黒い物質 #福島 #原発 濃縮 #核 燃料破片を子供が吸引☆字幕☆Kids Ingesting #Fukushima #Nuke Fuel rods?

子供達が福島原発核燃料の微細破片を自然吸引か!? 黒い物質「不燃の濃縮核燃料も含まれる」 Japan kids ingesting pieces of Fukushima fuel rods? Mystery black substance "very likely contains concentrated unburned nuclear fuel":
Jul10,2013 < 日本語訳・字幕↓:Jo2Rayden > 


http://fairewinds.org/podcast/japans-black-dust-with-marco-kaltofen

* Marco Kaltofen's Report: Radiological Analysis of Namie Street Dust 科学者マルコ・カルトフェン氏の浪江町サンプル分析結果☞http://ja.scribd.com/doc/152720091/Radiological-Analysis-of-Namie-Street-Dust

*ボストン・ケミカル・データ社の社長で、Worcester Polytechnic Institute大学の博士過程の研究者のマルコ・カルトフェン氏をお呼びいたしま­した。

マルコ・カルトフェン: この物質に関して異質なのは、私たちが今までに取得した土と埃­のサンプルの多くと異なり、この物質には真の均一性があります。単一物質です。鉱物粒­子、死んだ昆虫断片や植物の混合物ではありません。顕微鏡でそれを見ると、これは実際­は非常に均質で一定です。また、これは周辺土壌のようには見えません。また、私たちが­福島第一原発周辺から取得した他の土や埃のサンプルより、これは遥に激しい放射性があ­ります。したがって、この物質は異なります。これは自然土壌ではありません。何か異常­な事が起きている物質なのです。
サンプルには、かなり高レベルのラジウム226がありました。これは私たちがよく見聞­きする放射性物質ではありません。ラジウム226には、サンプル中の放射性セシウムと­ほぼ同じくらい放射能があります。ラジウム226は、ウランが崩壊した物質で、私たち­は、実際に直接ウランを検知することはできません。
ラジウム226は、元のウラニウムより遥に激しい放射性があります。また、このデータ­より、この粒子は原子炉からの核分裂物質を含むだけでなく、不燃焼の濃縮核燃料も含ん­でいる可能性が高い。これは異常なことです。
この方のサンプルには、今までの埃や土の我々のサンプル中で、最高レベルのウラン娘核­種がありました。私たちは、実際に、ずっと破損した核燃料束の内部の物質を検査してき­ています。


Gundersen: なるほど。それを聞くと、私には、これは原子炉格納容器が破壊されたという明らかな証­拠です。私が黒い物質と聞くと、類似の藻類か菌類のようなものだと考えてしまいます。­しかし、あなたは、これが有機物ではないと言います。本当ですか?

マルコ・カルトフェン:いいえ。これは有機物ではありません。非常に小さな粒子の混合­物で、集合したものです。黒い外観です。恐らく、光学的錯覚ではありません。しかし、­粒子サイズの光学の影響とともに連結したものです。

「この粒子は、人々が被曝または吸引するのに十分な重さですか?」

間違いなく、それを吸引するでしょう。現在、人々は、吸引の危険がとても高いでしょう­。また、通常、子どもと農業従事者が、その危険にさらされる対象になる傾向にあります­。子どもは、(汚れた)手で口を触る為、平均1日当たり100から200ミリグラムの土­を吸引します。ですから、真剣に考慮すべきことなのです。
-END-


* ラジウム226:天然で、ウラン‐238(238U、44.8億年)が崩壊を続けて生じる。
ラジウムはカルシウムと似た性質をもつ。体内に入ると、骨内部に不均一に分布する。体内に取り込まれたものの中で、骨に集まる分の比率は低いが、骨に入れば長く残留する。崩壊生成物が放出するアルファ線による内部被曝が問題になる。
ラジウム224、226、228は WHO の下部機関 IARC より発癌性があると (Type1) 勧告されている。 http://www.cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/17.html

* titaniumチタン:原子炉を冷やすために海水が使われることが多く、耐食性の強いチタンが給排水管、腹水器などに使用する

* thoriumトリウム :放射性金属元素; 記号 Th.

* dysprosiumジスプロシウム:中性子吸収断面積が大きいので原子炉の制御用材料として利用される(→鉛または鉛、ガドリニウムとの合金)。

* yttriumイットリウム:ウラン核分裂反応の主要な生成物である。核廃棄物管理の観点で重要な同位体は、半減期58.51日の91Yと半減期64時間の90Yである。90Yは短い半減期を持ちながら、親核種のストロンチウム90 (90Sr) の半減期が29年と長いため永続平衡(英語版)状態になる。
イットリウムはほとんどの希土類鉱石に含まれ、いくつかのウラン鉱石にも含まれるが、単体は自然界に存在しない。
生理活性物質ではないが、その化合物は人間の肺に害をおよぼす。
ヒトがイットリウム化合物に曝されると肺疾患の原因となる可能性がある。バナジン酸イットリウムユウロピウムの粉塵に曝された労働者の目、肌、呼吸器に軽度の炎症が見つかった例があるが、これはイットリウムではなくバナジウムの影響による可能性もある。イットリウム化合物に急激に曝されると、息切れ、咳、胸痛、チアノーゼが起こることがある。アメリカ国立労働安全衛生研究所 (NIOSH) では、許容曝露濃度 (PEL) は 1 mg/m3、生命と健康に対する危険性 (IDLH) は500 mg/m3 を推奨している。


*Marco Kaltofen, President at Boston Chemical Data Corp. & Doctoral student researcher at Worcester Polytechnic Institute: [...] We kept hearing reports about something unusual, a black dust [...] we finally got a very small sample of that [...]
* What's different about this material is unlike a lot of the soil and dust samples we've gotten, there's a real uniformity to this stuff. It's a single substance. It's not a mix of mineral particles and pieces of dead bugs and plant matter and dust particles. It's actually very homogenous and uniform when you look at it under the microscope. And it doesn't look like the surrounding soils. And it is much more intensely radioactive than any other soil or dust sample we've gotten from around Fukushima Daiichi. So this material is different. It's not a natural soil. There's something unusual happening with this stuff. [...]
* The sample had fairly high levels of radium 226. Now that's not a radioisotope that we hear as much about. The radium 226 has almost as much activity as the radioactive Cesium in the sample. Radium 226 is a degradation product of uranium and we can't really detect the uranium directly. [...] Radium 226 which is much more intensely radioactive than the original uranium. And this tells me that this particle contains not only fission waste products from the reactor but very likely contains a concentrated unburned nuclear fuel. And that's unusual. This sample had by far the highest level of uranium daughters that we've seen in a dust or soil sample. We're actually seeing material that might well have come from inside a failed fuel assembly.
* Arnie Gundersen, Fairewinds' Chief Engineer: Okay. When I hear that, that's clear evidence that the containment was breached. The interesting thing to me is that when I hear black, I think of like algae or fungi or something like that. But you're saying this is not an organic substance. Is that right?
*Kaltofen: No. It's not an organic substance. It's a mixture of very small particles and just the way they aggregate gives it the appearance of being black, but it's -- it probably -- I won't say optical illusion, but it's an optical effect of the size of the particles and the way they're joined together. [...]
* Fairewinds: Are these particles light enough for people to ingest them or breathe them in?
*Kaltofen: Well, certainly they could be ingested [...] right now I would say they're much more an ingestion hazard. And that usually tends to target children and agricultural workers. [...] A child on average consumes between 100 and 200 milligrams of soil a day because of hand-to-mouth activity. So that's something to really think about. 英会話スクールWILL Square
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

FoodStandard100Bq/Kg mean #NUKE WASTE!食品基準100Bq/Kgは #原発 廃棄物と同等! #Japan MP

Food Standard 100Bq/Kg mean #NUKE WASTE!食品基準100Bq/Kgは原発の放射性廃棄物と同等!山本太郎・参議院議員 #Japan MP on TV
<Translation & Subtitle↓: Jo2Rayden *書起し>


*Mr.Masaaki Harukawa(Yomiuri TV, press description vice chairman):
I would like to ask you besides that nuclear power plant, and to say one regarding a nuclear power plant.
I went to hear in Kitasenju Tokyo that you were addressing the last day of Upper House election.One of the Mr. Yamamoto's utterances worried me. You told even now.
The commercial broadcasting TV, Your remark that a true thing cannot be said at all due to sponsors, You are completely wrong! At the spot of news, even commercial broadcasting does not care about a sponsor's thing, either, but is broadcasting and covering.
I would like to obtain your view anew too.

*Taro Yamamoto, MP:
Excuse me, how long can I talk? "It’s about 1 minute."
I can talk about 1 minute. All right!
You mentioned that commercial TV is not influenced by sponsors.But, I am hearing it from various lines also. I could not appear on TV too. Now, depression-time, Commercial broadcasting does not want to lose commercials. I think, it certainly has the influence.
Because, for example, food safety standard is 100 Bq/Kg. This is our food safety standards which this country gave to everybody.
It is not transmitted from television, 100Bq/Kg is equivalent to radioactive waste!
There is taboo of radiation exposure matter!
This is caring more! Because, it is our life-threatening.

Mr.Miyane: Time is running out. We expect information dissemination from Mr. Yamamoto in Parliament. Please do your best.

Yamamoto MP.: Thank you. Please take me out to your program again(*^_^*)


宮根氏:春川さん、何かお聞きになりたいことは?

春川正明(讀賣テレビ放送報道局解説副委員長):
あの原発以外にもお聞きしたいんですけど、原発の件でひとつ言っておくと、私は北千住で、最後の日に、演説されているのを聞きに行かせていただいたんですけども、山本さんがおっしゃっる中で、ひとつ気になっていたのは、いまもおっしゃってましたけど。
その民放のテレビがね。あのー、スポンサーの関係で全然、ほんとの事が言えないというのは、それは全然間違ってまして。
あのー、ニュースの現場では、民放であろうとスポンサーのことは気にせず放送して、取材してるわけですよ。そこをやっぱり、ちょっと見解を改めていただきたいということ。
あの国会活動中での原発の割合はどれぐらいの感じでやって行かれる予定なんですか?やっぱ、原発一本でやられるんですかね?


山本太郎参議院議員:
ごめんなさい、あとどれくらいしゃべれますか?
「1分くらいです。」1分くらいしゃべれる。わかりました。
先ほどのスポンサーに影響されないと言う話ですけど、それは、僕、いろんな筋からも聞いていて、僕自身出れなかったこととかもありますので。
やっぱり今、不況の時代に、やっぱりあの、このコマーシャルなくしたくないという部分がある。
で、やっぱそこの影響は確実にあるものだと思います。

というのは、例えば食品の安全基準1キロ当たり100ベクレル。これ、みんなに、この国が与えた僕たちの食品の安全基準ですよね。
その内容というのが、"1キロ当たり100ベクレルは、放射性廃棄物と同等だ" ということは、テレビからは伝わってないですよね!
この被曝ってことに対してタブーがある!
これは、もっと気にしていいことなんですよ!僕たちの命にかかわることなんだから。

宮根:このあともちょっとつなげてみます。
山本さん、時間が無くなってきたんですが、国会で情報発信、期待してますので、頑張ってください。

山本議員:ありがとうございます。これに懲りず出してくださいね(*^_^*)
-END of Part 2/2-


英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

MediaBrainwash #Fukushima #Nuke! TaroYamamoto #原発 村とマスコミ一体で洗脳! 山本太郎・参議院議員

Media Brainwash to Fukushima Nuke Accidents!Taro Yamamoto
原発村とメディア一体で洗脳! 山本太郎参議院議員
<Translation↓: Jo2Rayden *日本語書き起こし>


Mr.Miyane:
Mr. Yamamoto, you became Councilors. I think, I'd like you to say,Children of the future are put up with for the time being.Even, if it is pitch-black night. And, it may not be convenient. Instead, should we live safely? Since Japan becomes such countries, what should we do?
Mr.Taro Yamamoto, New Counsilor :
I see. Probably, media do not say, there is enough electric power.As a reason for moving a nuclear power plant, it is not an electric power problem.The nuclear power reactor fadeout is already possible.Only 2 nuclear reactors are moving, out of 54 in Japan all. These are Ohi No. 3 & 4 nuclear power reactors. There may be an active fault is running under the plants.In this situation, They say, it was electric situation and power problem at first, then moved it. But when summer finished, the power supply remained 20%. Then, what was it, after all? I think,it is because of manager's mentality. He does not want to go bankrupt in his generation. He does not want to take out a large deficit by himself. It will be troubled if managed by such a mentality. Because, it is completely unknown how influential by nuclear accident. What has happened in the present nuclear accidents? Government is going to return people to a 20-km evacuation zone again. They want people to return there. There is called decontamination which has rights-ized already. Decontamination was carried out, they want people to return. Politicians, Economic Organizations and Medias is united. They are doing imprinting(Brainwash) rapidly, say, "Fukushima nuclear crisis was not really big thing!" Because, they make a profit together.

Mr.Miyane :
Mr.Yamamoto, there is also problem of the economy and nuclear power. The other hand, serious damage came out of the nuclear power plant. Therefore, we will stop a nuclear power plant. Extreme talk, instead, "Let's return to Edo Dynasty(19th Century)Life?" No, if various things go, does it arrange? Would you carry out the talk?

Mr.Yamamoto: After all, this imprinting(Brainwash) is the most dreadful! in which Mr.Miyane has just used the word!

Mr.Miyane: Me think what's gonna be happened♪

Mr.Yamamoto:
No! So, this is the most problem! They say, we return to Edo Dinasty(19th Century). However, Prof. Kishi said now, there is enough electric power definitely. For example, it is a problem of fuel supply. Why do we import it such a high price? There is way called the fully distributed cost method, which is, if electric power companies waste money,they can add 3% on the cost will be profits of them. Moreover, they only do rough price negotiation. They can add profits to the seller's price.


宮根氏:
山本さん、国会議員になられたので、未来の子どもたちにしばらくは我慢して、もう夜真っ暗でもいいやないかと、そない便利じゃなくてもいいやないか。その代わり、安全に生きるべきなのか、いや、日本という国はこういう国になっていくために、どうしたらいいのかっていう、ところまで僕しゃべって欲しいと思うんですよ。

山本太郎・参議院議員:
なるほど。おそらく、メディアでよく言われているのは電力が足りていると言うことは一切言われていないということですね。原発を動かす理由として電力問題ということではないということです。すでにもう脱原発は出来ているわけですよね。54機あった原発のうち全国で動いてるの、たったの2機ですよ。これ、大飯原発3号機4号機。その下には活断層のおそれのあるものが走っていると。で、この状況、最初は電気の状況、電力の問題だったと言うことで動かされた。
でも結局夏が終われば20%、それが余ることになった。で、結局なんだったんだ?それも経営者のメンタリティーだと思うんです。自分の代で倒産したくない。自分の代で大赤字を食いたくないって、そういうメンタリティーで経営された困るんですよ。というのは原子力の事故によって、どれくらいの影響があるかっていうのはそれこそ未知数。それ、事故に、現在事故でどうなっているか。ね、20キロ圏内にまた人々を帰還さそうとしている。これ、帰れるってことにしなきゃ。
除染という作業もありますけれども、これは結局利権化していて、その除染ってことで人を帰していきました、と言うことにしていかないと、どんどんあの事故は、大したことはなかったんだ、と言うすり込みが。やはり、この政界とそれから経済会とそれからマスコミが、これ一体になっているんですね。利益が1つだから。


宮根氏:
あの山本さん、このあたりでやっぱりその経済との問題もある。それから原発。まあ、あれだけの大変な被害が、出た部分がある。じゃ、原発はもうやめよう。その代わり、極端な話、江戸時代の暮らしに戻しましょうなのか。や、いろんなんことっていきゃーいけるのか。そのへんの話をちょっとしてもらわんとね。

山本議員:やっぱり、その刷り込みが一番怖いですよ。宮根さんが今、言われている言葉が。


宮根氏:僕らずっとそんなんやと思ってるもん♪

山本議員:いや、だからそれが一番問題なんですよ。こういう江戸時代に戻るんじゃないか、って話になってますけど、今、岸さんが言われていたじゃないすか。電力は足りていると言うとことは確かだと。
例えばその調達の問題ですよね。どうしてこれだけ、あの高い値段で輸入しないといけなくなるのか?それはやっぱ、総括原価方式と言うのがあって、電力会社がお金を無駄遣いすればするほど、それに3%上乗せしたものが、電力会社の利益になるというやり方があるわけですから、それに値段交渉も、7そこまでざっくりしかしないですよね。いい値で言われた方が、逆にそれに上乗せできるんだから。
-END of Part 1/2 -


    英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

#Ohi #Nuke Plant on ActiveFault!? (English translation) 直下地震なら #Meltdown 大爆発 #大飯原発 #活断層 !? 6/14 TV Asahi

Ohi Nuclear Plant on Active Fault!? 直下地震ならMeltdown 大爆発!大飯原発直下に活断層!? 2012/06/14 from TV Asahi



** Translation & Subtitle: Jo2Rayden **



安全性に疑問を呈する専門家もいる。
大飯原発の直下に活断層がある可能性を指摘したのだ。
Some experts questioned its safety.
He pointed out that there may be a active fault beneath the Ohi Nuclear Plant.

渡辺 満久教授:
岩盤がだいたい50cmくらい、ずれているんですよ。これだけずれていると言うことは、新しい時代に動いたと言うことを意味します。
Professor Watanabe:
Bedrock is skewed approximately 50cm long.It has shifted for long length, which means it has moved in a new era.

この指摘に、原子力安全保安院は?
Nuclear Safety answer this pointed out?

原子力安全保安院:活動性はないというふうに、これまで判断してきております。
Nuclear Safety:We have determined there is no activity so far.

活断層ではないとする原子力安全保安委。
Nuclear Safety say“That is not the active fault”.

渡辺教授の指摘はどのようなものなのか?
Professor Watanabe pointed out that what look like?

今回、大飯原発に活断層がある可能性を指摘したのは、東洋大学の渡辺 満久教授。名古屋大学の鈴木康弘教授と共に資料を精査した。島根原発の周辺や敦賀原発の敷地内の活断層について調査、原子力関連施設と活断層について検証を進めてきた専門家だ。
This time, it was pointed out that there may be Active Faults under Ohi Nuclear Plant by Professor Mitsuhisa Watanabe of Toyo University.He was reviewing the material with Professor Yasuhiro Suzuki of Nagoya University.They investigated Active Faults in grounds of Tsuruga Nuclear Plant and around Shimane Nuclear Plant, He is experts examining nuclear facilities and Active Faults.

Q.大飯原発のどこを通るどういう活断層なんでしょうか?
Q.Where and what kind of Active Fault through at Ohi Nuclear Plant ground does have?

渡辺 満久教授:
大飯原発の1号2号3号4号炉ですけど、2号炉と3号炉の間にあるF-6とういう断層ですね。この敷地内にあるF-6とういう断層が、活断層である可能性があるということです。
Professor Watanabe:
Regarding Ohi Nuclear reactors No.1,2,3,4, Fault party F-6 is located between No. 2 and 3 reactors.F-6 fault located in this site may be the Active Faults.

渡辺教授が指摘したのは、大飯原発の中央を南北に走る長さ九百メートルのF6と呼ばれる断層。
Professor Watanabe has been pointed out. Fault called F6 of 900 meters length running north-south through the center of Ohi Nuclear Plant.

渡辺 満久教授:盛んに大丈夫ですという証拠にされているのが、こちら側のスケッチです。南側です。
Professor Watanabe: The evidence that they actively OK is a sketch of this side.South side.

この断層について、関西電力は、これまで岩盤がずれていないので活断層ではないとしてきたが、渡辺教授の見方は違う。
Kansai Electric Power Co. previously determine this fault is not Active Fault, because of bedrock is not shifted.However, the view of Professor Watanabe is different.

渡辺 満久教授:反対側のスケッチですね。北側ですね。これはおかしいじゃないかと!
Professor Watanabe: It is a sketch of the opposite side. It is north.This is strange!

渡辺教授が、原発の設置許可申請書を精査して確認にしたのが、原発北側の岩盤のスケッチ。
Pr. Watanabe confirmed the bedrock of the northern nuclear power plant after inspecting the installation of nuclear power plant license application.

渡辺 満久教授:
岩盤がだいたい50cmくらいずれているんですよ。その上にのっている砂利の層がですね。ほぼ同じくらいの50cmぐらいずれているので、砂利層がたまった後に、F-6が動いたように見えるということですね。
Professor Watanabe:
Bedrock is shifted roughly 50cm.A layer of gravel riding on it is shifted about 50cm.After the gravel layer has accumulated, looks like F-6 has moved.

渡辺教授は、岩盤と上に積もった茶色の砂利の層が同じ量だけずれているので、比較的新しい時代にこの断層が動いたのではないか? つまり、活断層の可能性があると指摘する。さらに、F-6以外にも、原子炉の真下には、小さな断層が10本ほどあるという。
Professor Watanabe pointed out, Bedrock and brown layer of gravel piled on is shifted by the same amount.It might be this fault has moved in a new era. In other words, there is a possibility of Active Faults.Furthermore, in addition to F-6, there are about 10 small faults beneath the reactor.

渡辺 満久教授:1号炉2号炉3号炉4号炉、全部真下にあるわけですよ。こういうのもひょっとしたら活断層でないのかとそういう疑いがあるということです。原子炉本体は相当頑丈に造っているかもしれませんけども、建屋が壊れたら配管が全部切れてしまいますので、もしその原子炉直下のものが動いたら相当甚大な被害が発生すると思わざるを得ないですね。その危険性があるので、ちゃんと調査して下さいと申し上げている。安全が確認されたものは再稼働していいと思ってるんです。ところが、これは確認されていない。まず、だから、ここへ行っていただいて調査をして、確かに活断層ではないんだということを私たちに示してくれればいい。

Professor Watanabe:
It located underneath of Unit 1 Unit 2 Unit 3 Unit 4 all,in which there is possible of active faults we suspect.The reactor itself might be made ​​equivalent sturdy. But, if the building break, it will lose all piping.We are not forced to think that serious damage will occur considerable, if the faults beneath reactors move.We have been telling them, there is a risk, so, please properly evaluated it.
If the reactor confirmed safety can be running again, I believe. However, this has not been confirmed.
First of all, they would go to investigate at there. Then, just shows us, it's certainly not the Active Fault.

大飯原発の下に活断層があるのではないかという渡辺教授の指摘について、原子炉の構造に詳しい、原子炉・格納容器の設計者、後藤政志氏は、
Regarding Pr.Watanabe pointed out that there may be an active fault under the Ohi Nuclear Plant, Masashi Goto, reactor designer, familiar with reactor structure,

後藤政志氏:
大きくな力がかかると建物自体が壊れる可能性がある。あるいは壊れなくても傾く。一番心配なのは制御棒が入らなくなること。もし制御棒が入らなないと核反応が止まりませんから、そのまま、普通にメルトダウンではなくチェルノブイリ型になる。爆発を起こして。これは活断層ではないと言いきれないとだめなんです。そうでないとプラント側としてはとても許容できません。
Masashi Goto:
The building itself may be corrupted when a large force is applied.If it is not broken, it will lean.The most worrying is no longer fit the control rod.If the control rod is not turned on, nuclear reaction does not stop.Then, it becomes a Chernobyl type meltdown rather than normally,Causing the explosion!
It has to be called “This is not an active fault.” Otherwise, as the plant company is not acceptable.



国の指針でも地震で動く活断層の真上に原子炉を建ててはならないとされている。
In the national guidelines also determine “Do not build a nuclear reactor just above the active fault moves in an earthquake.”

渡辺教授の指摘に対して、関西電力はわれわれの取材にこう答えた。
Regarding Pr. Watanabe’s pointed out,Kansai Electric Power Co. replied to our coverage.

関西電力:
同社は3、4号機増設時の1982年の調査や2006年の耐震性再評価でも、この断層が少なくとも活断層と断定できる時期に動いていません。この結果は、国にも確認いただいています。
Kansai Electric Power Co.:
When the expansion of Units 3 and 4,our company had also re-evaluation of seismic safety survey in 1982 and 2006, We have been evaluated that this fault is not running at least period of Active Faults can be concluded.This result is also confirmed by the Japan government.

原子力安全保安院は、渡辺教授の指摘する活断層の可能性について、どう考えているのか?おおい町にある緊急事態に対応する際の重要拠点オフサイトセンターを訪ねた。
How does the Nuclear Safety think regarding the possibility of Active Faults pointed out by Pr. Watanabe? We visited the importance of off-site center located in Ohi town when responding to emergencies.

大飯町にある原発の緊急事態に対応する重要拠点であるオフサイトセンター
Off-site center of the important base corresponding to the nuclear plant emergency, in Ohi town.

Q.大飯原発の敷地内に断層があって、どうも活断層の可能性がある。
Q.There is fault on the grounds of Ohi Nuclear Plant which is a possibility of Active Faults very much.

原子力安全保安院:
それは一応、原子力安全保安院のほうで審査した結果、活断層ではないということへ結論が出ておりますので。それにつきましても、あのー先日、県の原子力安全専門委員会にも報告させていただいて、まあ、それは妥当であるという評価をいただいている。
the Nuclear Safety:
It tentatively, as a result of screening by Nuclear Safety,Conclusion is brought out in which is not Active Faults. With regard to it also, well.. Recently, we also reported to the Committee on Nuclear Safety in Fukui Prefecture, Well.., we received that it is reasonable assessment, we have recognized.

Q.安全性は確保できていると?
Q.If safety can be ensured ?

原子力安全保安院: そうでございます。
the Nuclear Safety: Yes it is.

元経済産業省・官僚、古賀氏:
あの写真を人に見てもらってもわかるのですけど、見るからに危ないと感じなんですよ!
例えば、急な崖の下に電源、最後の頼りになる電源車を置いてあるとかね。そういうの大事なんで聞いたんですね。”それはコンピューターで計算したので大丈夫なはずです。”って。言うんですよ!
だけど誰がどう見たってあんなところに自分の家を建てないですよねって言ったら、あの黙っていましたけども。
そしたらね、ついこないだ分かったんですけど、やっぱり電源車をね。危ないからって移動したんですよ!
いくつかにわけて分散しましょうなんてやってるんですね。つまりも言ってることはコロコロ変わるし、われわれの様な素人からみて、これはいかにも危ないだろうってことを平気でやっているって!
それが結局ね、全部コンピューターと文書なんですね。計算したら大丈夫でしたって、それだけなんですよ!
ですからね、もうホントにね、これ全然信用できないなと!
そもそも保安院がやってますからね。まあ癒着で、電力会社の言いなりになってたっていうところがいまだにやってるってですね。そこを変えないとどうしようもないですよね!

Mr.Koga, ex-bureaucracy of Ministry of Economy, Trade and Industry:
If people look at that photo, they feel that is dangerous from the view.
For example,at the bottom of a steep cliff, there is the power car, the last dependable power car, putting on. I asked them it because of importance."It should be OK, because it is calculated by the computer.",they said.
When I said, nobody wants to build the house at such place. They did silent answer.
Then, I found recently, the place of power car is dangerous, so, it has moved.
They do "let's divide them to several places". In other words, they do flip-flop.
As seen from the amateur like us, they do in cold blood, that would be dangerous indeed.
After all, it is done by all computer and grammar. "It was okay After the calculation.", that’s it.
So, again, I really cannot trust them at all.

Nuclear power safety which has been at the mercy of nuclear power companies with adhesion relationship is still doing it.If we do not change it, is not hopelessly!

-END-

2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


   英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

#福島 #4号機 プール倒壊なら"日本は終わり"豪州TV 6/25 #Nuke Ends Japan

福島原発4号機プール倒壊なら"日本は終わり"豪州TV 6/25 Nuke Ends Japan Japanese Diplomat urges UN intervention on SFP4, ABC-Australia.


<日本語訳・字幕:Jo2Rayden>
専門家が、セヴン30ニュースに語りました。
昨年、日本が巨大地震と津波に襲われた時、世界は核の大災害を恐れました。福島原発は、被災地の中にあるのです。福島原発事故について暫く耳にしてませんが、まったく危険は去ってないのです。福島第一4号機の現状は不安定である、と専門家が言っています。北アジア特派員のマーク・ウィラシーが福島から報告します。

「天は勇者を助く」と言います。大地震、津波、トリプル・メルトダウンの後には、良いことがあるはずだ、と福島の人々は考えています。13ヶ月間、この競馬場は使われなかった。放射能の恐怖で、人も馬も近づけなかったからです。今日、福島は、はためいています。
福島に運が向いてきた兆しなのでしょうか? もしかして?

しかし、ここから数十km東に行ったところに福島原発の使用済燃料プールがあり、チェルノブイリをはるかに超える破滅的事故を起こすのに十分な燃料がある事を理解している人は、ほとんどいません。この薄暗いプールには、1331体もの高濃度放射性の使用済核燃料の束があり、それぞれに何十もの燃料棒が入っています。

政策研究所・ロバート・アルバレス氏:「私の計算では、4号機の使用済み燃料プールには、チェルノブイリ事故で放出された量の、約10倍のセシウム137があるのです。」



この映像で、プールには昨年の事故で飛散した瓦礫の散乱が、はっきり分かります。

原子力物理学者・小出裕章助教:「炉心に必要な量の2.5倍もの使用済み核燃料があり、ヒロシマ型原爆5000発以上のセシウムが含まれ、プールは吊り下げられた状態です。いつ崩壊するとも知れない。使用済燃料の中に、それだけの核分裂生成物が..。」

これはプールがある場所です。原子炉の隣の地上5階にあります。これを、どう見るべきか?
これは原子炉建屋が、水素爆発により吹き飛ばされた後の現在の姿です。爆風は屋根を引き剥がし、燃料プールの強固な壁を3.5センチ外側に膨らませた。何百トンもの使用済み燃料は今月になっても、核燃料束を保護するものは、白いプラスティック・シートだけだ。何人かの原子力専門家は、「日本は、文字通り火遊びをしている!」と警告する。

小出裕章氏:「プールにひび割れが出来て、水が漏れ出す様な事になれば、使用済燃料が空気中に露出されます。そうなれば、もう燃料を冷却する事は出来ないでしょう。もし、そのような事故が起これば、福島原発のメルトダウンで既に放出された量の10倍以上ものセシウムが、大気中に出てしまうでしょう。風がどの方向に吹くかにより、東京は住むことが出来なくなるでしょう。」

小出裕章氏は、日本で一流の京都大学の主任原子炉技術者で、警鐘を鳴らしている専門家の一人です。

小出裕章氏:「一刻も早く、燃料棒を取り出さなければなりません。福島原発周辺では、ほとんど毎日、地震が起きています。大地震が起こらないよう祈っているのです。」



この警告は、国際的な核安全性の専門家で、元・米国エネルギー省長官のアドバイザーだったロバート・アルバレス氏により、再度なされます。

ロバート・アルバレス氏:「とてつもない高濃度の放射能のため、破滅的火災による放射能を防ぐ唯一の方法が、プールの水なのです。そのプールは、地上30メートルの場所にあり、構造的損傷を受けた建屋中にあり、ハイリスクの地震発生地帯にある。これ以上、憂慮すべき事がありますか?」

しかし、福島原発の東電担当者は、核燃料が外気に開放され、損壊した建屋の地上高30メートルの場所にある危険性についての議論を押しやり、「プールは安全です」と言うだけです。

東電広報・ひとすぎ よしみ氏:「まあー、先日壁の状況を調べました。一部の壁に外側に膨らみがありましたが、それがプールや建物に対する影響はほとんどないと考えています。プール、建屋とも、大きな地震に耐えうると考えています。」

そして、燃料棒取り出し問題についても、東電は、特に急いでいない様なのです。

東電広報・ひとすぎ よしみ氏:「従来の方法は、天井にクレーンがあって、それを使い燃料棒を取り出すことでした。しかし、それは損傷を受けていたので、新しいクレーンをまた取り付けることになっています。来年のいつかから、取り出し作業を開始したいと思っています。」

ロバート・アルバレス氏:「非常に重いオーバーヘッド・クレーンが必要です。常に水中で使用済み燃料を操作し、非常に重いコンテナの中に入れる作業が必要です。コンテナの重量だけで、約100トンもあるでしょう。これは通常の作業でも、大変慎重さが要求される。しかも、これだけ損傷があるのですから、燃料棒を安全に移動させられるかどうかは、かなりの賭けでしょう。」

メルトダウンが起きて以来、東電は、福島原発内部の現状の秘密を維持してきた。しかし、ひとりの男が、それを見抜くに至った。鈴木智彦氏は、日本のジャーナリズムにおいて珍しい存在だ。この記者は、真実を得る為、自らの身を危険に晒したのだ。

鈴木 智彦氏:「現場に出るときには、作業員として放射能防護装具を身に付け、袖の上からこの秘密カメラが入った腕時計を着けていました。」

鈴木氏は、秘密カメラ内蔵の腕時計と別の秘密カメラを身に着け、福島原発内部の状況を記録した。
彼が4号機建屋の隣で作業していたとき、彼の上方30メートルにある使用済み燃料プールについて聞いたことに、衝撃を受けた。 

鈴木 智彦氏:「4号機の補強をした人に話を聞いたのですが、使用済み燃料プールには、膨大な量の’重水’が入っており、未だに、プールの損傷を鋼鉄製支柱で支えている。
彼はこう言ったのです。【プールの補強は、あくまで一時的補強なのだ。台風や嵐が襲ってきたら危険だ。】」

遠い先の事なのか?先月、福島県のとなりの県に、日本の歴史上最大の竜巻が襲った。

村田 光平氏:「私は、それを“日本の病”と呼びます。最初に隠蔽し、次に先送りし、そして、責任を負わないのです。」

村田光平氏は、日本の元スイス大使です。国連事務総長・潘基文に、使用済み燃料プールに注意を向けてもらえるように、彼が抱く憂慮を書簡で伝えた。

村田 光平氏:「東電も日本政府も、能力と目的意識を欠いています。」

ウィルラシー記者:「つまり、貴方の考えでは、もし燃料プールに問題が起きれば、”日本の終わりになる” というのですね?」

村田 光平氏:「そうです。それを否定する人は、誰もいない。我々は、平穏に眠ることが出来ないのです。」

では、誰が福島の人たちを還してくれるのか?
専門家集団、ジャーナリスト、憂慮を聞いて貰おうと奮闘する活動家たち?
それとも、隠蔽と機能不全の歴史を持つ東電?

福島県民の方:「東電は、信じてはいないですけどね。まったく安全と感じていないです。放射線数値は高いままだし。」

小出裕章氏:「東京電力が、大地震に4号機燃料プールが耐えうると言っているのですが、私は、これを信じることが出来ません。だから、非常に心配なのです。」

ロバート・アルバレス氏:「かつて起こったことがない状況だし、未知の海図を造ろうとする様なものです。もし、その様な事故が起こった場合は国際的次元の問題となるでしょう。」

マーク・ウィラシーの報告でした。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


   英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

#福島 #4号機 倒壊したら日本は終焉!GE #Mark1 は時限爆弾。ロシア・トゥディ 5/18(日本語訳) #Fukushima No4 Catastrophe

福島原発4号機が倒壊したら日本は終焉!GE製Mark1原発は時限爆弾 Fukushima No4 Catastrophe

<日本語訳: Jo2Rayden >Fukushima NO.4 makes the World Catastrophe
TheBigPictureRT さんが 2012/05/18 に公開 Paul Gunter, Beyond Nuclear joins Thom Hartmann.

Thom Hartmann:
日本の厄介なニュースです。いまだに多くの兆候がある福島原発危機は、依然として進行中です。東京湾から採取した汚泥サンプルで、放射性セシウム汚染は、昨年8月の計測値­と比較し、13倍にいくつかの地域で増加していることが明らかになりました。環境省は、この放射線レベルは、人々にただちに影響はないと主張しています。しかし、汚染され­た魚の放射性物質は、食物連鎖していき、世界のレストランや食卓へと繋がって悪化していく可能性があるのです。一方、米国では、原子力規制当局が、原子力緊急事態に対して­、それを緩和させる計画があると、 AP通信が伝えています。
推奨される総ての運用上の寿命を超えた国内の老朽化した原子力発電所にもかかわらず、原子力規制当局は、原発周辺の避難ゾーンを減少させて、事故のためのわずかな演習と、職員のためにリラックスした緊急時の訓練を採用したのです。言い換えれば、米国は、福島原発事故の発生前よりも、原子力災害に対処するための準備を軽減させたのです!

原子力監視プロジェクトのビヨンド・ニュークリアーのPaul Gunter氏においで頂きました。


Paul Gunter:
大変憂慮すべきことは、福島原発がチェルノブイリの85倍のセシウム放出の連鎖反応を誘発することです。別の大地震があれば、それが連鎖反応を誘発する。­4号機が倒壊し、136トンの核燃料が地上に落下し、火災が起るのです。それが、4号機の最上階にあるのです。つまりですね、5機の原子炉があり、とてつもない汚染となり­対処不可能になる。
さらに、共有核燃料プールが有り、6つの核燃料プールも有り、それらが、4号機のすぐそばにあるのです。大量の核燃料が、いまも保管されているのです。
もし、4号機倒壊がその連鎖反応を誘発したら、文明の終焉になります。日本文明の終わりです。

Thom Hartmann: 文明の終焉ですか…

Paul Gunter:
日本の元スイス大使・村田氏が、これについて根本的な警告をしています。国際的な努力をいま開始しなければなりません。国連の場に問題提起し、次の大地震により、4号機倒­壊から始まるドミノ連鎖を防ぐことです。

Thom Hartmann:
もし地球上にある総ての国家の内、別の国が、なんらかの原子力災害に対処する手段を持っていたとしても、どの様に対処するのですか?1号機2号機は爆発し、今もとてつもない放射線が放出され、人々はそのエリアの中を歩くことすらできませんよ。どのような技術があり、彼らは何をしなければいけないのか?

Paul Gunter:私たちは基本的に暗中模索しているのだと思いますね。

Thom Hartmann: だれもわからない?

Paul Gunter:
誰も実際に現時点ではわからないのです。しかし、はっきりと実証されていることは、最も関連性が高く、おそらく唯一の関連する防御策は予防であり、我々が原子力発電を終焉させなければならないという事なのです。

Thom Hartmann: 疑いなくそうですね。
4号機原子炉といえば、米国ゼネラル・エレクトリックが全体を設計したものですよね?アメリカには、同じ設計の原子炉が多数ありますね。どのようにするのでしょうか?

Paul Gunter:
現在、福島第一の事故は、根本的にゼネラル・エレクトリック製マーク1沸騰水型原子炉に多くの焦点を当てさせました。しかし、我々は70年代からこの事を知っていました。­マーク1格納容器は、時限爆弾だと!根本的に、失敗する準備ができていたと!

Thom Hartmann:
デトロイトの原発もでしょう?

Paul Gunter:私はわかっていましたが。
あなたが述べたのはマーク1じゃなく、プロトタイプ増殖炉ですね。デトロイト郊外の原発は、マーク1ですね。
しかし、基本的に現在の焦点には、すべてのGE製マーク1とマーク2型原子炉も含まれます。
なぜなら、これらの原子炉には、重大な事故に直面したとき、今、百パーセントの故障が起きる事が福島原発事故で実証された"(失敗)確実な格納容器"があるからです。

Thom Hartmann: 6機ともね。

Paul Gunter:
3つの原子炉、1号2号3号機を、重大な事故の条件下で使用した結果、総て失敗しました。そして、その後、この原子炉が水素ガスを生成し、4号機に放出され爆発したのです。幸いなことに、5号機と6号機は被害が及びませんでした。
しかし、実際に今、我々が懸念しており、米国の原子力規制委員会、原子力産業と市民の興味すべてが、どのようにフクシマの失敗に対処するかなのです。
米国にはマーク1型原子炉が23機あり、マーク2が8機あるのです。31機の原子炉が、確実に失敗する可能性があるのですよ。



Thom Hartmann: 日本政府は、公式に、正式に国際社会に助けを求めましたか?

Paul Gunter:いいえ! 

Thom Hartmann: そうすべきですか?

Paul Gunter:
私たちは協調すべきです。当社のウェブサイトに行けば、この事の請願の努力がみれます。
今はまだ基本的に、みなさんの地域から始めるこの政治的な運動から、国際的な努力をうながす為の注意喚起をしているのです。今、協調する必要があるのです。

Thom Hartmann: ありがとうございました。引き続き、ご健闘期待します。

原発事故のニュースが日本から引き続き、ここ米国でも問題がある。
そして、私達に思い出させるのは、唯一の安全な原発とは、原発が無いことなのです。

-END-

2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


     英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

#福島 #4号機 倒壊が #チェルノブイリ の85倍の #放射能 放出に繋がる(日本語訳) ロシア・トゥデイ、TheBigPicture 4/19放送より

福島4号機倒壊が、チェルノブイリの85倍の放射能放出に繋がる(日本語訳) ロシア・トゥデイ、TheBigPicture 4/19放送より

More bad news coming from the crippled Fukushima nuclear plant in Japan. While speaking to Swiss lawmakers last month - Japan's former ambassador to Switzerland, Mitsuhei Murata, warned that if the building housing reactor four at the plant were to collapse - as many officials fear might happen - then it would lead to a global catastrophe like the world has never seen before. As Reader Supported News reports - a former official with the U.S. Department of Energy commented on the consequences of a building collapse around reactor four saying, "If an earthquake or other event were to cause this pool to drain this could result in a catastrophic radiological fire involving nearly 10 times the amount of Cs-137 released by the Chernobyl accident." And if that fire were to consume the thousands of other radioactive spent fuel rods at the Fukushima plant - then the radiological event could be 85-times greater than the Chernobyl disaster. So just how dangerous is the situation still at the Fukushima plant - and what are the consequences for the United States? Kevin Kamps if back - he is the Nuclear Waste Watchdog at Beyond Nuclear.

<日本語訳:Jo2Rayden >

司会・ジャーナリスト、トム・ハートマン:
日本の破損した福島原発のもっと悪いニュースが来ました。
先月3/22の日本の参議院予算委員会において、参考人として元スイス大使・村田光平氏が警告しました。
「福島原発4号機倒壊したら、世界が未だかつて経験したことのない地球規模の大災害になるでしょう。」

この報告については、元米国エネルギー省のRovert Alvarez氏が、こう述べています。
4号機が倒壊した場合、その結果として、
「地震や別の事故によって、この燃料プールから冷却水が無くなった場合、破滅的な放射能の火災と、チェルノブイリが放出した10倍の量のセシウム137が放出されるでしょう。」
そして火災が、福島原発で他の数千体の放射性の使用済核燃料を燃焼した場合、放射性物質拡散が、チェルノブイリ事故の85倍以上になる可能性があるのです。
つまり、福島原発事故の現状は、いまだにどれだけ危険であるのかです。この結果がどう米国にも影響するのでしょうか?

  
核廃棄物の監視団体、ビヨンド・ニュークリアのケビン・カンプス氏に再びご出演頂きました。
まず最初に、使用済み核燃料についてですが、あなたは以前、未使用の核燃料は、使用済核燃料ほど危険でないとおっしゃってましたね。

ケビン・カンプス氏:
そうですね。核燃料は原子炉に入りウラン原子が分裂し放射能が放出されます。
未使用の核燃料と比べ、百万倍以上の放射能があります。
放射性の未使用核燃料にもかかわらず、それは有毒な重金属なのです。
非常に危険な物質であるが、実際は放射線スーツと手袋を付け、作業を手ですることができるのです。
炉心で放射能が出始めると、もし障壁が無く至近距離ならば、ほんの数秒でガンマ線の致死量を被曝するでしょう。
ですから、非常に致命的な放射性物質が、百万年間そこでずっと放射能を出し続けるのです。

トム・ハートマン:
ジェネラル・エレクトリック製の原子炉は、すべて同様に設計され、3号機も4号機も、最上階に使用済み核燃料を保管していますね。
はるかに致命的な使用済み核燃料が、最上階に保管され、4号機建物は爆発で吹き飛ばされ、建物は沈下し傾いています。
そこに放射性廃棄物のプールがあります。この建物が崩壊したら、どうなるのですか?

ケビン・カンプス氏:
それは間違いなく日本にとって、世界的な大惨事になります。
すでに日本で起こったものよりも、更に莫大な放射能放出となり、非常に破壊的になるでしょう。
メルトダウンした燃料炉心は、その格納容器から漏洩します。格納容器は損傷、または破壊されます。
したがって、過去13ヶ月でこれまでに放出された大量の放射能を超えるでしょう。
また、ジェネラル・エレクトリックの設計した原子炉は、あまりにも小さいだけでなく、あまりにも弱い格納容器です。
しかも、燃料プールには、いかなる格納容器も無いのです。つまり、建物内に設置され、その原子炉建屋が、二次格納と呼ばれているのです。
しかし、1号・3号・4号機の水素爆発は、完全にその外側の建物を破壊しました。
これら燃料プールは、今は外気にさらされています。
4号機核燃料プールで火災があれば、プールの底は、完全に崩落するでしょう。
燃料プール底を崩落から維持しようとする為に、鋼鉄のジャッキで持ち上げていますが、核燃料火災があれば、数時間で直接、周辺にセシウム137を100パーセント放出するでしょう。

トム・ハートマン:チェルノブイリと比較したら?

ケビン・カンプス氏:
元米国エネルギー省のRobert Alvarez氏が述べています。
「4号機の保管プール核燃料だけで、チェルノブイリが放出した10倍量のセシウム137が放出されるでしょう。」
福島第一原発では、6つの原子炉建屋が炉心と6つの燃料プールを持ち、更に大容量の共有燃料プールもあります。
7つの保管プール核燃料が燃焼したら、セシウム拡散量が、チェルノブイリの85倍になるでしょう。
この共有プールには、使用済核燃料が最も多く保管されており、4号機から50メートルしか離れていません。
もし、4号機プールで炎が上がる場合には、そのエリアを放棄しなければなりません。なぜなら、致命的な放射能地区になるからです。数秒または数分で致死量を被曝します。
誰もそこに行くことができなくなり、そして、総ての燃料プールで、火災が起きるのを阻止することが出来なくなるのです。

-END- 
*関連記事:元スイス大使・村田光平氏が予算員会にて"もし核燃料保管プールに6,375体の燃料がある福島原発4号機倒壊したら、総ての人が何世紀に渡り影響を受ける" "世界が未だかつて経験したことのない地球規模の大災害になるでしょう"
Former Japan Ambassador Warns Gov't Committee: "A global catastrophe like we have never before experienced" if No. 4 collapses — Common Spent Fuel Pool with 6,375 fuel rods in jeopardy — "Would affect us all for centuries"
http://enenews.com/former-japan-ambassador-warns-govt-committee-a-global-catastrophe-like-we-have-never-before-experienced-if-no-4-collapses-common-spent-fuel-pool-with-6375-fuel-rods-in-jeopardy-would
* 3.22参院予算委員会公聴会・午後 30:50ごろからの証言をご視聴ください^^/
http://youtu.be/Q5oniO6TG-U


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


   英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

福島、チャイナ・シンドローム始まってた?(日本語訳) Fukushima,China Syndrome officially begun?

福島...チャイナ・シンドロームがいま公式に始まったのか?Fukushima...Has the China Syndrome now officially begun ←字幕・動画リンク
* Tom Hartmann in The Big Picture, RT 12/6より



ゲスト解説者:ポール・ガンター氏(反核団体 ビヨンド・ニュークリアー)

*日本語訳 -English transcript-

Tom Hartmann:
The crisis in Fukushima continues over the weekend.
The crippled Japanese nuclear plants spill even more highly radioactive water into the Pacific Ocean,roughly forty five thousand meters little.
According to the French nuclear research institute, since Fukushima nuclear crisis beginning in march that nuke-plant has leak more radioactive material into the ocean,ever happened before in the history of the planet.
Now, the architect of reactor three of Fukushima spoke out recently criticizing, TEPCO saying, the company's explanations don't make sense.
Any claims that more than 8 months since earthquake and Tsunami triggered this crisis.
It's inevitable nuclear fuel has leaked into the ground water,meaning the china syndrome is officially a part of quit.
You also warned that if underground water gets overheated, they could trigger a hydro volcanic explosion.
So, what's that what does those means?
Update on Fukushima. I’m joined by Paul Gunter.
Welcome back! Beyond-nuclear.
福島原発の危機は、いまだ継続中です。
破壊された日本の原子力発電所は、太平洋に未だに、高濃度の放射性汚染水を漏らしています。およそ45,000メートルリットルです。
フランスの原子力研究所によると、3月の福島原発事故の当初から、原発は、海にもっと多くの放射性物質を漏らしていました。これは地球の歴史の中で未だかつてない出来事なのです。
最近、福島の原子炉三基の設計者は、東京電力の説明は意味不明である! という批判をしました。
地震と津波がこの危機を引き起こしてから、8ヶ月以上経ってからの主張です。
それは必然的に、熔けた核燃料は地下水に流出しており、チャイナ・シンドロームは、公式に部分的に止っている事を意味します。また、地下水が過熱される場合、溶融核燃料が火山の様な水蒸気爆発を引き起こす可能性があると警告した。
つまり、これは何を意味するのでしょうか?
“福島最新情報” ポール・ガンター氏をお招きしました。
再出演ですね!反核団体ビヨンド・ニュークリアーの方です。

Paul Gunter: Absolutely! 
どういたしまして!

H:
Please to have you with us.
Based on former architect of reactor three said,we officially reached the China syndrome stage where the edge of it at Fukushima.
ご出演いただき、ありがとうございます。
福島の原子炉三基の元建築者の発言によりますと、我々は公式に、福島原発は "チャイナ・シンドローム" までの崖っぷち段階に達しています。

G:
Right!These are clear warnings that the accident is still ongoing.
Now, nearly nine months into this, since the earthquake and the tsunami.
But, I think that the former president of Saga University, he saw this information is also corroborated by early report in September,where assistant professor ( Mr. Koide ) at Kyoto university research reactor institute said, Units 1 and 3 had already had melt through, by his projection,the core rim had moved as much as 10 to 12 meters into the ground already.
It's like magma, it's like volcanic lava.But it's highly radioactive fuel and steel,It is just burning down,even Tokyo Electric Power Company, it is computer simulation that be clear,Nobody can get into these reactors, to actually see what's going on.
These are all simulations projection.
そうです!
これらは、事故が依然として継続中であることの明確な警告です。
今は、地震と津波から約9ヶ月経ちました。
しかし、私が思うには、佐賀大学の元学長(上原 春男氏)は、この情報が、9月始めの報告書によって裏付けられているのを、観ました。
京都大学原子炉実験所・助教(小出氏)が述べたのは、1号基と3号基は既にメルトスルーしており、彼の予想では、炉心燃料は、すでに地表から10~12メートル下の地面まで、めり込んでいる。それはマグマのようで、火山の溶岩のようなもので、しかし、高放射性核燃料と金属で、燃え落ちていくのです。
東京電力でさえ、それをコンピュータ・シミュレーションで明確にしているのです。
誰も実際に何が起こっているのか確認するために、これらの原子炉に入ることはできません。
すべてコンピュータ・シミュレーションの予想なのです。

H: Absolutely! その通り!



G:
It's killer of right there.
The TEPCO has admitted that by their latest simulation,the core rim has burned through, two-thirds of the floor of the reactors.So, it's melted.
It's the reactor one,they say, have 85 to 100 percent of the core melted away burn through the bottom of the reactor vessel fell to the concrete floor,
And, now, burned through over to feed a concrete,according to TEPCO!
そこに行けば、死んでしまいます。
東京電力が認めているのは、彼らの最新のシミュレーションにより、炉心燃料は、原子炉の床面積の3分の2を通過して燃えていました。だから、溶融しているのです。それは、1号機原子炉です。東電が言うには、炉心の85~100%が、原子炉容器の底から燃え溶けて、コンクリートの床に落ちており、そして、今は、燃えて突き抜け、コンクリートに侵食している。東京電力の説明ですよ!

H: As if they've always been a little conservative show it.
東電は、いつも少し保守的に説明をしていますよね。

G:
Let's say.
I think, it's honest to say that TEPCO’s credibility is less than zero, right now!
まあ言ってみれば。
私が思うに、正直に言うと、東京電力の信頼性は、今やゼロ以下ですね!

H:
Yeah!
So, we had a core meltdown at Chernobyl,there was a massive molten, white hot core rim, melted core material,it could sunk into the earth.
How they stop at the Chernobyl?
How might they be able to replicate that?
Or, by the not be able to replicate that in Fukushima?
To prevent the explosion!
ええ!
チェルノブイリでは炉心溶融していましたね。大規模な溶融、白い熱い炉心燃料、溶けた燃料があった。それが、地中にめり込んでいる可能性があった。
彼らは、チェルノブイリでどうやって止めたのですか?
彼らは、どのように対処できたのですか?
福島でそれを応用することができませんか?
爆発を防ぐために!


G:
Chernobyl. You know. What they did is they drop tremendous amounts of lead and graphite and sand.
The situation in Fukushima is different. Because, you can't air drop all that.
Radioactive are that covered.
Because, these fuel pools above the core are still filled with huge amounts of radioactivity.
And, reactor. Used fuel, spend fuel it's called.
So, they can't really bomb this core rim, as they did it Chernobyl from the air.
It's largely inaccessible, right now, both in terms of mitigation, and in terms of being able to actually assess what level of the accident is!
Nobody really knows for units 1, 2, 3 and 4, right now!
チェルノブイリ。彼らが何をしたかと言うと、彼らは、途方もない量の鉛、グラファイトと砂を落としています。福島の状況は違います。なぜなら、それらすべてを上空から落とすことはできません。放射性燃料は、カバーがされているのです。
なぜなら、これらの炉心の上にある燃料プールは、まだ膨大な量の放射能が満たされている。それに、原子炉。使用燃料、使用済み燃料があります。
そう、彼らは、本当に、チェルノブイリと同じように上空から、この炉心燃料にそれらを落とすことはできません。
今、全体的にアクセス不能なのです。事故の緩和と、そして実際に事故のレベルがどうなのか評価できるかという点の両面で!
誰も本当に今、1、2、3、4号基がどうなっているか、わからないのです!

H:
Amazing, amazing!
How do they?
They were actually they dig a tunnel underneath Chernobyl as well.
大変、大変ですね! 彼らはどうやって?
彼らは、やはり実際に、チェルノブイリの下にトンネルを掘った。

G: They dig! 掘りました!

H:
They basically stop the point for fill the liquid generate something.
They can't do that under similar Fukushima.
Because, the water table has to be so closed!
What happens when a core rim hits the water table?
彼らは基本的に、液体が満ちて、何かを生成(水蒸気爆発)する箇所を、止めましたね。
日本は、同様のことを福島で行うことはできませんね。
なぜなら、地下水脈がとても近過ぎますね!
炉心燃料が、地下水脈に当たったときに何が起きますか?

G:
Well... this is a big concern. Because,I think, if we think, of this is like a volcano only with magma lava.
You're thinking about radioactive material, red hot radioactive material melting down.
Once it hits this ground water source, the concern is that will be this large steam generation and then simultaneously. If it's hot enough,
It make hydrogen gas, the oxygen becomes a very explosive and pressurized.
It’s like a volcano! And, it just blows right up.
That's what the former president of the Saga University is calling.
うーん...これは大きな問題です。なぜなら、
もし、我々がこれを考えますと、マグマの溶岩と火山のようなものだと思います。
あなたは、放射性物質、赤く熱い放射性物質が熔け落ちていると、考えてるでしょう。
それが地下水源に当たったときは、同時に、大規模な蒸気が発生する懸念があるのです。もし、それが十分に暑いと、水素ガスを作り、酸素は大規模な爆発と圧力になります。火山のように、そして、まさに大きく(水蒸気)爆発する。
これは、佐賀大学の元学長がそう言っているのです。

H: It could happened anytime.それは、いつでも起こり得る。

G:
You know. We're keeping our fingers crossed...
But, I think right now. It's all pins and needles.
We don't really know...
The real issue is just unmeasurable uncertainty.
Because, nobody can get in there and see what is going on.
我々は、ギリギリのところにいるのです...
しかし、私は思います。現状は、すべて安全ピンと縫い針で、留めているだけです。
私たちは、本当にわからない...。本当の問題は、ただ、測定不可能、不確実なことです。
なぜなら、誰もそこに行けないし、そして何が起こっているか見れない。

H:
So, I bought the Geiger counter!
Sitting. I’m taking all. Talking.
Is there are appointed time in the United States and in Japan for that matters.
We're having something like this in going to the supermarket, before you buy food is a good idea?
だから、私はガイガーカウンターを買いました!
座りながら、すべて計測しています。話しながらも。
この問題については、米国と日本で指摘されています。我々が、スーパーマーケットに行くときには、このような何かしらの問題を抱えています。食べ物を買う前に、測るのがいいですか?



G:
I think that these are radiation-instruments that are going to be commonplace.
Particularly in Japan!
We're encouraging city council actually to develop a sister city kind of project.
So, you can send Geiger counters are from your community to the communities in Japan.
Right now! What we know is that, Fukushima Daiichi has contaminated every prefecture in Japan with Cesium 137.
これらの放射線測定器が、当たり前になるだろうと思います。特に日本で!
私たちが、市議会に奨励しているのは、実際に、姉妹都市を造る、一種のプロジェクトです。
つまり、あなたが、ガイガーカウンターをあなたの地域から、日本のコミュニティに送ることができます。
今、私たちが知っているのは、福島第一は、セシウム137で日本の各都道府県を、汚染しています。

H: Seafood is going to be hitting always.
魚介類は、常に放射能で汚染されていくでしょうね。

G: Right! はい!

H: And it could be in the restaurant down the street.
それに、通りのレストランでも、その可能性がありますよ。

G:
It's certainly represents concerned, and now for the indefinite future.
We have this bioaccumulation biomagnification of radioactive, strontium 90, cesium 137 that will have.There're some eighty firms in Japan that have been taken out of rice production.
Because, the rice is excessively radioactive!
これは確かに懸念すべきことですし、今は、いつまでも続く将来にも...
放射性ストロンチウム90、セシウム137が蓄積し、これを生物が濃縮していくでしょう。
米の生産が禁止されているのは、日本では約80軒です。米が、大量に放射能汚染されているからです!

H: Thank you so much. ありがとうございました。

G: Again. No news! また新しい(悪い)報告がないように!

H: Yeah. No news absolutely. Much appreciated that the work you do.
ええ。まったくですね。あなたの仕事に感謝しています。

H:
Most of the world learned some lessons and doesn't ignore, one of the worst ecological disasters, ever.
Time to death Nuclear power, the most expensive and at the most dangerous form of energy on earth!
世界のほとんどは、いくつかの教訓を学び、無視できません。かつてない、最悪の生態学的災害のひとつです。原子力発電の終焉。地球上で、最も高価で、最も危険なエネルギー方式。

-END-

2015年放射能クライシス2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

福島から200キロ離れた家の汚染されたインテリア・東京/Japan: interiors of homes contaminated 200 km from Fukushima - CAEN (France)

日本:福島から200キロ離れた家の汚染されたインテリア
Japan: interiors of homes contaminated 200 km from Fukushima
- CAEN (France)
Created at 15/12/2011 1:06 p.m. - Updated 15/12/2011 at 1:08 p.m.
http://www.20minutes.fr/article/843254/japon-interieurs-maisons-contamines-200-km-fukushima#xtor=RSS-148
* フランス・パリの20 Minutesの記事より。
* French → English translated by Google soft.
* 一部を英語から日本語訳しました。 フランス語の分かる方が、上記リンク原文を翻訳されることを望みます^^。

CAEN(フランス)- 独立したフランスの研究室が、福島から200キロに位置する東京の郊外の家で、塵から放射能汚染を検出したと発表した。
CAEN (France) - An independent French laboratory said Thursday it had detected radioactive contamination in dust from houses located 200 km from Fukushima, a suburb of Tokyo.


"放射能のモニタリングのための協会 <アクロ> は、原発から200 km以内にある12世帯の掃除機の塵を分析した。すべてこの粉塵は、セシウム137および134で汚染されており、福島原発の破壊によるものなのです。"
フランス北西部の Herouville Saint Clair にある研究室が、声明の中でこう言った。
"The Association for the monitoring of radioactivity in the West (Acro) analyzed dust vacuum of 12 homes located within 200 km of the plant. All this dust contaminated with cesium 137 and 134 to following the catastrophe of Fukushima"said the laboratory based in Herouville Saint Clair, in the north-west France, in a statement.

塵は10月に採取された。 
Dust were collected in October.

Contamination "most important" ("almost" 20,000 becquerels per kilogram) is recorded in the District of Watari "located fifty kilometers of the plant, where the sale of rice has been banned," explains the association created after the nuclear disaster at Chernobyl in 1986.

しかし、<アクロ> によると、限られた調査範囲だが、福島原発から200キロ離れた東京の郊外であるのに "住宅が著しく汚染されている"。"1キログラムあたり約6,000ベクレル"。
But "the houses are contaminated significantly" to limit the scope examined is 200 km from the plant, even in the suburbs of Tokyo, with "nearly 6,000 becquerels per kilogram," according to Acro.

* アクロの元データリンク(日本語版):http://www.acro.eu.org/OCJ_jp#23


自宅にあっても危険性がある汚染地域の住民
The residents of contaminated areas at risk as at home



フランスの核施設関連部門の測定の為に、地元当局により時々調査依頼されている・この協会 <アクロ> は、日本政府は人々の避難の決定の基準を改正し、家庭の(放射能)測定を行う必要があると、結論付けています。
The association, often requested by local officials for French measures related to nuclear sites of the department concludes that the Japanese government should amend the criteria for deciding the evacuation of people and make measurements in homes.

これらの基準は、"外部の土壌汚染のみに基づいており、暗黙のうちに彼らの家でも、汚染地域の住民が、もはや何のリスクもないことを前提としている。我々の研究は(リスクがあり)そうではないことを示している。"と <アクロ> は主張する。
These criteria "are based solely on soil contamination on the outside and implicitly assume that once their homes, residents of contaminated areas no longer run no risk. Our study shows that it is not," argues the 'Acro.

On March 11, an earthquake of magnitude 9 triggered a massive tsunami tidal wave in the northeast of Japan. In breaking on the coast, it destroyed everything in its path, triggering a series of damage to the nuclear power plant in Fukushima .

Some 20,000 people have died or gone missing in the disaster.

-END- 英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

科学者がフクシマでの食物生産を警告 Researchers warn of food production in Fukushima 11/15

科学者がフクシマでの食物生産を警告
Researchers warn of food production in Fukushima

*Original site in German : http://www.n24.de/news/newsitem_7420850.html
* ドイツ語から英語への自動翻訳。

下記記事の基になる参考文献 :
福島原発事故におけるセシウム137の堆積と日本の土壌の汚染 
Cesium-137 deposition and contamination of Japanese soils due to the Fukushima nuclear accident
--published ahead of print November 14, 2011;
Proceedings of the National Academy of Sciences
米国科学アカデミー紀要(1914年に創刊された米国科学アカデミー発行の機関誌 = 総合学術雑誌として、ネイチャー、サイエンスと並び重要)
http://www.pnas.org/content/early/2011/11/11/1112058108.full.pdf?with-ds=yes


About eight months after the nuclear accident in Japan's Fukushima warned an international team of scientists from a radioactive contamination of agricultural land. The cultivation of food in Greater Fukushima going to high concentrations of cesium in the soil "seriously undermine" the researchers reported in the journal "Proceedings of the National Academy of Sciences." Although the radiation levels would be in the northeastern region of Japan below the legal limits, "the entire prefecture of Fukushima highly polluted" is.

The International Atomic Energy Agency, however, praised the cleanup efforts following the sinking of the power plant. It was being done in Japan in this regard, "a lot of good work," it said in a report by IAEA experts. The Japanese authorities, however, should now focus on the "real priority areas".

The nuclear power plant in Fukushima was on 11 March by a devastating earthquake and a subsequent tsunami seriously damaged. By the disasters killed 20,000 people, or were reported missing. Tens of thousands of people forced to leave the contaminated areas around Fukushima. 英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

#福島原発 は制御不能状態!メルトアウトし地下水を放射能水蒸気に8/18 Paul Gunter氏

福島原発は制御不能状態!メルトアウトし地下水を放射能水蒸気に8/18 ←動画リンク 出演ゲスト:Paul Gunter氏 ロシア・トゥディより


(日本語訳:Jo2Rayden )

司会者:
福島原発事故ニュースが、米国の新聞の一面から消えても、実際はフクシマは継続中です。
事故は現在も悪い状態です。
日本の議会で、7月末に特別参考人として東京大学の児玉教授が新たに放射能数値の証言をしました。

【福島で、なんと広島の原爆放射能の29・6倍の放射能が放出されているのです!】

司会者:
この証言の他に、福島原発のメルトダウンした燃料が地面に溶けだして、この付近の地面の一部が地割れして、熱い水蒸気が噴き出してひどい状態を継続させていると言う報告もあります。
今月初めに、ある匿名のフクシマ事故処理の作業員がその友人に送ったEメールを入手しました。

フクシマ作業員のメール:
「沢山の亀裂が地面にあり、すごい蒸気がそこから立ち上ってきている。ここは水蒸気の煙がすご過ぎて、周りが見えない!核燃料の反応現象が地下で起っているみたいだ!今、みんなで退避中です。風向きに気をつけなければ!」 

司会者:
なにがフクシマで起っているのでしょうか?
なぜ、マスコミはさらに深刻になりつつある原発事故の現状を完全に無視しているのでしょうか?
その回答をこの方に頂きたく思います。Beyond Nuclear(反核・反原発独立系団体)のPaul Gunter氏です。

司会者:ほんとに嫌なことにまだフクシマ事故は継続中ですね。

Gunter:今日で160日になりますね!

司会者:
私の東京の日本人の友人が、この件で心配し始めています。沢山の地割れがあり、すごい蒸気が地面から立ち上っている。これは私の知識では、ジェーン・フォンダの映画 ”チャイナ・シンドローム” のようですね。
原子炉の核燃料がメルトダウンして、地面に突き抜けて地下水脈に接触する。

Gunter:
その通りですね。これは大変憂慮すべき事ですね。
3つの原子炉がメルトダウンしたのは周知の事ですが、格納容器も破損しましたが、現在の状況は、核燃料炉心がメルトダウンし、格納容器から溶け落ちて、建屋コンクリート基礎部分に到達し、地面まで落ちてきて、地下水に当たり、熱い蒸気を作り出している!
既報でご存知のように、作業員が原発建屋外部周辺で計測した値は、10シーベルト/hでした。

司会:つまり、10,000ミリシーベルト/hですね。

Gunter:
別の言い方で、100万ミリREMです。
500REMは致死量です。これは1000REMで、地割れから立ち上っててきているのです!
この放射線は、致命的なものなのです。

司会:お聞きしますが、どのくらいのミリREMが、医療Ⅹ線の値なのですか?

Gunter:
米国の年間許容放射線量は、100ミリREM/年です。
今回のものは、100万ミリREM/毎時なのです。

司会:わぉー!

Gunter:
この致死量の放射線が、地割れから出てきているのです。
彼らは、この原発事故を封じ込めようと原発建屋をおおう鉄骨製テントを建設予定です。これは桁外れの寸法のものです。
しかし今は、原発建屋周辺の地割れから放射性水蒸気が立ち上ってきているのです。
ですから、福島原発事故は制御不能状態で、明らかに想像した以上にさらに深刻になっています。
     
実は、米国NRCは7/28に、福島原発から1.5マイル先で、原子炉から爆発で放出された核燃料の破片の発見を、基本的に認めているのです。これは建屋上階の核燃料保管プールの爆発からのものではないのです。
これが今、非常に憂慮すべきことなのです。

*以降概略:

・日本も米国の大手メディアも、世界の原子力マフィアの影響で、このような重大情報をまともに報道しない、事故を過少に報道しようとしている。

・【福島で、広島の原爆放射能の20-29倍が出ている!】

-END-



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 




英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
162位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR