#福島原発 事故の解説:Arnie Gundersen "日本政府は #東電 を守る事を最優先し国民を­守るのは二の次"日本記者クラブでの出版会見2/20

福島原発事故の解説:Arnie Gundersen "日本政府は東電を守る事を最優先し国民を­守るのは二の次"日本記者クラブでの出版会見 2/20



2012.2.20 ARNIE GUNDERSEN AT THE JAPAN NATIONAL PRESS CLUB
The Japan National Press Club hosts Arnie Gundersen. Over 80 journalists were present where questions were asked regarding the nuclear disaster at Fukushima Daiichi and the ongoing risks associated with the GE Mark 1 BWR nuclear reactors.
http://fairewinds.com/content/arnie-gundersen-japan-national-press-club

*jnpc さんが 2012/02/20 にアップロード分の概要 *転載 

Arnie Gundersen, Nuclear engineer

会見で使用した資料
http://www.jnpc.or.jp/files/2012/02/709cb5f939f98575ef2ea7df46455afa.pdf

著者と語る 『福島第一原発~真相と展望』(集英社新書)
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0628-b/index.html

福島第一原発事故の直後、米テレビでメルトダウンが起きていると指摘した原子力技術者、アーニー・ガンダーセンさんが来日し、新著「福島第一原発 真相と展望」(集英社新書)について語り、質問に答えた。
福島第一原発のマークⅠ型原子炉について、設計上の問題を列挙した。さらに①放射能の封じ込めが設計上、最弱②地震・津波の情報無視③東電と規制当局の密接すぎる関係――­­を指摘し、みな同じことしかいわない「やまびこ効果」で安全神話が広がった、と述べた。住民避難や廃炉、除染の課題をあげ、「日本政府は東電を守ることを最優先し、国民­を­守ることは第二になっている」と批判した。また、原発建設の3条件として①冷却水の確保②地震③人口密度—をあげ、日本は①は十分だが、②と③からみて、原発は難しい­、と­述べた。日本の国土面積は世界の0.3%なのに、世界の地震発生数の10%が集中し、世界のどこと比べても30倍の地震が起こる国だ、と説明。「100年に一度、で­はなく­、1000年に一度のレベルで起こる地震に耐える原発は構造工学上、難しい」と述べ、「ほかの代替エネルギーを探す方が望ましい」と指摘した。使用済み核燃料の処­分方法に­ついて、「私の学生のころから解決策は5年もあればできるといわれたが、その5年は一度も来なかった」と述べ、ガラス固化法は解決にならない、と説明した。

司会 日本記者クラブ企画委員 井田 由美(日本テレビ)
通訳 長井 鞠子 (サイマル・インターナショナル)

Fairewinds Associates Inc. のホームページ
http://fairewinds.com/

日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2012/02/r00023890/



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


  英会話スクールWILL Square
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
162位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR