部の建物が倒れ、総ての核燃料が地面に落ちてしまう。」



ハートマン:
日本政府は、まだ世界に間違った情報を流している事を、彼の新しい情報は示唆しています。
そして、どれほど“フクシマ危機”が深刻か!

しかし、さらに原子力危機の厄介な影響は、世界の反対側にも来ています。ここ米国です。
その衝撃的な新しい証拠がでました。フクシマの災害は、北米で14,000人もの人々の死亡に繋がったかもしれないのです。
これについて、今回は、内科医や毒物学者のジャネット・シャーマ博士にご出演頂きました。
“アメリカで増加している死亡と現在進行中のフクシマ原発危機の関連。”の新報告書の共著者です。
シャーマ博士、ようこそ当番組へ。

シャーマ博士:どういたしまして。

ハートマン:
ご出演ありがとうございます。
あなたの共著の研究について教えてください。
14,000人ものアメリカ人が、フクシマ原発事故の結果として死亡していると示唆されていますね。

シャーマ博士:
私の同僚ジョー・マンガーノと私は、米国政府機関E.P.A.とC.D.C.に提出されている政府のデータだけを使用しました。
フクシマ事故前の14週間の死亡数と、フクシマ事故後の死亡数の比較の為、広くデータを検証し、我々は、米国での死亡数が増加している事を発見しました。
特に、北米のブリティッシュ・コロンビア州での一才未満の赤ん坊の死亡数の調査結果により、裏付けられています。

ハートマン:
そこは、放射性物質が最初に到達する場所ですね。
あなたは、一才未満の死亡数をおっしゃったが、実際、私は、その年齢の子供の死亡率は、事実、米国では低下してきていたと思っていました。フクシマ事故が、原因なのですね?

シャーマ博士:その通りです。

ハートマン:
その後、死亡率が上がり、普通より1万人多く死亡した。
なぜ、ちょうど一歳未満の赤ちゃん、そして、何が、チェルノブイリとも関係するのですか?

シャーマ博士:
これは、我々が、チェルノブイリ後に発見したのと同じ所見なのです。
私は、この本、“チェルノブイリとその環境が人々にもたらす大惨事”の編集者ですが、そして、私たちはわかったのです。なぜなら、その子供たちは、免疫システムが、完全に形成されていないからです。
解毒システムが、完全に機能していないからなのです。
この子供は、体重が5-10ポンド(2,300-4,500グラム)ですので、体重150ポンド(68キロ)のおとなの被曝と比べて、受ける被曝の比率は、はるかに高いのです。

ハートマン:
フクシマ事故が発生した後、我々は、反核団体ビヨンド・ニュークリアーのポール・ガンター氏のような人々から、より悲観的な予測などを学びました。
我々の米国政府は、西海岸の放射線検出器の大部分を停止してしまった。
従って、私達はどのくらいの放射線量なのかわからない。しかし、放射性ヨウ素などを形成するガスになった放射性同位体が、たくさんあった。または、粒子状放射性物質が、最終的に空気中で揮発してセシウムになった。例えば、上空いっぱいに上昇し、太平洋を渡り、各種放射性物質で、ここで被曝したのでしょう。
あなたは、米国の一歳未満の14,000人の子供が、とはっきりおっしゃるのですか?

シャーマ博士:14,000人の合計・死亡数です。

ハートマン:わかりました。

シャーマ博士:
最も脆弱なのが、新生児や幼児なのです。
多くの高齢者は、がんや他の病気を抱えており、糖尿病の高血圧などでもあります。
各種放射線の被曝が、ちょうど頂点にあったときなのです。

ハートマン:
衝撃的でした。ほとんどの人は、放射線が10年か20年後に、癌を生じさせると思っています。
ジョン・ウェインが、亡くなってから数年後、ワイオミング州とユタ州での地上核実験地区で、映画撮影していた為だと実際にわかった。
しかし、あなたはすぐに影響があるとおっしゃっていますね。

シャーマ博士:
私は、すぐに影響があると言っていません。
チェルノブイリ事故後、がんや白血病が高い率で、その後1・2年以内に発症したのを、我々は見ております。
我々は、子供の事故を除く最も高い死因が、癌であることを覚えておく必要があるのです。
そして、3歳、5歳、または1歳の子供に癌が発症しているので、発症までに20年掛かるのではないのです。

ハートマン:
どれくらいの期間、世界、特に自然と未来の世代にフクシマの汚染が、影響を与えるのでしょうか?

シャーマ博士:
例えば、セシウム137とストロンチウム90は、約30年の半減期ですが、放射能が完全になくなる為には、放射性同位体の半減期 X 10 です。10 X 30 = 300年、3世紀掛かるのです。

ハートマン:わーお。では、何ができるのでしょうか?

シャーマ博士:2200年や5万年後の話になりますね。

ハートマン:
わーぉ。その期間、我々はここに居続けるのですが、Dr.シャーマン、何ができるのでしょうか?
何か出来ることは?

シャーマ博士:
私は、人々が、米国本土に放射性物質が堆積されているのを認識する必要があると思います。
E.P.A.とその多くの学識者が、週単位で、空気と水と牛乳のサンプリングを実施していました。
そして、彼らは、四半期ごとで、十分であると判断してしまいました。
私は、食物、特に牛乳や乳製品、太平洋北西部で獲れる魚において、我々は定期的なテストを推進させる必要があると思います。
そして、すべての市民が、これらのデータを自由に利用できるようすべきです。

ハートマン:
Dr.シャーマン、すばらしい仕事に感謝いたします。
私たちの番組に出演され、その報告を共有させて頂き、感謝いたします。

シャーマ博士:どういたしまして。ありがとう。

ハートマン:
悲しいことに、我々は、原子力発電がいかに危険なのか表面化した事実を、ただ集め続けているのです。
まだ我々は、この原発を税金で補助し続けている。
ようするに、これらの電力は、狂気なのです。

-END-



<関連記事>
*フクイチ発放射性降下物の影響で、アメリカ人、乳児ら1万4000人(推定)死亡 事故後最初の14週の間に チェルノブイリ(17週で1万6500人死亡)に匹敵 米研究チームが学会誌に発表

 米国でフクシマ事故後、最初の14週間に起きた、1万4000人(推定)もの死者の過剰増加が、フクイチ発の放射性物質の降下に関係する――との研究結果が、学会誌「国際­保健ジャーナル」の最新号に発表された。
 → http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=28299

 米国の民間研究・教育機関、「被曝・保健プロジェクト」のジョセフ・マンガーノ所長(疫学者)と、ウエスタン・ミシガン大学のジャネット・シャーマン準教授(内科医・毒物­学者)がまとめたもので、この14週間(3ヵ月半)で1万4000人もの過剰死者の発生は、チェルノブイリの時の17週(4ヵ月と1週間)で1万6500人に匹敵するとい­う。

 この1万4000人の過剰な死者の中で、最も多いのが1歳未満の乳児たちで、2011年春(14週間)の米国における乳幼児死者は前年に比べ、1.8%の増加。フクシマ事­故以前の14週間は逆に前年対比で、8.37%の減少だった。

 この研究発表は、ピアレビューを経て公表された、フクシマの健康被害を分析する最初の学会報告である。

 An estimated 14,000 excess deaths in the United States are linked to the radioactive fallout from the disaster at the Fukushima nuclear reactors in Japan, according to a major new article in the December 2011 edition of the International Journal of Health Services.
◇ 研究論文の全文は→ http://www.radiation.org/reading/pubs/HS42_1F.pdf

◎ 大沼 太平洋を超えて北米大陸に到達したフクイチの「死の灰」が、米国で乳児を中心に異常な死者の増加現象を招いていた可能性が、初めて学問的に裏付けられた。
* 大沼安史氏ブログより転載。http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/12/post-13bd.html


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#がれき 受け入れ 住民怒り爆発! #島田市 #静岡県

#がれき 受け入れ 住民怒り爆発! #島田市 #静岡県
震災がれきの受入れ反対で住民が一致団結 市長リコールの声に賛同の声 12/21 静岡県島田市 住民説明会で。SBSテレビより *なぜかSBSが動画削除したので急遽UPします。島田市長は、もともと産廃業者で、瓦礫処理の自己利益を優先し、茶産地の風評被害再発は関係ないようです--*






  英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

米科学者Marco Kaltofen #放射能 が大気中に拡散- Airborne #Radiation Spread 11/7

米科学者Marco Kaltofen 放射能が大気中に拡散- Airborne Radiation Spread 11/7 ←動画リンク


Interview - Marco Kaltofen - Airborne Radiation Spread 放射能が大気中に拡散11/7
・Gundersen氏が直近ビデオで取り上げたデータを作成した米大学の科学者。

<インタヴュー概要>
*マルコ・カルトフェン氏:放射線化学とモニタリングの専門家で、マサチューセッツ, WorcesterのWorcester Polytechnic Institute大学(http://www.wpi.edu/)の科学者。
◎ 2011年10月31日、首都ワシントンで、科学者のマルコ・カルトフェン氏が、全米公衆衛生協会の会員の医師たちに報告書を提出。

1. 世界中の市民、医師、科学者、ブロガ-、農業従事者が、カルトフェン氏にサンプルを送り、同氏がフクシマの放射能を分析。
---米国の車のエアフィルターには、放射性物質はほとんど発見されないが、東京の車のエアフィルターにはかなりの量が見つかった。福島県の車では、信じられないくらいの­放射性物質があった。つまり、日本の人たちが、原発事故の過程で、夥しい数の放射性粒子を肺や消化器に取り込んでいるのが示されている。


2. 日本に在住のフェアウィンズの視聴者の方々から、子供たちの靴を送ってもらい、カルトフェン教授が解析。子供の靴ひものセシウム汚染はとんでもなく高く、80ベクレルも検­出された。
---子供たちが靴ひもを結ぶとき、手に放射性物質が付着し、消化管から吸引されてしまうという事。地面に放射性物質があれば、遊び場の土埃から子供たちの肺に吸い込まれ­てしまう。

★ エアフィルターと子供の靴ひもの二つの事柄は、十年後、二十年後に癌に変異するような重篤な健康被害が、日本で起こるであろう事を明示している。

3. カルトフェン教授は、観測所をアメリカでも立ち上げ、4月に、アメリカの観測所3箇所のうち2箇所で、大気中にホットパーティクルを観測。それ以降は、ホットパーティクル­はなかった。
--- 4月、明らかに事故が最悪だったとき、ホットパーティクルは風に乗って太平洋を渡り、少なくともシアトルとボストンで堆積した。太平洋に面する山脈であるカスケードの地面­が、放射能により汚染されている事を示すデータもある。

4. 計画的避難区域を10マイル(16km)とするのが間違いであるという事。明らかに、被害は東京まで広がっている。私たちは緊急時避難計画と退避について、原子力規制委員­会NRCがアメリカで採用している10マイル(16km)、そしてフクシマ事故で日本が採用した12マイル(20km)の距離を超える区域に、見直す必要がある。
---フクシマ原発事故が最頂点であった時、原子力規制委員会NRCが【米国人はフクシマ原発から50マイル(80km)圏外への避難が必要です。】と表明した。同じ基準­が米国に住む原発周辺の米国人にも今後必要になるはず。

5. 我々は、本当に"放射能除染作業と作業員の被曝による健康被害の事"を、今後真剣に考えていかなければならない!

-END-

科学者カルトフェン氏・報告書 Scientist Mr.Marco Kaltofen's report:
http://fairewinds.com/ja/content/marco-kaltofen-presentation-apha

参考資料 SUPPORTING DOCUMENTS:
http://apha.confex.com/apha/139am/webprogram/Paper254015.html 


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島原発 微量放射線を長期体内被曝で細胞異常! カルトフェン教授 5/2

福島原発微量放射線長期体内被曝で細胞異常! カルトフェン教授 5/2


(日本語訳: Jo2Rayden)

福島の放射線が出てどうなるか、放射線は何処へ行くのか? "被ばくしたら、強力に放射性物質は体内に一生残ります。"by マルコ・カルトフェン教授

1. フェアウィンズ・アソシエーツの設立者、会長のマギー・ガンダーセンです。今回は、スペシャルゲストのマルコ・カルトフェン氏です。放射線化学とモニタリングの専門家で、­マサチューセッツ, WorcesterのWorcester Polytechnic Institute大学( http://www.wpi.edu/ ) の教授です。 
皆さんから何百ものEメールを頂いております質問、放射線についてお答えしたく思います。
私も含め他の学者たちがこの財団で働いておりますが、我が財団より放射能について深い研究をされている他の専門家にお聞きしたく思います。
アーニー・ガンダーセン(G)は、原子炉の専門家で、福島原発事故で起こったこと、発生した放射能がつくる問題、米国の他の原子炉の問題についての解説をしました。
マルコ・カルトフェン教授(M)は、放射線が出てどうなるか、放射線は何処へいったのかを語ります。

G(ガンダーセン):マルコ教授、出演ありがとうございます。
M(マルコ):私はWorcester Polytechnic Institute大学で、核の研究と放射能の遠距離への影響について研究しています。
福島の放射能の放出で、最も興味深い事は、一般的な放射線許容量について聞かれることです。たとえば車の窓からのガイガーカウンターでの計測を考えますと、高放射性物質に­含まれるマイクロスコープやナノスケールの粒子は小さすぎて、風に吹かれて時には非常の遠隔地まで飛散します。調査したところ、100マイルや1000マイルの場所まで飛­散します。何が起こるのかと言えば、日本では放射能被ばく地域から粒子が移動しています。これらの放射性粒子は、世界中に移動しています。あなた方がそれらを吸えば、体が­それを運びます。それはまったく違う影響を与えます。放射性物質の種類の背景はともかく、重要なのは、食べたり息を吸ったりしたときに体に取り込んでいるのです。

G:これは、非常に興味深いことを聞かせていただきました。皆さまからの多くの質問ですが、歯科レントゲンとの違いはなんですか?

M: 歯科レントゲンは、セットモニター放射線で、誰がどの種類の放射線を浴びるか予測できます。放射性粒子は全然違います。個々の粒子は明らかに違う放射性粒子です。身体への­ダメージを与え始め、細胞や組織を痛めつけます。放射性粒子は細胞に生き残り、強力に腫瘍に変化します。ですから、どの様に放射性粒子が移動するかを心配しています。もし­、その様な放射性粒子を避けたければ、粒子が飛散したどこの空気を呼吸するか、どこの食物や水に入ったものを取り込むかは、我々の行動により違いが出ます。放射性粒子の影­響は、それが遠くに移動してもそう違いはありません。すでに他の学者が発表したように、ここ米国でも空気中に粒子が、そして日本でも多くの粒子が観測されています。
アメリシウム、ユーロピウム、ビスマス、ウラン他の放射性粒子が、日本の空気中と土壌から、米国西海岸や他の地域から見つかっています。

G:私が、教授が述べられたことを正確に理解したとしますと、たとえば教授はたばこから出る放射性物質は、体内からのものとおっしゃるのですか?

M:そうです。たばこを長期間吸うことにより、自然放射性が体内から出ます。これにはいろんな要因があり、たばこで肺がんになることが知られています。

G:飛行機での旅行や胸部レントゲン撮影の放射線と今回の放射線は同程度だとよく最近聞きますが、どう違うか説明して頂けますか?

M:もちろんです。これらは短期間の被ばくで、飛行機は数時間、レントゲンは瞬間です。飛散している放射性粒子は、家に入り込み、リサイクルして、継続して人々を被ばくさ­せます。この放射線被ばくは、数時間や瞬間で終わらない。継続しています。被ばくしたら、強力に放射性物質は体内に一生残ります。放射性粒子による塵及び、追加計測による­放射線の減少を見分けるのが重要です。

G:たとえば、この汚染地域に住んでいる人たちは、放射性物質を­取り込んでいるし、呼吸する時に放射性物質は見えませんね。

M:なにが起こっているかと言えば、これらの放射性粒子は、表面­近くに張り付き、服、肌、コンクリート、カーペット、家具や植木­に張り付きます。ですから、被ばくを減らしたければ、粒子の最初­の飛来場所、服をきれいにする、影響受けた土壌を取り除く。とに­かく、長期間の放射線粒子拡散を減らすことです。



G:放射性物質汚染は、日本だけですか、世界中ですか?

M: 我々は、米国内でも同様の放射性物質サンプルを確認しています。­空気中放射性物質観測装置で、西海岸、東海岸、ハワイ、そして日­本でも。日本で観測された放射性物質は、ヨウ素、セシウム、アメ­リシウムも含まれます。同じ現象が、米国でもあります。はっきり­と福島原発事故関連の放射性物質です。

G:わお!これは深刻ですね。もう少し説明していただけますか?­放射性粒子の塵は、フクシマから拡散して、北半球、又は地球全体­へ行くのですか?

M: 北半球が主ですね。1960年代には、我々は大気中で核実験をし­ていました。北半球で爆発すれば、放射性物質は北半球で確認され­た。米国、北アメリカ、同緯度の日本でもです。ですから、我々は­ここ米国でもっと多くの放射性物質の塵を確認しました。
同じルールで、今述べたのと同種類レベルのことが、日本と世界中­で、50年から60年代の核実験の期間よりおそらくもっと広く起­こっています。

G:今のフクシマの放射性物質の拡散レベルは、50-60年代の­核実験期間より広範囲ですか?

M:日本が受けている放射線物質量に関しては、そうです。我々は­、米国にはどの程度の放射性物質が来ているかを考察しなければな­りません。考慮すべきは、存在する放射性粒子の塵は、どこかの場­所へ飛来し、誰かを継続的に被ばくさせているのです。物質を研究­室で調査実験して、どの程度大きな問題に米国でなるのかを調べな­ければなりません。物質は、間違いなく米国で確認されており、食­物と植物の種類ごとの調査をして、どのような深刻な問題を引き起­こすかどうかを調べます。

G:なにを食べて、なにを育てていいのかの情報はありますか?先­ほど、教授は土壌汚染についておっしゃりましたが、何百人もの庭­を持つ人達から、多くの質問がきています。

M:半減期の長い物質、セシウムの様な放射性粒子放出が長期間続­けば、それは強力に影響するでしょう。セシウムの影響はテストさ­れポタシウム(カリウム)の土壌への影響と同じです。 多くの庭師の方がお馴染みのポタシウム(カリウム)を基礎とした­人造肥料ポタージュはこれを含んでいます。放射性粒子セシウムと­ポタシウムは混ざっています。それらは、セシウムと同じ影響を与­えます。これは憂慮すべきで、どの程度植物に影響をあたえるかを­市場に出る前にサンプリング検査すべきです。この事は、ブリティ­シュ・ペトロリアムの原油流失海上汚染と同様で、FDAAと独立­調査機関、私の研究所もシーフードやオイスター、蟹を検査してい­ます。放射性物質拡散の影響に多くの調査力が必要です。なぜなら­、ひとつの国家だけの問題ではなく国際的な問題だからです。

G:しかし、わたしはEPAの資料を読みました。“魚の検査はし­ないし、いくつかのモニタリング調査は終了した。”私たちはどう­したらいいのでしょうか?

M;私も現時点で、牛乳の検査を除く、魚と農産物の検査結果のど­んなデーターも観ていません。牛乳の成分への放射性物質レベル検­査はあり、なぜならヨウ素は日々の食品に濃縮されるからです。我­々は、この検査を広げる必要があります。穀物は、より繊細で放射­性粒子の塵に影響を受ける。放射線数量ではないです。我々は、本­当に十分などんな決定数値も通知されていません。

G; では市民は、現時点でどうすべきだというのです?

M; 市民は、長い間科学的粉じんと戦ってきたことを思い出すべきです­。公的教育は、医療的に子供たちへの粉塵公害の排出を減らしてき­た。これは大きな公衆健康問題で、この問題に対処する正しい行動­をしてきました。我々は、これらのデーターが主に示すように、大­規模で同程度の公衆健康を守り、放射性物質の粉塵の影響を減らす­方法を探すべきです。
まず、最初のステップは検査です。数量に関係なく、どの程度進め­、どの程度的確な行動をするかです。

G: 視聴者やリスナーへの回答として、人々は今、なにをすべきでしょ­うか?私は、市民に、市長、知事、州の研究所と最も重要なのは連­邦研究所にコンタクトしなさいと言っています。観測システムが、­我々を守ってくれますとも。的が合ってますか?

M; 部分的には合っていると思います。私は、日本に住む人達と放射性­物質の影響のある地域の人達にこう言います。単純です。食物を準­備する前に手をよく洗うこと。これは、ここ米国でも言えることで­す。
他の問題として、我々はいくつかの検査ができることです。落ちて­きた放射性物質を食物からの取り除く方法、農作物を観察して確認­して、汚染が拡散するのを防ぐことです。

G:この放射性物質は、すべて周囲にあるのですね?

M: はい。

G: どういう意味があるのですか?家のドアの前で靴の汚れを確認する­、汚れた服を家の中に入れない、このようなことですか?

M: いい答えですね。研究所では、いろんな塵の計測をします。外への放出を防御してい­ます。そのような塵を家の中に入れたりしたくないでしょう。約7­0%の家の塵は、家のすぐ周りからの汚い塵です。塵の家の内への­侵入を減らすことが出来ます。いわゆる家の放射線を考えてみてく­ださい。 我々は、特に原発事故のまえから、それを防ぐ少しの経験がありま­す。
我々は、余分な放射性物質の計測をしなければなりません。これら­は、我々が家に入る前に防げば拡散していきません。

G:なるほど論理的ですね。このような場合はどうでしょう?日本­や米国で、夏季に外出したり、夏休みに屋外活動するのはどうです­か?

M: 難しい質問ですね。特に日本に住む人達には、外出して新鮮な空気­を吸ったり、運動したり、新鮮な食物を食べるのは、放射線リスク­を伴います。
人類が核実験していた期間に、わかっていることは、時には天候に­より一定の地域に影響を及ぼし、まれに核爆発があった地域から遠­隔地でも影響がありました。ですから、放射性物質の観測をしなけ­ればなりません。
この放射性物質の影響は、オゾン層の破壊による影響が、夏の暑い­日に大都市であるのと同じです。
もし、運動したければ、おそらく翌朝にした方がよいでしょう。

G:なるほど、わかりやすいですね。日本の県、米国の州、カナダ­の県で、このようなプロセスについて公式に広報が必要ですね。

M:まったくその通りです。
なぜなら、たとえあなたがガイガーカウンターを持っていても、窓­に向けた計測機は役に立ちません。空気中の放射性物質の塵の計測­は出来ません。通常、空気中の放射性物質の塵の計測には、もっと­高価な計測装置が必要です。それは難しいことなのです。
ですから、我々は、政府に向かって、政府機関にこの観測をするよ­う請求すべきです。
非常に深刻なことです。日々この観測情報を得なければなりません­。

G:マルコ教授、大変ありがとうございました。また次回の出演を­望みます。
私たちは、通常もっと多くの質問があり、もっと共有したい情報が­あり、迫りくる問題がありましたら、その見解をください。

M: 我々は、継続して放射性粒子について研究しています。もっと多く­のデーターが集まりましたら、すぐに公開していきます。インタビ­ューして頂き、ありがとうございます。

G:こちらこそ、ありがとうございます。
フクシマで実際に起きていることに関して、人々が知りたい事にお­答えいただき、ありがとうございました。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

内閣官房参与辞任,小佐古氏辞意表明全文:年1mSvで運用す­べき! 5/1

"内閣官房参与を辞任した小佐古氏の辞意表明全文" を動画化しました。記者会見のnewsはほんの一部しかTVで観れませんでしたので、全文をご覧ください。*転載:会見は記者クラブのみ公開でした。

2011年05月01日
内閣官房参与を辞任した小佐古氏の辞意表明全文
内閣官房参与の辞任にあたって(辞意表明)

内閣官房参与
小佐古敏荘

 平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態­収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月30日付けで参与としての活動も一段落させて頂きたいと考え、本日、総理へ退任の報告を行ってきたところです。
 なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました。これらは総理他、関係の皆様方にお届け致しました。

 私の任務は「総理に情報提供や助言」を行うことでありました。政府の行っている活動と重複することを避けるため、原子力災害対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安­院、文部科学省他の活動を逐次レビューし、それらの活動の足りざる部分、不適当と考えられる部分があれば、それに対して情報を提供し、さらに提言という形で助言を行って参­りました。
 特に、原子力災害対策は「原子力プラントに係わる部分」、「環境、放射線、住民に係わる部分」に分かれますので、私、小佐古は、主として「環境、放射線、住民に係わる部分­」といった『放射線防護』を中心とした部分を中心にカバーして参りました。
 ただ、プラントの状況と環境・住民への影響は相互に関連しあっておりますので、原子炉システム工学および原子力安全工学の専門家とも連携しながら活動を続けて参りました。
 さらに、全体は官邸の判断、政治家の判断とも関連するので、福山哲郎内閣官房副長官、細野豪志総理補佐官、総理から直命を受けている空本誠喜衆議院議員とも連携して参りま­した。

 この間、特に対応が急を要する問題が多くあり、またプラント収束および環境影響・住民広報についての必要な対策が十分には講じられていなかったことから、3月16日、原子­力災害対策本部および対策統合本部の支援のための「助言チーム(座長:空本誠喜衆議院議員)」を立ち上げていただきました。まとめた「提言」は、逐次迅速に、官邸および対­策本部に提出しました。それらの一部は現実の対策として実現されました。
 ただ、まだ対策が講じられていない提言もあります。とりわけ、次に述べる、「法と正義に則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと­」の点では考えていることがいくつもあります。今後、政府の対策の内のいくつかのものについては、迅速な見直しおよび正しい対策の実施がなされるよう望むところです。

1.原子力災害の対策は「法と正義」に則ってやっていただきたい この1ヶ月半、様々な「提言」をしてまいりましたが、その中でも­、とりわけ思いますのは、「原子力災害対策も他の災害対策と同様­に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災­マニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進め­るのが基本だ」ということです。 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は­、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い­、事態収束を遅らせているように見えます。

とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な­指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放­射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けま­した。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、こ­れから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネッ­トワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものであり­ますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されてい­ない。

法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前­提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用­できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆­の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっ­ているが、その結果も迅速に公表されていない。 初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる­等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値­を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木­県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開­すべきである。さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構­によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの­広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福島県、­茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲­状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。­

また、文部科学省においても、放射線規制室および放射線審議会に­おける判断と指示には法手順を軽視しているのではと思わせるもの­があります。例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」­ですが、この件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(IC­RP)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、数年間にわた­り行われ、審議終了事項として本年1月末に「放射線審議会基本部­会中間報告書」として取りまとめられ、500mSvあるいは1S­vとすることが勧告されています。法の手順としては、この件につ­き見解を求められれば、そう答えるべきであるが、立地指針等にし­か現れない40-50年前の考え方に基づく、250mSvの数値­使用が妥当かとの経済産業大臣、文部科学大臣等の諮問に対する放­射線審議会の答申として、「それで妥当」としている。

ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500m­Svを限度へとの、再引き上げの議論も始まっている状況である。­まさに「モグラたたき」的、場当たり的な政策決定のプロセスで官­邸と行政機関がとっているように見える。放射線審議会での決定事­項をふまえないこの行政上の手続き無視は、根本からただす必要が­あります。500mSvより低いからいい等の理由から極めて短時­間にメールで審議、強引にものを決めるやり方には大きな疑問を感­じます。重ねて、この種の何年も議論になった重要事項をその決定­事項とは違う趣旨で、「妥当」と判断するのもおかしいと思います­。放射線審議会での決定事項をまったく無視したこの決定方法は、­誰がそのような方法をとりそのように決定したのかを含めて、明ら­かにされるべきでありましょう。この点、強く進言いたします。

今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの­被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、­文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授­業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準­に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用す­べきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせい­ぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するの­は、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別­な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能­ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被­ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者­でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求め­ることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムから­しても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン­鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で­(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべき­であります。

小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の­使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA­)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、その­まとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていな­かった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかった­かと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点か­らもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要­があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付­いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子­力安全行政の復活を強く求めるものである。

以上
英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

福島原発事故「子供の許容被ばく線量高すぎる」と疑問4/27 記者発表内容

* Physicians for Social Responsibility Press Conference 4/26 会見全画像 *下記リンク
http://www.youtube.com/watch?v=6Bfc7N_LQiQ
*英語での記者発表、元画像です。

*ノーベル賞も受賞した国際的な医師の団体がワシントンで会見し、文部科学省が子供の1年間の許容被ばく量の目安を「20ミリシー­ベルト」に設定したことに疑問を呈しま­した。
ヘルファンド博士は、記者会見で、
"衝撃的だったのは、日本政府が福島の子供達の許容被ばく線量の基準を(通常の年間1mmシーベルトから20倍の)年間20mmシーベルトにしたことです。"
"子供の場合、発ガンするリスクは、成人の2-3倍高くなる。日本政府は、文部科学省が示した基準を(元の年間1mmシーベルトに)引き下げるべきだ" と求めました。 
米国では、原子力関連施設で働く人でも、平均的被ばく許容量上限は、年間20mmシーベルトとさせています。
(上記記事 2011/4/26 ANN News)
英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
162位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR