#福島原発 放射能,被曝,子供が心停止で突然死! 政府マスコミは隠蔽! (日本語訳) Arex Jones・米国TV番組

福島原発の放射能,被曝,子供が心停止で突然死!続々報告!政府マスコミは隠蔽!(日本語訳) Arex Jones・米国TV番組 12/28 ←動画リンク



< 日本語訳:Jo2Rayden >

Alex Jones:
バズビー博士は、科学物理学者で、BBCやEUの専門部会に忠告をしており、アイルランドのオルスター大学で尊敬されている客員教授であり、本日はこの番組に電話出演していただきます。
バズビー氏のいくつかのウェブサイトで情報が公開されていますので、検索して観ることができます。私は、警鐘を鳴らさなければいけませんが、バズビー氏の当番組への出演により、注目を浴びることになり、大衆が実際に聞くことになるでしょう。
放射線同位元素の測定値があり、それがメルトダウンを明示しています。原子炉用の核燃料棒が、空に爆発飛散していますが、隠蔽されているのです。
これは、チェルノブイリより更に悪い!
そして、バズビー氏がこの番組に出た時は、我々は非難されたのです。人々が言いました。“ほんとに見苦しい。そんなのは、本当じゃない!”と。
1か月後にそれがニュースになると、表に出ていたトップ科学者は辞任し、日本の首相も辞任しました。彼らは隠蔽していたのです。
日本の中央部から南へ人々の大移動がありました。
それなのに政府は安全だと言い、国民は馬鹿だとした。
放射能中毒の関連死が、報告されているのにですよ!
フクシマ50が、そこに残りました。
そして、今は、見えないから、関心がなくなっている。

我々に報告を頂きたい。2011年の災害の記録を残す準備の為、そして、福島原発事故からどれだけ時間が経ったか正確な記録の為、バズビー博士に、何が起きたのかを要約して説明いただきます。新たな災害が起きていることについて、その将来がどうなって行くのかについてです。
博士、ご出演ありがとうございます。


Dr. Busby:
こんにちは。将来、人々はこれを思い返して、日本の原発事故は、おそらく人類史上最も深刻な社会の健康被害事故として認識されるでしょう。
膨大な量の放射能が放出され、そして、いまだに日本北部の広大な地域を汚染しています。最近、日本政府により、原発で何が起きたのかという、その経過報告がされました。
私は、ここで言わなければなりません。
原発事故が起きてすぐに、BBCやITNで、最初に私がした総ての予想が正確だった事が、これで証明されたのです。
それにも関らず、あなたが先に言ったように、誰もが言いました。“この予想は、脅かしていて見苦しい。”“この男は間違っているし、でっち上げだ。”などと。
これも言わせて下さい。誰もこの事について、私に謝罪しませんでした。この非難の影響はひどいものでした。
原発で何が起きているのか誰にもわからないのです。
間違った質問がされ、その答えが戻ってきてないのです。

Alex Jones:
トワイライトゾーンのようなコメントが、ガーディアン新聞の人達により、言われているのが、福島原発の4つの原子炉が、驚くほど、ざわざわしているのです。

Dr. Busby:
はい。ですから、ジョージ・モンビオ氏が、ガーデイアン誌のコラムで、二週に渡って、私を個人的に攻撃し、中傷や戯言や嘘をつきました。
イライラさせられても、私には何もすることができないのです。ガーデイアン誌は、その事についての私への返答を拒否しました。
私にしてみると、この事は全世界的に行われている活動の一部であり、都市の電力供給や現代文明の為の総ての問題解決の方策として、"核"を使用するためです。
私の懸念は、現代文明が、何か悪い指示を出して、この社会に住む人々を殺しているのです。社会の仕組みが、人々を殺しているのです。
それは、あなたがよく話されていることです。私も実際に、あなたに同意します。
システムそのものが、持続可能ではないのです。絶対に間違いなのです。
原子力発電だけでなく、権力構造も含まれる経済構造の仕組みを、なんとかしなければならないのです。
世界中の人々にとって、これでは生存出来なくなる。非常に恐ろしいことなのです。



Alex Jones:
例えばですね、30年前にこの課題について、代表的な経済学者と話しました。米国や英国政府、他の国でも、失業率やインフレのとても正確な経済学的数値を出していました。
いまは、完全に偽の数値を出して、失業率が8.9%とするが、実際は22%以上です。
インフレが3%だと言い、実際は11%以上なのです。
いま、支配階級の人達は、ほとんど狂っているのです。
放射能を吸っている子供たちがいる。
86年のチェルノブイリでは、彼らは本当の努力をしました。
人々が、被曝した食べ物を避けるよう、少なくとも6カ月は牛乳を飲まないようするように伝えようとした。
いま、日本の支配階級は、それをしようともしない!


Dr. Busby:
ええ。ソ連では、努力していました。
福島原発事故の当初は、誰もがチェルノブイリのようにはならないと言っていた。
実際は、ソ連の専門家は、チェルノブイリから人々を、素早く避難させました。
彼らは、本当に最善を尽くしました。
ここで見えるのが、ほとんどまったく皮肉で犯罪的な方針を言い、膨大な数の人々を犠牲にして、"核"の未来を守ることを追求したのです。
私には、どうしてこうなったのか、よくわからないのです。
人々が私になんども聞いてきます。“彼らの子供たちが、この人災にさらされて苦しむ結果になることを、どうして彼らは認めないのか?”
彼らは、認めない様なのです。
これは今、西洋社会がソビエト化(統制化)していく歴史のある種の蘇りなのです。
大新聞社のガーデイアンのジョージ・モンデオ氏が、このことを書きつつ、原発推進論へと変換させている。
彼らが、この隠蔽システムの一部のようで、スターリンの最悪の時代よりさらに悪い。

ですから、何が起きていくのか知るのは、本当に難しい。

Alex Jones:
どうなっているのか非常に良い説明をされましたね。本当の歴史分析をすると知らなかったことが認められる。なぜなら、隠されていたからですね。
なにが起ったのですか? 9カ月、ほぼ10カ月前の2011年3月11日の津波のことに戻して、6つの福島の原子炉に、なにが起ったのですか?

Dr. Busby:
私が言えるのは、こうです。
非常に大きな地震が起り、地震が原子炉に損傷を与えた。津波が来る前です。
この損傷が、原子炉への循環冷却装置を断絶させた為、冷却水が沸騰し始め、炉心溶融が始まり、メルトダウンした。
地震の時、自動的に原子炉を自動停止し、バックアップ発電システムが、循環冷却を続けることになっていましたが、津波の水によりそれが一掃されてしまった。
それは正しい発表ですが、これが問題ではないのです。
なぜなら、次に起った(3号機)核爆発と(1号機)水素爆発が、原子炉を、最初の1週間で破壊してしまった事、が問題だと思います。
そして、とても離れた東京の南側でも、その放射能レベルは、各種放射線観測器で計測してわかったのです。放射能レベルが上昇し、高く一定しているのを見ることが出来ます。
津波後の週の月曜日です。
その当時、我々は原子炉がメルトダウンしているのを判っていたのです。
しかし、その時、国際原子力機関、東電、日本政府は、まだ問題はないと人々に伝え、原子炉圧力容器が保たれていると言ってのけた

Youtubeのビデオをみれば明らかなのに、この事実は興味深く、憂鬱にさせられますね。今や、ニュースは、新聞からでなく、Youtubeから得なければならないのですよ。
Youtubeのビデオを見ると、3号機原発の爆発はとても大きく、水素爆発では有り得ないのがわかります。
ですから、私は、その時、これは核爆発で、チェルノブイリ原発の爆発と同様だ、と言ったのです。


Alex Jones:
ところで、この番組に招いた物理学者が、“そんなことは有り得ない。”と言っていました。
別の物理学者に聞くと、“有り得ない!有る程度の(臨界)レベルにならないと小さな爆発すら起きない。”と言っていました。
ですが、あなたはそれが起り得るとすると発言されている物理学者ですね。
マスメディアは、有り得ないと長い間、論じていますね。

Dr. Busby:
彼らが、有り得ないと言うのは、有名な英国の物理学者が、1959年のチュクチ海でのチャリオットで起きた有名な爆発について論じているからです。
使用済み燃料の爆発はこれに似ていて、彼は、そんなことは起り得ないとしていたが、実際に起きたのです。私は、その爆発が起きた原因は・・・。

Alex Jones:
バズビーさん、すみませんが、CMですので、ちょっと待って下さい。
フクシマの話に戻り、いま何が起きているのか、そして別の災害についてのお話を頂きます。



バズビー博士は、どの様にその核爆発が起きたのかについてお話しされようとしていました。もちろん、最初に博士が、放射性同位元素が検出報告されたとき、彼らは、この爆発があった時にのみ、その元素の検出がある事を認めざるを得なかった。


Dr. Busby:
はい、その通りです。我々は、すぐに“彼らがこの放射性同位元素が、この種の爆発により発生するのがわからない”のだと判りました。ここが重要な点なのです。
実際に、少なくとも、ひとつの原発で核爆発があり、プルトニウムとウランの混合MOX燃料ですからね。

温度が上昇し過ぎると、何が起きるかと言うと、そのうち一つが違う温度で溶け落ち濃縮し、原子炉格納容器の冷却部分の格納タンクに入ってしまう。
もちろん、臨界質量の数キログラムが必要になり、そして核爆弾になる。ですから、それにはメカニズムがあり、簡単に説明できます。
まるで、アルコールを水で蒸留するようなもので、プルトニウムをウランで蒸留するのです。温度が合わないだけなのです。総てのプルトニウムは、一か所に集まるのです。

Alex Jones:
爆発が周りで起きており、警戒できる爆発だったかもしれなかったですよね。

Dr. Busby:
その状況下では、わからないことが多いのです。実際、科学者ですらわからないのです。
私が指摘したいのはそこなのです。
物理学者が、数学的に世界を縮小して、世界を説明するのに有効だと信じている簡単な方程式で計算する。実際には、よく、時に間違うのです。
なぜなら、思いもよらないことを排除しているからです。

Alex Jones: カオス論ですね。

Dr. Busby:
ええ、そうです。その通りです。思い出してください。
物理学者は、95%の宇宙の中身を知らないのです。
彼らは、それをダークマターと呼び、何だかわかっていないのですよ。
彼らが、原子力発電所やその計算について語るときに、どうやって彼らを信じればいいのでしょうか? とても興味深い疑問なのです。


Alex Jones:
事実ですね! 博士。今では、ブラックホールがあり、クエーサーや恒星の爆発、証明されたものにノーベル賞が渡されていますね。
エネルギーは、それらのためにあることを発見し、それこそがダーク・マターなのだと。

Dr. Busby:
その通りです。ダーク・マターは、まるで、呼び起された“悪魔”のようなものです。
多くのとんでもない方程式を掛け合わせて、これが答えを導き出すと言うのです。 そして、5%の答えだけ判り、残りは“悪魔”だと言うのです。
それを、“ダーク・マター”と呼ぶのです。
私が観た限り、ガリレオ時代の初期の教会と大して変わらないのです。

Alex Jones:
人類は、多くのハイテクを手に入れましたが、ほとんど何が何に関連しているのか判っていないのですね。

Dr. Busby:
それが真実でしょうね。前世紀は、物理学の世紀だと思いますね。そこで気づくべきでした。物理学は、非常に力のある道具ですが、負の道具でもあるのです。
物理学者が話す、魔法の様な考えを、人々が信じるのを止める時なのです。常識的に、そうじゃないからです。
放射能や健康への影響は、私の専門分野で、確かに違うのです。福島原発事故の結果として、多くの人達が亡くなり始めるでしょう。しかし、現在は、彼らは誰も死んでないと言う。


Alex Jones:
私は、原発で働いていたときに亡くなっている、日本の報告を見ました。何かの原因で亡くなったと。

Dr. Busby:
もちろん。彼らはそういうでしょう。チェルノブイリでも同じように言っていました。
我々は、【フクシマと健康-何が起きるのか?】と言う本を、ちょうど出版しました。
チェルノブイリ事故後の調査が基になっており、我々は、フクシマで何が起きるのか判っているのです。もう既に、起っているのです!
私は、Eメールを定期的に受けっとっており、そこには、“人々が、ポックリ亡くなった”とか、“学童がポックリ亡くなった”とか、“1分後に心臓が止まり、そして亡くなった”とかです。
これはまさに、チェルノブイリで我々が見たのとまったく同じなのです。なぜなら、セシウムが心臓の筋肉に蓄積され、心筋を破壊するからです。そして、確実に有る程度の心筋が失われ、心臓が機能しなくなる。
そして、心臓発作で亡くなるのです。
 

Alex Jones:
驚くべきことですね。最新のフクシマの話に戻って頂けませんか、CMの後で。
博士の本があるのを存じませんでしたので、みなさんにその本を読んでもらって、学校の友達にも貸してあげていただきたいですね。
その本についても必ずお話ししたいですね。
何が最新の状態なのですか?
日本政府は、福島原発を安定させたと主張していて、この9ヶ月間、そればかり聞いていたからです。

Dr. Busby:
それは、ごまかしの演説ですね。安定化とは、これ以上悪くならないという意味の“安定”なのです。誰かが言っているような“安全になった”と言うのは間違いなのです。
我々は、先月も核分裂生成物・キセノンの同位体を計測しています。この放射性同位体は、半減期がとても短くつまり継続して“核分裂”している証明なのです。

核燃料がメルトスルーして、圧力容器と格納容器を抜け、地面にめり込んでいるのは確かでしょう。ロシアTODAYは、“地面の割れ目から水蒸気が上がっている”と報道した。
ですから、深刻な状態を示しているのですが、彼らは、ただただ事故を小さく見せようと試みている。なぜなら、彼らは、世界中の原子力の発展へのダメージを抑えたいからです。


Alex Jones:
私にわかるのは、彼らには隠蔽の歴史があり、そして安全でないと言うことです。

Dr. Busby:
そうですね。正しいですね。そして、その歴史は継続していくのです。

Alex Jones:
物理学者を責めるだけではないのです。博士も物理学者ですが、この話が出来る。
見てください。 彼らは、25年前には、劣化ウランを戦争に絶対に使うなと言い、広範に広がる“緩慢な殺人”兵器で、“遅発殺人”だから、使ってはいけないと言った。
そして、'91年になり、我々はこれを使用すると言いだした。今は、兵隊たちにとり、有利な兵器だと言うのです。

-END-




2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square
スポンサーサイト

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島 も関東も深刻な放射能汚染! イラクの放射能汚染 バズビー博士 Dr.Busby on Sky TV: Fallujah, Fukushima and Radiation

福島 &イラクの放射能汚染 Dr.Busby on Sky TV: Fallujah, Fukushima and Radiation
from "One Step Beyond"
司会&制作:Theo Chalmers / Guest : Dr. Chris Busby
<概要・日本語訳:Jo2Rayden>


1.福島原発事故と放射能汚染

・福島でIAEAと日本政府は、嘘をつき、チェルノブイリと同規模の深刻な原発事故だと言わなかった。私は、事故当初からBBCや他の局でも深刻な危険があると言ってきた。チェルノブイリでも当初は深刻ではないと言っていた。これは犯罪的行為なのです。人々、特に子供達は、直ぐにそこから避難すべきだった!
・非常に深刻な放射能汚染レベルの場所が、東京より南にもある。福島原発から、南西に約350kmですね。(*注釈:伊豆半島のようです)100km圏に行った時に私が、非常に高いレベルの汚染を確認しています。
・福島原発の深刻さは、チェルノブイリ事故を更にうわまわっています。なぜなら、人口がとても大きいからです。首都圏が3,500万人、福島原発から100km圏が100万人です。チェルノブイリよりもっと多くの人々が、汚染地帯で放射性物質各種に被曝されられるのです。

・福島第一原発は、燃料が入った炉心がすべてメルトダウンしただけでなく、総ての原発建屋上部に”使用済み核燃料プール”があるのです。そのプールの燃料棒が、水素爆発と3号機の”臨界爆発”(一種の核爆発)で、爆発しそこらじゅうに飛散した。信じられないような出来事なのです。私たちは、3号機が”核爆発”したと考えております。

・MOX燃料(=プルトニウムとウランの混合燃料)が、ひとつの原因です。保管プールには、プルトニウム入りMOX燃料があるため、それが”核爆発”したのだと思います。YOUTUBEなどの映像で、3号機の爆発映像をみていますが、キノコ雲の爆発です。これを検証するには、簡単な方法があります。
サンクトペテルブルグのロシアの同僚が、チェルノブイリで発生したキセノン・放射性物質のガスを分析して、この爆発が、”即発臨界爆発”したことを突き止めました。あれは、水素爆発ではなかったです。
チェルノブイリの爆発も、間違いなく、”核爆発”なのです。ロシアの研究者が、キセノンを計測して証明しているのです。だが、ウクライナ政府は、これを認めず、隠蔽しています。いつもの事です。とても深刻な事です。
これは、ウクライナだけでなく、どの国もそうなのです。

・マーチン・トンデル氏が、放射能の土壌汚染を研究していますが、スウェーデン北部では、11%も癌の発病率が増えていると報告しています。100,000Bq/kg/m2の汚染土壌の場所です。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/tondel.pdf
ですから、この報告書を基に、予測可能なのです。福島原発から200km圏で200,000人が、放射能により癌を発症するでしょう。

・まず第一に、福島原発事故の被害を受けている日本人は、疎開すべきです!100人以上の東京の人達が、私にEメールしてきて、”バズビー博士、私はどうすればいいですか”と聞かれました。私は”疎開しなさい。”と言いました。もし、疎開出来ないのとして、日本のパスポートでは数週間しか外国に滞在出来ないわけですし、どこかで生活するのは実際難しい。

・2番目に、日本の人たちは、カルシウム錠剤を飲むことです。健康食品売り場でこの錠剤を買えます。これが実際に、ストロンチウムとプルトニウムのDNAへの結合を防止出来るのです。非常に簡単な方法で、可能なのです。

・ヨウ素剤の効用と同じです。8日で放射性ヨウ素は消えてしまいます。日本政府は、ヨウ素剤を福島の人達に飲ますべきでしたが、これを必要ないと否定して、行わなかった。 
半減期が長期間のストロンチウムとウランのDNAへの結合を、カルシウムとマグネシウム錠剤を飲むことで防止出来るのです。

・牛乳は、ストロンチウムとウランを含むと考えられるので、飲むべきでない。
・カルシウムとマグネシウム錠剤、無害なので、健康食品売り場で購入し、飲めばいいだけなのです。これは、副作用はないのです。沢山飲み過ぎは、いけませんよ。1日1錠飲めばいいんです。(=錠剤の説明書の量でいい。)

Q: もし、日本に仕事で行くときは、カルシウム錠剤を飲むべきですか?

・いいえ。まず、日本に商用で行くべきではないと思います。次に、どこの産地かわかるものを食べるべきです。
私が、日本に訪れた時は、なるべくその様にしていました。
チェルノブイリの事故の後、多くの人たちが、そこを訪れ、その後死んでいます。イラクに行った人達も、かつての戦場を訪ね、カメラで撮影し、ウランの影響を語り、その後死んでいます!
真剣な事ですが、私がその場所に訪問した時は、プラスチックの袋に来ていた服を入れ、別の服を着て帰国し、その服を焼却処分しています。ナノサイズの微細放射性粒子が服に付着して、それを子供に触れさせて影響を与えたくないでしょう。自分の人生は、自分で守らなければいけないのです。
この微細放射線粒子は、ガイガーカウンターでは計測不能です。とんでもない被曝した時に警告音が鳴る。
空気中に漂っている "見えない死(死神)"なのです。

・カルシウムとマグネシウム錠剤を毎日飲み、時々、”ビタミンD”錠剤を飲むことです。http://www.news-medical.net/news/2008/11/08/42599.aspx
特に、子供達には、ビタミンD錠は飲ませなくてよい。ビタミンD錠剤を沢山飲みすぎると、骨の成長に影響がでるのです。それが問題です。

・既に、60年代の核実験のストロンチウム含む降下灰(フォールアウト)があったころに、この効果の実験がされています。マウスと人体で、実験がされています。これにより、カルシウムが、ストロンチウムを押し出し、身体に取り込ませないことを実証しています。これは効果があるのです。 
・対セシウム用錠剤を造りたいのですが、英国政府がこの錠剤の製造許可を与えない。

・退役軍人の湾岸戦争症候群では、劣化ウラン弾の微細粒子が、特に脳細胞に影響を与えているのを、米国人学者が報告しています。どうなってそうなるのかはっきり分かっていないが、証拠としてはウランの影響なのです。フランスの学者が、マウスにウランを投与したところ、精神に異常がでて、睡眠障害や、運動障害が起きた。
また、湾岸戦争症候群の退役軍人の子供達には、先天的異常が出ている。精子に影響がでて、そして、子供達に影響が出ている。 
・彼らが、子供を持つことは出来ますが、もし、その子供に障害がでたら、原因はウラン(兵器)なのです。もし、この影響が子孫に出ないようにするには、彼らが子供を作らないことだけなのです。これだけが人間に影響が出ないようにする方法なのです。また、動物の子孫にも影響が出ないようにするのは、同じ原理しかないのです。

・今は、子供を持つこと自体が難しくなってきています。昔は、簡単に子供を作ることができましたが、現在は、病院に行き、不妊治療を受けなければいけなくなってきているのです。精子も卵子も既にダメージを受けているからなのです。私の同僚が、欧米で、大規模に出生率調査をしたところ、放射線の影響で、男女の出生率が変動してきている。



2.イラク・ファルージャの放射能汚染と核実験での被曝

・セラフィールド、ウェールズの原子力施設周辺で、白血病が増えている。

・豪州・クリスマス島での原爆実験で、癌や他の病気による健康被害が増えている。
・ガンマ線のみ測れるバッジテストを兵士たちがしていたが、問題は、アルファー線他の放射線の計測がされておらず、プルトニウム、ウラン等の内部被曝の影響は計測されていなかった。遺伝的影響が出ている。
・クリスマス島では、放射性粒子の影響の証拠として、鼻血、下痢等症状が出ている。奇形児が生まれている。
・兵士の子供や孫にも遺伝的影響が出ている。メンデルの遺伝学に置き換えれば、健常者と結婚すれば、生まれる子供の影響は半分に、孫は更に半分になるかと思うが、実際はそうではない。ここ10-15年のチェルノブイリでの研究により、"遺伝的不安定"というメカニズムが発見されている。

・ボスニア、アフガニスタン、イラク、リビアに従軍した兵士にも放射線の影響がでるのです。ウラニウムが悪影響の元凶。 
・ウランは、DNAに結合し影響を与える。
・放射性物質は、他の科学物質と同じ化学物質です。不安定な化学物質。1945年の核爆発まで地球上に存在しなかった物質。ストロンチウムは、カルシウムの代わりに、DNAに結合し、ウランもDNAに結合する。

・湾岸戦争症候群の退役軍人、ウラン鉱山の労働者は、染色体に異常を持っている。癌や、他の病気を引き起こす。
・湾岸戦争での劣化ウラン弾は、微細放射性粒子を作り出し、エアゾールとなり周辺に拡散した。イラク戦争でも。



・イラク・ファルージャでは、濃縮ウラン弾が使用されている。非常に高いがんの発症率、白血病、男女出生率の異常、奇形児の誕生などが起っている。
髪のサンプルから、濃縮ウランが検出。劣化ウランとは放射線各種成分が違うのでわかる。ガンマ・スペクターを持ち込んで計測をしています。
・同時に、女性の長い髪でウランが検出された”位置”から、ファルージャでの戦闘があった”2004年から2005年”だったことが、はっきり分かる!毎月1cm伸びるから逆算すればわかる。

・濃縮ウラン弾については、ロシアTODAYで発言機会がありましたが、他のメディアは、報道しなかった。英国のインディペンデント、サンデータイムズにこの報告を記事にしてほしいと言ったが、やりますよーと言ったきりで無しのつぶてです。明らかに、英国のメディアに何らかの圧力が掛かっているからです!

・濃縮ウラン弾頭をなぜ使用したかと言えば、多くのNGOが、湾岸戦争後、劣化ウラン弾反対運動を起こし、使用しずらくなってきた。2003年以降は、劣化ウラン弾を使用しなくなったと思われる。つまり、戦車を破壊する為の兵器で"証拠を残さない"為に、別の弾頭を使用したのです。

・イスラエルも既に、2006年のレバノンのヒズボラ掃討作戦に、濃縮ウラン弾を使用しており、クレーターの痕跡でそれがわかる。

・もしこれが公になれば、この兵器使用ができなくなる為、記事にしないよう当局が圧力を掛けたのです。濃縮ウランを作り出す原子力施設が危険であり、原発周辺の癌発症率が上がっているのに統計を出さず、隠して安全ですと言っているのに通じています。

-END-





2015年放射能クライシス2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 

英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

Dr.バズビー #福島 #原発 の犯罪的事故に捜査必要!核分裂継続中! #Fukushima 'criminal event' calls for investigation:日本語訳

福島原発は犯罪的事故!核分裂継続中!Dr.バズビー(日本語訳)Fukushima Criminal Event,Investigate!←字幕動画リンク


<日本語訳:Jo2Rayden>

司会:
福島原発の危機は、こう告げます。
空想による運用と、準備不足の構築物により、崩壊した!
地震と津波の災害に、適切に対応できない。
トラブルが始まったとき何人かの技術者と政府の保安院スタップは、原発から撤退した。
他のスタッフは、重要な放射能漏れについて、報告が遅れた。

これに関する詳細を議論したく、バズビー教授、欧州放射線リスク委員会・科学委員をお招きしました。
ご出演ありがとうございます。報告書は、オペレータが適切に対応しなかった、と主張しました。
あなたは以前、当局はずさんだった、状況に対処するのが、遅いと述べた。
この評価は、これらの調査結果によって確認され、どの様に感じられますか?

バズビー博士:
私の評価が、百パーセント確認されていると、思いますね。
しかし、私は、この調査が十分に行われているとは、思いませんね。
多くの質問が、彼らにされていないし、多くの質問が、まだ答えられていない。

司会:その多くとは何ですか?

バズビー:
主な最も重要なのは、放射能汚染の健康への影響に関してです。
そして、”誰もが健康への影響が深刻でないと知っている”との仮定のようなものだ。
しかし、ちょうど私が前に言ったように、これは誰もがその時示唆されたよりも、はるかに深刻な事故だったのです。いま、私は、すべて間違ってるのだ、と言えます。
健康への影響は、だれかが言っているよりも、非常に、はるかに深刻でしょう。
おそらく今後のいくつかの別の調査で、私の指摘が正しいと、証明されるでしょう。本当に悲しむべき事です。

なぜなら、実際には、彼らが大きな問題があったことを認めると、その後、人々は、議会を動かし、他の活動として、より少ない人々が掛かる病気になった時に、これを保証するような機会をつくることができるからです。




司会:
なぜ、日本がこれを認めるのに、こんなに時間がかかったのだと思いますか?その対応は不十分ですか?

バズビー:
原子力産業から、強大な圧力があるからだ、と思いますね。
そして、原子力業界の人達は、一般に、原子力の拡大シナリオに関する巨額の利益を失う。

我々は、ここ1、2年でそれを見てきました。
つまり、原子力産業にとっては、これは、まったく大災難なのです。
私は、日本人が、この原発事故で囚われの身になるだけでなく、この出来事で、世界の人々が、すべてのメディアにより、囚われの身になっていると思えますね。
ロシア・トゥディは、違いますよ。私は、この件で、感謝しています。

そして、この大惨事のような恐ろしい事故の影響に関する情報には、マスコミには、巨大な鉄の錠前が、掛かったようです。

司会:
報告書はまた、何百万の生命にリスクがある時に、政府が公表した控えめな数字の放射線の拡散数値は正当ではない、と述べましたね。


バズビー:
もちろん、私が前に言ったように、それは本当に、犯罪的な出来事なのです。
もし、人々が、政府が把握している放射能レベルを知らされている場合は、これは刑事責任になるのです。
私に言わせてください!国際原子力機関は、汚染の程度を白状すべきです。人々は、置き去りにされた。
人々を、避難させるべきだった!

放射能を多く受けていなかった人々が、深刻に汚染されてきた。健康に影響を及ぼすでしょう。
そう、本当にこれは、まったく、犯罪事象なのです。
私は、最終的に、誰かが裁判に掛けられることを望みます。少なくとも、被害者は、いくつかの訴訟を起こすべきでしょう。

司会:
日本の当局者は、原発事故は制御下にあると主張し、しかし、多くの福島の避難者が、自宅に戻ることには、
消極的なままだ、との報告が行われている。
こうした懸念はありますか?

バズビー:
私は、避難民は、一斉に家に戻るべきではないと思います。私は、それは極めて見込みのないことだ、と思います。
これらの原子炉は、いわゆる冷態停止状態と言われる。私は、これは適当な情報操作だ、と思います。

ごく最近、キセノン・放射性同位体が、各原子力発電所から、放出されています。
ご存じのように、キセノン・放射性同位体の半減期は、非常に短いのですよ!
つまり、核分裂は、まだ各原子炉で、起っているのです!


司会:
バズビーさん、いま、日本の原子力発電網は、どうあるべきと思いますか?

バズビー:
日本の原子力発電網は、常に危険でした。
常に、津波があった地域、海岸沿いに建てられました。
常に、おそらく地震がある地域に建てられました。
私は、本当に、日本の人々と共に提起したい。
政府は、日本全体の原子力発電を、閉鎖して欲しい。 
発電電力を、いくつかの別の形に戻して欲しい。


司会:何をすればいいのですか?

バズビー:
日本人により、研究は行われています。
日本は、風力発電で、非常に資源が豊富です。代替発電を得ることができる方法が、たくさんあります。
しかし、もちろん、主な問題は、あまりに多くの電力が、使用されていることです。
我々は、ライフスタイルを維持するために、地球を燃やしているのです。これは、本当に、持続可能ではないのです。
そして、これが原子力についてのこれらの質問の、本当のすべての答えだと思います。そして、化石燃料、その他すべてのエネルギーのね。
我々は、多くの燃料を使い過ぎです。

司会:
お話を伺いました。                    
欧州放射線リスク委員会のクリストファー・バズビー教授でした。
ありがとうございました。   

-END-


2015年放射能クライシス2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 

< English transcript >

Interviewer:
Fukushima nuclear crisis says, it was down to the fancy operators building ill-prepared,and, not respond properly to the quake and tsunami disaster.
Majour government increase in some engineers abandoned the plant as the trouble started,and, other staff delayed reporting significant radiation leaks.
To discuss more on this. Joined by professor Busby, scientific secretary of the European Committee on Radiation Risk.

Thanks for joining us. So the report claims operators failed to respond properly.
You said before, the authorities had been lax and slow in handling the situation to.
What extent do you feel the assessments been confirmed by these findings?

Dr.Busby:
Well. I think my assessment has been confirmed one hundred percent,
But, I've got to have to say that I don't think that this inquiry has gone far enough,
Because, a lot of questions they haven't are asked, a lot of questions that still have not been answered.

I:
What are some of us?

B:
Well, the main the most important one is, has to do with the health effects of the contamination.
And, it's kind of assumed that everybody knows the health effect is not going to be serious.
But, just like I said before, this was a much more serious incident than anyone was suggested at the time. I'm now saying we have been saying all wrong.
The health effects would be very much more serious than any one is saying that.
I can tell you that there will probably be in some use time another inquiry,which will show also that I'm right there.
This is really sad.Because, actually, if they did concede that there was a big problem,
then, people could be move diets, and, other activities could take place which would insure the fewer people got sick are going to.

I:
Why do you think, it's taken Japan, so long to admit that it response was inadequate?

B:
I think that there's an enormous pressure from the nuclear industry,
and, from the people who stand to do lose a lot of money with regard to the general nuclear expansion scenario that.We've been seeing in the last year or two.
I mean, for the nuclear industry, this is an absolute disaster, does seem to me, from not only the way in which Japanese have been constrained to handle this event, but also the way in which people all over the world are handing this event through the media.
I have to say not Russia Today.I’m very pleased about that.
Does seem to be an enormous iron grip on the media with regard to the effects of this terrifying accidents as this catastrophe.

I:
The report also said, the government published understated figures on the spread of a radiation cannot be justified when millions of lives at risk.

B:
Well. Of course, that's really is a criminal event as I said before.
You know. This is criminal responsibility, because, if people have known the extent of the radio activity which has by government.
I have to say the international atomic energy agency come clean with the extent of the contamination, people would left,
These people who didn't get a lot out would have been seriously contaminated, it will affect the health.
So, really, this is quite a criminal awaire.
I would hope that eventually somebody will be brought to justice, or, at least they should be some court case about it.

I:
Japanese officials claim the plan is now under control, but there have been report that many Fukushima evacuees remain reluctant to return to their home.
Do you think, those concerns are valid?

B:
I think that those people should not concert go to return to their homes.
And, I think that it's extremely unlikely,these reactors are in called cold shutdown. I mean I think,
this is disposed manipulation.
Very recently xenon isotope are being released from those plants.
Xenon isotope has sufficiently short half life for us to know.
Fission is still taking place in those reactors.

I:
Briefly what do you think, should be done with the Japanese nuclear network now?

B:
Well, you know, the Japanese nuclear network was always dangerous.
It was always built on the coast in areas where there was Tsunami.
It was always built in areas where they were possibly going to be earthquakes.
And, so I really I filed with the Japanese people, I would demand on the government closed down the entire nuclear operation in Japan,and revert to some other form of generated energy.

I:
What would that be anything?

B:
Well, there have been studies made that show that Japanese,
Japan is very very rich in wind power, and a lot of way in which you can get alternative generation of electricity.
But, the main problem of course is that there's too much electricity being used,
we are burning up the planet's in order to continue with the lifestyle,which is really not sustainable,
And, I think that is the real answer to all of these questions about nuclear,and, fossil fuel, all rest of it.
We just bring too much fuel.

I:
We have to leave it there. Professor Christopher Busby,European Committee on Radiation Risk.
Thanks for your time.

-END-

  英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

バズビー博士、ガーディアン誌の批判に反撃! 11/25 Dr Chris Busby turns on his attackers.

バズビー博士、ガーディアン誌の批判に反撃。
(概要・日本語要約:Jo2Rayden )
Dr Busby talks about the recent globally orchestrated attacks on his scientific credibility and explains their cause.
 

・英国ガーディアン誌で *ジョージ・モンデオ氏 のコラム記事が出て以来、津波の様に、世界各地からバズビー博士への人格も含む攻撃があり、これに対して反論しています。 *原発推進派のコラムニスト。

1.ヨーロッパ放射線委員会とバズビー博士の信用失墜を狙った攻撃なのです。以下の報告をロシアTODAYで行ったことが、バズビー博士に対する攻撃の1つ目の理由→米国­のウラン兵器が、ファルージャの奇形児の元凶 --- 中性子爆弾(?)が使用されている痕跡=高濃縮ウランが被曝患者から検出されている。
http://www.youtube.com/watch?v=1MARVYlvAao
この兵器の存在を発見したことの報告に対して、世界の兵器産業が反撃してきている。

2.反原発、反核の姿勢で勢いを増している"緑の党"に、ヨーロッパ放射線委員会が科学的検証で支援をしている為、これにたいする攻撃がなのです。

3.バズビー博士は、福島のかわいそうな人達に役に立たないサプリメントを売って儲けていると攻撃があった。
しかし、バズビー氏は、"ヨーロッパ放射線委員会"とその研究成果で、サプリメントには効能があると反論。既に人への臨床試験済みで何回も報告書を発表している。

4.「"クリストファー・バズビー・チルドレン・フォー・フクシマ"には自分の名前の使用許可を与えただけ。カルシウム錠剤は製造されなかったし、お金も受け取っていない­。」
「収益は、放射性物質検査機購入費用等に充てられる」と述べている。

【訳者より: この動画のバズビー博士の説明により、彼に対する疑念は無くなったのではないかと思います。
・J.Ryan氏が、CBFCFで、バズビー博士の名前を無償で利用しているとの事ですが、誰もがこのサプリメントは、他の同様な効果があると思われるカルシウ&マグネシウ­ム・サプリメント等と比べてかなり高額であると思っています。その収益がいくらで、どの様なものに使用されているか公開して、疑惑に答えるべきではないのでしょうか?
・バズビー博士は、別のビデオで、市販の同様のサプリメントは成分も効果も同様だから、ドラッグストアで購入してもよいと述べてます。
→ カルシウム,マグネシウムで放射性物質の体内侵入防止! バズビー(字幕) http://www.youtube.com/watch?v=DflTjnUUfg0

*11/27に簡単に概要を記載し、動画UPした際に、この疑念が有る為、私見と概要の区別がつかない記載をしていました。m(_ _)m
CBFCFから既に私への指摘がありましたので、誤解の無いよう日本語訳概要を変更致しました。時間があれば、全訳します。
私の無償の翻訳付動画を、CBFCFがWEBに貼り付けてずっと利用しているようですが、本来なら当会自ら翻訳し、誤解の無いよう主張すべきでしょう。】 

-END- 英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

カルシウム,マグネシウムで放射性物質の体内侵入防止! バズビー博士10/16

カルシウム,マグネシウム・サプリメントで放射性物質の体内侵入防止! Dr.バズビー 10/16      <日本語訳:Jo2Rayden> ←動画リンク
Pr. Busby talk about supplements to block Fukushima radioactivity effects.




*注意 :この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。 

<概要:日本語訳>
クリストファー・バズビー博士が、ストロンチウム90、ウラン、プルトニウムが広がった東北日本の汚染によるダメージのリスクを、どの様に減らすかを語ります。

先ず総ては、子供と自身がそこから疎開することです。
土壌と食物の汚染は、深刻な健康への危険なのです。
車の空気フィルターの解析でわかったのは、土壌の汚染物質が、風に舞い始め、呼吸で吸入してしまうのです。

もし、あなたが出来るのなら、そこから退避して下さい! しかし、疎開出来ないとき、それでも、この放射性物質のDNAへの影響を減らすことが出来るのです。
これは、基本的な物理化学です。カルシウムの集中摂取を増やし、(カルシウムは、DNAリン酸骨格を安定化させます。)ストロンチウム、ウラン、プルトニウムや他の高DN­APの親和力要素と複合イオンのような放射性核種の平衡結合を抑制します。
ヨウ素の甲状腺への侵入を防止する方法は、同じ熱力学の化学平衡の考え方に基づいています。

多くのウェブサイトで、彼のアイデアに基づいた薬を販売しており、更に多くのサイトが準備されていますが、しかし、それは簡易な錠剤です。
バズビー博士は、健康食品店で購入するカルシウム、マグネシウム錠剤は、より安価ですと語っています。
大人の1回分は、約800mgのカルシウムと350mgのマグネシウム摂取です。
子供は、体格と体重に合わせて、1回分を減らします。10歳では、約400mgのカルシウムと175mgのマグネシウム摂取です。

このことは、重大な問題です。それは命を救うでしょうし、とても簡単で絶対に無害です。

*訳者より:ドラッグストアなどで、カルシウムx2+マグネシウムx1のサプリメント錠剤・60日分で、1,000円以下で購入できます!^^/ 私も健康の為、既に愛飲しています。^^

<日本語訳:Jo2Rayden >
私は、福島の最近の動きをお話したく思います。

福島原発から、大量の放射能が広範な地域に放出している証拠があります。
私のアドヴァイスは、常にこの地域から退避すべきという事です。疎開すべきです!
被曝線量は、毎時マイクロシーベルトと高くありません。年間被曝量と比べてもです。問題は、高い線量は、高い汚染のシグナルなのです。放射能汚染された非常に多くの物質が、体内に侵入することです。これは、大変深刻な問題で、特に子供たちにとって大問題です。

私は、セシウム137が、心臓の筋肉の溜まることをお話しています。ストロンチウム90は、最近(関東で)セシウムと同時に計測されました。ストロンチウムは、計測に時間の掛かるものです。プルトニウム、ウランの各種放射性物質は、DNAに結合し影響を与えます。

もし、あたなが疎開出来ないとき、疎開出来る可能性がないとき、疎開不可のとき、それでも出来ることがあります。
私が、以前申し上げましたが、科学的な各種放射性物質で、特定の物をターゲットにして減らすことが出来ます。DNAの内部に、その細胞核がなにをつかさどるかという情報があり、各種放射性物質がDNAに影響を与えます。DNAが、確実に、放射性各種で影響を受ける。特にストロンチウム90、ウラン、プルトニウムで影響を受ける。

ヨウ素剤が、放射性物質の甲状腺への影響を防止するのと同様に、実際はその理論により、物理化学が用いられます。基本的な物理化学です。
カルシウム、マグネシウムの大量摂取を行い、ストロンチウム、ウラン、プルトニウムのDNAへの結合を防止します。カルシウム、マグネシウムの特定量の摂取を行えば、放射性各種の影響がなくなります。
大人の1回分は、約800mgのカルシウムと350mgのマグネシウムを毎日摂取します。子供は、体格と体重に合わせて、1回分を減らします。10歳では、約400mgのカルシウムと175mgのマグネシウムを毎日摂取します。
  
私の提案を基にして、日本と米国の多くの会社がこの錠剤を生産しています。インターネットで販売されています。これは、一般的に良い事です。どの国の健康食品店でも、カルシウム、マグネシウム・サプリメント錠剤は、もっと安く売られています。ですから、そこでも購入できるのです。
私のアドヴァイスは、その店に行き、購入し、1日1回その錠剤を飲むことです。これにより、危険な放射性各種のDNAへの結合を、有効に減少させることが出来るのです。ですから、錠剤を取得すべきです。

これが、私の今回のメッセージです。
いくつかの会社が、この錠剤を販売していることを非常にうれしく思います。あなたが、これらの会社のインターネット通販から、錠剤を購入するのは良いと思います。また、健康食料品店で、同様の錠剤を買えば、より安く購入できるでしょう。これが、私のアドヴァイスです。

ご視聴ありがとうございました。

-END-
www.llrc.org
www.greenaudit.org
www.bsrrw.org
www.euradcom.org



Chris Busby updates Japan on what to do to reduce the risk of radiation damage from the contamination from the Strontium-90, Uranium and Plutonium dispersed widely over northern Japan.
First of all, evacuate the children and evacuate yourselves.
The contamination of the ground and the food is a serious health hazard.
Car air filter analysis shows the material on the ground becomes airborne and can be inhaled.
Get away If you can; but if not then you can reduce the access of these radionuclides to the DNA.
It is basic Physical Chemistry that increasing the Calcium concentration, (Calcium which stabilises the DNA phosphate backbone), will inhibit the equilibrium binding of radionuclides like Strontium, Uranium, Plutonium and other high DNAP affinity elements and complex ions.
The Iodine thyroid blocking method is based on the same thermodynamic chemical equilibrium idea.
A number of websites have been selling pills based on his ideas and more are being set up but it is straightforward,
he says, to buy Calcium/ Magnesium tablets from health food shops where they are not expensive.
The adult dose is about 800mg Calcium and 350mg Magnesium.
Reduce the dose for children in proportion to their relative weight, so for a 10-year old, about 400mg Calcium and 175mg Magnesium.
This is a critical issue: it will save lives and it is so simple and is absolutely harmless.

-END-

 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

髪からプルトニウム検出可能! 髪を冷蔵保管して下さい! バズビー博士9/30(日本語訳)

髪からプルトニウム検出可能!髪を冷蔵保管して下さい!バズビー博士 9/30 (字幕) ←動画リンク
Date the samples, and write at what length from the scalp it was cut, and where You lived under the period the hair grew!


*注意 :この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。 
<日本語訳: Jo2Rayden >

*概要*
・バズビー博士は、今後、日本政府や東電に対して、放射線による発病を被害者が原告として提訴する際に、その証拠として【ジップロック方式で自分や家族の髪の毛を保存し、­髪が伸びた期間の居住場所、日時を記載し、冷蔵保管する】事を提唱。

・ホールボディ・カウンターでは、セシウムしか計測出来ず、政府は健康被害は無いと主張するでしょう。なぜなら、プルトニウム、ウラン、コバルトなどは、計測不能だからで­す。

・しかし、髪の毛を保存しておけば、そこからプルトニウム、ウラン等他の放射性物質各種が検出できるので、証拠保存すべきです!



<日本語訳全文>
ここは、ストックホルムです。この川の付近には、多くの人々が住んでいます。

Ditta Rietuma:この川は、海へと繋がっています。

我々は、癌患者の登録書を訪れています。セシウム137の海水への影響と、このバルト海周辺に住む人々への影響データを観測しています。
先日、「Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima」"福島の子供達の為のクリストファー・バズビー基金" のお知らせを致しました。

日本政府は、多くの時間を掛けて子供達のセシウム137の影響調査をホールボディ・カウンターで行い、3,500人が調査され、セシウム137の身体への影響データとして、記録保存されます。
 この理由として考えられるのが、日本政府は、法廷に提訴されることを想定して、隠蔽工作をしているのです。
フクシマの住民は、癌、白血病等の病気を発症するでしょう。彼らは、東電と政府を相手取り、裁判所に提訴するでしょう。この提訴の為に、原発事故との因果関係の証拠が必要になります。これが問題です。
 昨日インタビュアーに話しましたが、証拠は隠蔽されるでしょう。セシウム137入りの瓦礫が、日本中にトラック輸送、処理される為です。全国の発癌率を調整し、フクシマと比較不能にする!
別の問題は、政府・東電は、ホールボディ・カウンターの計測データーを法廷に提出し、「セシウムの量、放射線量は非常に低く、これでは発癌しない」と主張するでしょう。法廷対策の為、そのデーターを取っているのです。

最も重要な事は、法廷に独立機関のデーターを提出する事です!誰かが、データーを作り、将来の発病問題の発生時に法廷提出用データーの証拠として使用できる様にすることです。
 問題の一つは、ホールボディ・カウンターは、ガンマ線のセシウムしか計測出来無い事です。プルトニウム, ウラン, トリリウム, ストロンチウム90, ベリリウム14*,カーボン14等は、計測不能なのです。
 もちろん、これは髪の毛を計測すれば検出可能です。その為、NPO”福島の子供たちの為のクリストファー・バズビー基金”で、この検査も提供しております。 *博士のベリリウム140は言い間違いの様です^^;

これが、今回の私から皆さんへのメッセージです。
髪の毛をサンプルとして切り、プラスチック製のバッグに入れて、冷蔵庫に保存してください!
なぜなら、将来発病し、訴訟を起こしたい時に、その因果関係の証拠が無いからです。

Ditta Rietuma:年月日を記載して!

そうです。プラスチック製のジップロック・バッグで、なるべくたくさんの髪の毛を入れ、日時、名前、髪が伸びた期間の居住場所を記載し、封をして冷蔵保管することです!

-END-

*元動画: http://www.youtube.com/watch?v=rJI7bwOXOx8&feature=channel_video_title
*Behind camera Ditta Rietuma
* http://www.euradcom.org
* http://www.bsrrw.org
 


  英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

福島の子供達を守れ!サプリメントで放射性物質影響を防止 9/19 バズビー博士(日本語訳)

福島の子供達を守れ!サプリメントで放射性物質影響を防止 9/19バズビー博士(日本語訳)← 動画リンク


<日本語訳: Jo2Rayden>
*注意:この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。

*日本語概要説明: ・バズビー博士が、ストックホルムの公園で、福島の放射能汚染と日本政府の子供たちの健康問題への不誠実さを訴える。福島の子供たちは、チェルノブイリと同様の放射能汚染被害に苦しんでいる。

・日本の同志が日本で基金を設立したCBFCFは、独立した科学的専門技術を持ち、親御さんへのアドバイス、独立した被曝汚染度評価、放射性核種の阻止用サプリメントを子供へ与える方法を提供します。

・バズビー博士が専門家として提起するのは、"まず第一に子供たちを被曝していない地域へ疎開させること" です。

*Chris Busby on radioactivity displacing supplements
Busby talks here from a playground in Stockholm about the cover-up of the Fukushima contamination and the failure of the Japanese government to act for the children who are suffering the same health problems as those exposed to the Chernobyl contamination. Together with some Japanese colleagues he has set up a Foundation:
www.cbfcf.org to provide regular independent scientific expertise, to advise parents, to independently assess contamination and to give children access to radionuclide blocking supplements. His expert advice is firstly to evacuate the children to uncontaminated areas.

<ビデオ日本語訳>

福島の放射能汚染は、おそらく人類史上最悪の原発事故でしょう。
間違いなくチェルノブイリより悪い。

放射能汚染は、東京南部にも及んでおり、私は、独自に車のエアフィルターを取りよせ計測しております。
少なくとも20個の別の車のエアフィルターが、私の研究所に届き、これは東京南部のものも含みます。
多くが福島から100km以上離れた地域のものです。
このフィルターには、多量の放射性粒子が含まれていました。高レベルのセシウム134、137です。

我々は、これによりまったく疑いない結論に至りました。
福島原発から200kmもしくは200km以上距離の地域が、深刻な放射能汚染されているのです。
車のフィルターが放射性粒子を吸ったということは、人間も吸ったということです!
子供も吸ったのです!子供たちも放射能に汚染されたのです。

最近、我々は、日本政府がホール・ボディ・カウンターで計測したことを聞きました。
これは、人間が放射能計測装置に入り、どのくらいのセシウムが体内にあるか計測することです。
この結果では、セシウムのレベルは健康に影響を及ぼすほどのものでないと判定されました。

同時に私は、日本の方からの報告では、母親や子供のセシウム137の放射能汚染量は、私の同僚のユーリー・バンダジェフスキーがチェルノブイリ事故の後に、ベラルーシで計測したものと同程度の量なのです!
どう影響するかといえば、セシウムは、心臓の筋肉に溜まり、不整脈を起こし、心筋を破壊するのです。
ベラルーシでは、子供たちが心臓発作と不整脈を患っています。
もちろん、彼らは、若くして心臓病で亡くなります。
なぜなら、心臓の細胞は、復元出来なかったからです。
おそらく年1%だけが、復元出来るだけだからです。
いままで何度も述べていますが、福島原発事故で被爆した子供たちの心臓の細胞は、復元できません。

ですから、ここで2つの事が言えます。別々の視点からのものです。
日本政府の立場では、子供たちや人々のホールボディカウンターによる表面的な計測をし、セシウムの体内被曝を否定する。
この被曝量では、健康には影響がないレベルだと言う。

この見解については論争があり、まるでテニスのラリーの応酬の様に、独立の科学者が影響があると言えば、政府と原子力学者は問題がないと言う。
もちろん、本当の問題は、我々はこの事について何かしなければいけないと言うことです。

私は父親であり、7人の子供と11人の孫がおります。
私は、座視して、原子力産業を崩壊から救おうとする原子力学者と愚かな論争をするつもりはありません。
こうしている間にも、子供たちは、さらなる病と放射線にさらされている。その結果として、癌になり、心臓病になり、あらゆる病気に掛かり、死ぬこともあるでしょう。
これらの事総ては、チェルノブイリ事故後にわかった事で、別に新しい事でなく、既に何がフクシマで起るか分かっているのです。
完全に何が起るか分かっているのです!
我々は、チェルノブイリ事故後に被曝した人達の健康への影響を、同じ放射性核種で、同じ放射線量で詳しく調査しています。非常に多くの人々の調査をしたのです。
ですから、フクシマは史上最悪の原子力災害だと言っているのです。

私は、何かしなければならないと決意しました。
私は、日本にいる人達に連絡し、そして、何をすべきかとの相談を受けました。
私たちが、何かすべきと決意したなら、私は、実際に私たちが出来ることが何かあるはずだと!

まず最初に、私たちが自分で放射線を計測するのです。
なぜなら、我々は、日本政府の計測値を信じられないからです。
政府の計測値が正しいと思えない。
私は、実際に車のエアフィルターから、それ以上の放射線を計測した。政府が子供の被曝量計測をしている時です。
車が放射線を吸ったなら、同様に子供も吸ったはずです。だから、政府の発表を信じられない!これが第一点。
つまり、独立した計測調査が必要です。

第二点は、被曝した子供たちに対して、なにかしなければいけない。二つ出来ることがあります。
一つ目は、子供たちを放射能汚染された地域から、間違いなく安全な地域へ疎開させることです。

これには別の問題があります。今起こっていることは、日本政府は、フクシマの放射能汚染された瓦礫を、日本中に移送して処分しようとしているのです。
遠く離れた南日本でさえ、いまは、この瓦礫を焼却処分する候補になっているのです。
この理由の可能性として、遠隔地でも焼却処分するのは、とても皮肉的で恐ろしいのですが、理由はこうです。
子供たちが、白血病や癌や心臓病などに発症し亡くなり、その親が、政府を法廷に提訴した時、放射線に汚染され被曝したのが原因で、癌発生率が高いと言います。
他の汚染されていない地域と比べ、高い癌発生率だと言います。例えば、南日本と比べてです。
だから、私が思うのは、日本中で放射能汚染瓦礫を焼却処分しようとする計画は、日本総てを破壊し、発癌率を高め、フクシマの発癌率を他の地域と比較できないようにする為なのです。ここがみそなのです!

ですから、とにかく福島の子供たちを疎開させるべきなのです!安全な地域への疎開です。
これが我々が行いたいことです。

二つ目の我々が出来ることは、これもとても重要なことです。放射線物質を阻止することです。
我々は、セシウム、ストロンチウム90、プルトニウムや他の放射線各種で付随的に調査されていないものを阻止しようとしています。

**私は、いま、ストックホルムの公園にいて、お話ししております。ここも放射線が高い地域です。
バルト海で私が計測しました。これも別の疑問点です。**

二つ目として、子供たちの身体への放射線物質の侵入を阻止する事です。
我々は、ヨウ素剤で阻止出来ることを知っています。
ヨウ素の甲状腺への侵入を錠剤を飲むことにより防ぎますが、日本政府はやりませんでした。
別の放射性物質に対しても同様な対策が取れます。
ウラン、プルトニウム、ストロンチウム90が最も深刻で、これらの放射線各種も付随的に調査されていない。
これらの放射線各種は、ホール・ボディ・カウンターでは、計測できない。
我々は、カルシウムとマグネシウムを大量に補給することにより、ストロンチウム、ウランのDNAへの付着を防ぐことが出来ます。
これが、被曝した子供たちが一つ出来ることです。カルシウム補給の錠剤を毎日飲むことです。
我々は、放射性核種の阻止用カルシウム補給サプリメントを製造し、子供達を持つ親御さんに安価で提供致します。
これらの錠剤が、食品への侵入を防ぎます。また、別の錠剤も製造します。これは、セシウム137の侵入を防ぎます。

これらの活動の為に 「Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima」"福島の子供たちの為のクリストファー・バズビー基金" を設立します。 
すでにウェブサイトがあり、日本語です。日本にいる同僚のジェームズ・グラントが携わっています。
この組織の為に、高感度の放射線測定装置をヨーロッパとウクライナから取り寄せます。 我々が食品の放射線測定、スーパーマーケットの食品の測定もします。
我々は、日本に研究所を設立し、人々がその食品を持ちこみ、本当の放射線汚染検査が出来るように致します。

これらが、我々が日本で行うことです。みなさんも出来ることがあれば、我々にご協力いただきたい。
これは、福島の子供たちを救うためのプロジェクトです。
なぜなら、我々は、日本政府が行うことなにもが、福島の子供たちを救うことにならないと思うからです。
彼らの行っている原理は、福島の子供たちを守る事でなく、世界の原子力産業を守ることなのです。
これは恥ずべき事です!

ご清聴ありがとうございました。

-END-

*元動画:radioactivebsr より
http://www.youtube.com/watch?v=4iutbbfduAQ

   英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島 の子供たちに心臓病増加の危機! #セシウム が影響! バズビー9/11

福島の子供たちに心臓病増加の危機! セシウムが影響する! バズビー博士9/11 ← 動画リンク


<日本語訳↓:Jo2Rayden>
*注意:この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。

欧州放射線リスク委員会のクリストファー・バズビーです。福島とチェルノブイリについてお話いたします。
1.放射線リスクモデルを定義するときは、いつも癌や白血病の発生率が語られます。つまり、現在の放射線リスクモデルは、福島でもチェルノブイリでも、どのくらいの癌や白血病が発生するのかを考察するのです。
しかし、私たちは、チェルノブイリで放射線があらゆる種類の病気の原因になっているのを知っており、その中のひとつが"心臓病"です。

2.心臓病が子供に与える影響について

私の同僚ユーリー・バンダジェフスキー、彼は"ベラルーシにおけるチェルノブイリのセシウム137の子供への影響の研究"で有名ですが、90年代後半に、体重1kg当りでわずか20-30べクレルの放射線セシウム137で汚染された子供たちの心臓に、不整脈が起っていることを発見しました。
そして心臓発作を起こし亡くなっているのです。これは非常に深刻な問題です!
問題なのは、癌や白血病だけでなく、心臓の病気です。通常より高い確率で発病しています。普通は、年を取った大人しかならない病気になるのです。つまり、低線量被曝でどの様な病気を引き起こすのかなのです。
私はこの事について研究を始めました。
2-5歳の子供の心臓の大きさは、キューイくらいです。10歳の心臓の大きさは、トマトくらいです。心臓の細胞が何個あるかわかっています。心臓は、220gの重さで、血液を除くと約85gの筋肉組織があります。子供の心臓には、30億個の筋細胞が存在します。これが心臓のデータです。
どの様に検証するのかと言いますと、50ベクレルのセシウム137をこの心臓組織に入れます。1ベクレルは、毎秒の原子核崩壊の放射線量ですので、どれだけ原子核崩壊、又は、電子の形跡がセシウム137が1年間で出るかがわかります。この計算はシンプルなものですが、どれほどの多くの原子核崩壊による電子が細胞内を飛ぶか皆さんも想像できるでしょう。このセシウム137により、わずか1%の細胞が死滅するだけでも、わずか1%ですが、心臓の筋肉としては25%が失われるのです!
これは大変深刻なことです。なぜなら心臓とその筋肉は、生涯に渡り、常に鼓動をするからです。毎日7000Lの血液が身体に流れるのです。我々は70年生きるのです。この鼓動は一生続くのです。

もちろん、この壊死した細胞は普通は置き換わりますが、1年の内たった1%が置き換わるのです。特に一定数の細胞が損傷を受けると、短時間では置き変われません。セシウム137が、年間50ベクレル/kgでは、セシウムは筋肉を侵すことを実証していますし、ヨウ素は甲状腺に、ストロンチウムは骨や筋肉やDNAを攻撃します。セシウム137は、筋肉を犯します。ですから、心臓の筋肉に濃縮されるのです!

これが子供の心臓だとすると、原発事故から1年後には、セシウムはとても少量ですが、およそ25%の細胞が破壊されるでしょう。ですから、私たちは、このような影響を予想しているのです。

同様の放射線の影響は、バンダジェフスキー氏により以前予想されていました。
ある方からお聞きしたのは、福島原発事故の影響を受けた地域の子供たちが、実際に心臓発作に苦しでいるとのことです。
ですから、2つの重要な事が言えます。これは、大変重要なことです。

まず最初に、福島原発の放射線の影響を受けている地域の子供たちは、E.G.C.、つまり心電図の検査の必要があります。総ての病院が、この心電図の計測機器を持っています。この検査を行えば、心電図にその伝動の問題が表れるでしょう。

これは、バンダジェフスキー氏が、偶然発見した方法です。彼は、この報告をした後で、懲役刑を受けました!政府はその報告を信じず、世間を脅かす人物とみなした。その為、懲役刑を宣告され、実際に(8年間)数年の間、刑務所に入っていたのです。これは、アムネスティや欧州委員会、欧州議会が国際パスポートを発給して釈放されるまで続きました。25件の内1件が釈放されるだけなのです。
私は、バンダジェフスキー氏と非常に親しくし、一緒に働いています。彼は、放射線生物学モラルでのMVP賞を受賞している英雄なのです。彼は、欧州放射線リスク委員会(ECRR)レスボス宣言のあった会議で子供たちの心臓病が増加していることを報告書で提出していたのです。

ですから、子供たちは、心電図の計測機で、心臓の電気信号に問題があるか計測すべきです。

「疎開については?」

ええ、もちろん、その様な地域からは退避すべきです。
もし、子供たちのなかの誰かに心臓の問題が出た場合は、総ての子供たちが疎開すべきです!
なぜなら、それはセシウム137が、心臓の筋肉をに影響があったことを臨床的に証明したという意味だからです。
心臓は、修復できません。心臓病は、修復できないのです。
子供たちは、心臓病に恐ろしく苦しみ、若くして亡くなるでしょう。

2番目の重要な点は、もし、あなたが心臓発作や心臓病で亡くなっても、あなたは癌では死なない。なぜなら、癌は年を取った人達の病気だからです。遺伝的ダメージが、年を取るにつれてどんどん大きくなり、そして癌になるのです。年齢が高くなれば、発がん率も上がっていくのです。

心臓への影響は、もっと劇的に早く現れます!
福島のように放射能で汚染された地域では、癌の発生率は極端に伸びる事はないでしょうが、心臓病の大きな増加がみられるでしょう!
実際に、ベラルーシでは、癌の増加と、心臓病の極端な増加が見られます。心臓病の極端な増加です!

その結果として、ベラルーシ共和国の人口統計指数をみると、チェルノブイリ事故後に人口増加が極端に減少しています。現在は、その悪影響が出ているのです。
実際、このまま行くとベラルーシの人口は無くなってしまうのです。
そして、これが福島でも起ることだと予想されるのです。
ですから、私は何度も警告するのです。心臓病と心臓発作について注視を始めて、子供たちをその地域から一刻も早く退避させるべきです!

これは極めて簡潔な計算で、既に計算済ですので、報告書を作成してインターネットで近々発表する予定です。

又、欧州放射線リスク委員会では、バンダジェフスキー氏のレスボス会議での報告書もウェブ上で見ることも可能です。
欧州放射線リスク委員会のウェブ・アドレスは、www.euradcom.org です。

ご視聴どうもありがとうございました。

-END-

* 元動画UP: radioactivebsr
*バルト海諸国放射線監視機構: http://www.BSRRW.org Ditta Rietuma behind camera

* 欧州放射線リスク委員会 ECRR: http://www.euradcom.org

* 福島原発のウラン含む放射性粒子が日本から1000km以上越えた国々で検出 バズビー博士報告書原書/Fukusima Uranium particles in air filters 1000s of km from Japan. Pr C. Busby
http://www.bsrrw.org/wp-content/uploads/2011/04/fukuparticles2-final-20.04.2011.pdf

*ユーリー・バンダジェフスキーについて:
In 1996, he was awarded the Gold Star of Albert Sweizer in Poland the Ministry of Health.
セシウムが多くの病気の原因になる事を報告した後で、1999年にベラルーシで汚職の罪で不当逮捕され、8年の懲役刑判決を受け投獄される。アムネスティや欧州議会等が政­治犯としての不当逮捕を問題化した為、2005年8月5日にやっと釈放される。
→英文出典:http://www.chernobyl-international.org/galina.html
重要点英文抜粋:The conclusion was that the human body will accumulate radioactive elements such as caesium 137 over a long period of time.
Yury proved that a contamination level of as little as 50 becquerels of radioactivity per kilo body weight could cause serious health problems to a child.

*セシウムの影響の報告書(日本語)リンク:
http://hibaku.blogspot.com/2011/08/blog-post_17.html
*参考資料:欧州放射線リスク委員会(ECRR)レスボス宣言:
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/hiroshima_nagasaki/fukushima/ECRR_resbos2009.html



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 




英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

福島原発メルトダウンで最悪の放射能汚染地帯! バズビー教授 5/17

福島原発メルトダウンで最悪の放射能汚染地帯! 5/17バズビー教授(字幕)Busby Fukushima reactors a raging radioactive inferno.Russia Today 2011/05/17より。←動画リンク


<日本語要約:Jo2Rayden>
*注意:この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。

1)Q.福島原発1号機のメルトダウンを東電は認めました。2・3号機も同様な現象だと言われています。欧州放射線リスク委員会(European Committee on Radiation Risk, ECRR)のDr.クリストファー・バズビーに質問したく思います。 メルトダウンは、福島での最悪の想定でしたが、実際におこりました。どのような意味があるのでしょう?

A.メルトダウンとは、原子炉内の核燃料が超高温になり、溶解し、圧力容器内に溶け落ちることです。実際は、福島原発はメルトダウンにより、核燃料の一部は圧力容器から落­ち、格納容器の底に溜まっているでしょう。
私の見立ては更に悪く、各種放射性元素データーなどから、核燃料臨界爆発があったと断定出来る。東京でも各種放射性元素が確認済み。非常に深刻な事態です。

2)Q.福島の作業員は二カ月もの間、被曝しながら対処していますが、もっと早く終息出来る方法はないのでしょうか?

A. 被曝リスクの危機は長期間になるでしょう。しかし今まで通り作業すべきです。短縮させるこれ以上の方法はないです。彼らの英雄的作業で解決するしかないでしょう。
以前の大量の放射能の放出はなくなりましたが、まだ、新しい放射能は発生し続けています。いまだに放射性元素が確認されるのでそれがわかります。まだ、終わったわけではな­いのです。

3)Q. 東電の深刻度の評価はすべて間違っていましたし、日本政府が全面的に対処すべきではないですか?

A. いや、東電は事故深刻度の評価ミスなどしていません。最初から総てを誤魔化そうと隠していたのです。問題は、それを評価する他の専門家が十分いなかったのです。事故発生当­初から、それをアドバイスする専門家がいなかったことです。もちろん、政府が総てコントロールしていくべきですが、原発は制御不能状態なのです。これは、日本政府だけでな­く全世界の問題なのです。現地点では、政府と日本人が対処しなくてはなりません。

4)Q. 九か月でこれを終息させる計画ですが、本当に現実的な日程計画なのですか?

A. まったく現実離れした終息日程計画です。現在のところ打てる良案は考えにくいです。世界への放射性物質の拡散は、ここ英国ウェールズでも観測されています。原子炉建屋を覆­うドーム(チェルノブイリの石棺)のようなものを作る必要があります。そうすれば、放射性物質はそのドーム格納建屋の内部に収まり、外部に出ることはなくなるでしょう。

司会者:"欧州放射線リスク委員会(European Committee on Radiation Risk, ECRR)のDr.クリストファー・バズビーでした。ありがとうございました。"

-END-

There are signs that two further reactors at Japan's troubled Fukushima plant may have gone into meltdown. Similar problems were earlier confirmed at the number one reactor. Its operators are suspected of failing to properly cool them after the earthquake. RT gets some insight on this from Professor Christopher Busby, who's from the European Committee on Radiation Risks.



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

#福島原発 70km圏外退避すべき! 米英も原発事故過去に隠蔽! バズビー博士4/26

福島原発70km圏外退避すべき! 米英も原発事故過去に隠蔽!4/26バズビー(字幕)*下記リンク
http://www.youtube.com/watch?v=jW2Oe2S2oqU

ロシアTV報道より(日本語字幕);英国クリストファー・バズビー教授
"避難圏70キロに拡大を!" "福島原発3号機はおそらく核爆発かも"*転載


【参考】英国の世界初の原発放射能漏れ事故隠し
ウィンズケール (wikipediaより)
1947年、核兵器の材料となるプルトニウムの生産を行うため、ウィンズケール原子力研究所が着工された。近くにあるプレストン市のウラン処理工場 Springfields と名前が似ていることから、混乱を避けるためにセラフィールドではなくウィンズケール (Windscale) の名前を採用した。こちらも付近の村の名前に由来する。
1954年、英国原子力エネルギー機構 (UKAEA: United Kingdom Atomic Energy Authority、現在は AEA Technology plc.) が設立されるとともに、ウィンズケール原子力研究所より所有権が移動された。
1956年10月17日、ウィンズケールに隣接するコールダーホール原子力発電所が、マグノックス炉の方式で世界初の商用発電を開始し、名称も「ウィンズケール・アンド・­コールダー研究所」 (Windscale and Calder Works) となった。なお、世界初の原子力発電所は旧ソビエト連邦のオブニンスク発電所である。
1957年10月10日、ウィンズケール火災事故が起きる。この事故は世界初の原子炉重大事故となった。英国北西部の軍事用プルトニウムを生産するウィンズケール原子力工­場(現セラフィールド核燃料再処理工場)の原子炉2基の炉心で黒鉛(炭素製)減速材の過熱により火災が発生、16時間燃え続け、多量の放射性物質を外部に放出した。避難命­令が出なかったため、地元住民は一生許容線量の10倍の放射線を受け、数十人がその後、白血病で死亡した。現在の所、白血病発生率は全国平均の3倍である。当時のマクミラ­ン政権が極秘にしていたが、30年後に公開された。なお、現在でも危険な状態にある。2万キュリーのヨウ素131が工場周辺500平方キロを汚染し、ヨウ素(ヨード)の危­険性を知らせたことで有名である。また水蒸気爆発のおそれから、注水に手間取った。
*注釈:米国は、英国で開発した核兵器用濃縮ウランを買取る契約をしていた為、両国でこの事故を30年間隠蔽するよう密約。

★バズビー博士の経歴:科学者(放射線の研究者)=>注意:原子力技術者ではないと思います。核爆発という発言は、他の研究者の見解の引用ではないか?
* wikipediaよりの経歴:
Christopher Busby (born 1 September 1945) is a British scientist known for his controversial theories about the negative health effects of very low-dose ionising radiation. Busby is the director of Green Audit, an environmental consultancy agency,and scientific advisor to the Low Level Radiation Campaign (LLRC) which he set up in 1995. Busby is a visiting professor at the University of Ulster. Busby was the National Speaker on Science and Technology for the Green Party of England and Wales.


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島原発 100km圏の40万人がん発症可能性有!バスビー教授 4/13

バスビー博士:福島原発から100km圏内40万人が癌発症の可能性懸念4/13 ( 日本語訳:Jo2Rayden ) ロシア・トゥデイより。*レベル7引き上げ発表直後の英国ウェールズの大学のバズビー博士へのインタビュー ←動画リンク



*注意:この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。

Q.(司会)なぜ東電の原発事故対応はゆっくりとしているのでしょうか?
A. (Busby) 前にも申しましたが、この原発事故はだれもが考えていた状態よりもっと悪いからです。
大きな問題のひとつは、誰も原子炉に近づけないことです。いまだに多量の放射性物質を作り出していることです。多くの原子炉の核燃料が溶融し漏れている。この環境では、電­子機器・機械が動けません。なぜならマイクロチップが、過剰な放射線レベルだと影響を受け可動しなくなるからです。

Q. レベル7になりましたが、なぜ事故評価を最大のレベル7に上げたのでしょうか?
A. チェルノブイリ原発事故災害の歴史を振り返ってみますと、今回とまったく同じ道筋をたどってきていました。当局は、なるべく事故を小さく見せようとしてきました。一方で、­当局はその事故の重大さを信じられなかった。心理的にそれを拒否していた。
また、我々は、原子力企業、関係組織は、非常に政治的に強力なロビーストなのを知っています。背景には、原子力開発、ウラン採掘関連企業などでとてつもなく巨額なマネーが­動いているのです。彼らにとって、今回の様な事故がレベル7の大災害になっていることをまったく認めたくなかったのです。
私にとって衝撃的だったのは、彼らの反応が犯罪的なまでに、過小評価の発表だったことです。仮にダメージの深刻さを認めていれば、放射性物質と放射能被害を減らすことが出­来たのです。

Q. あなたの得ている情報では、現在どんな状況なのでしょうか?日本政府はどうすべきなのでしょうか?
A. 非常に深刻な放射能汚染地域が少なくとも100km圏にあります。それより少ない放射能汚染地帯が200km圏にあります。
重大な汚染地帯が東京にあります。東京の南部地域でもです。
ベルリンから帰国後、私が過去2週間に計算したのは、欧州放射線リスク委員会(European Committee on Radiation Risk, ECRR) の放射線リスク・モデルを基礎としています。 福島原発中心とした200km圏内(半径100km)の人々がもし移住しなければ、400,000人が癌になる可能性があります。(福島原発から半径100km圏に)78­0万人がこの圏内に住んでいます。



Q. なぜこのような重大な警鐘が大きく取り上げられないのでしょうか?
A. 私の健康影響の計算基礎は、チェルノブイリ原発事故からのものです。私は、ベルリンで、多くのチェルノブイリ原発事故の研究者とその影響について話しました。そして、福島­原発事故による癌発生数の計算予測が出来ました。
海洋放射能汚染による魚介類への放射能濃縮です。これはとんでもない災害です。とにかく、これは私の計算予測です。以前も私は予測しましたが、覚えていますか、正­しかったでしょう。

Q. 確かに。
A. これが今回の私の予測です。

Q. 警戒区域、計画的避難地区の人達は、どうなのですか?彼らは、帰還出来るようになるのでしょうか?
A. いいえ、無理でしょうね。チェルノブイリ原発事故の放射線管理区域の無人地帯のようになるでしょう。いつか戻っていけるなど、誰も信じないでしょう。
東京の知人が言っていましたが、福島地方では巨大な激怒が起こっており、この事故の情報がとても遅く、非常に難しい対応を迫られています。ましては、いくつかの提供された­情報が間違っています。
我々は、IAEAが出す情報を精査しなければなりません。実際、汚染地帯のデーターが間違っています。

(司会者)放射線リスクの専門家のクリストファー・バズビー博士でした。ありがとうございました。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
254位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR