#Gundersen: #Fukushima #放射能 健康被害 #原発 石棺化必要!(日本語訳) US intervention #Japan #Nuclear Politics

Gundersen: Fukushima, 放射能健康被害、原発は石棺化必要!(日本語訳)
US intervention Japan's Nuclear Politics.
 
<日本語訳↓・字幕: Jo2Rayden > *Source: The BEZ (WBEZ Radio) Date: Oct. 2, 2012
http://www.fairewinds.org/ja/content/npr-chicago-world-view-discussion-fukushima-and-world-nuclear-politics

* 1:13よりインタヴュー開始(日本語字幕)。
「ようこそ、Arnie Gundersenさん。」

Gundersen: どういたしまして。

「第一に、原子炉それ自体は、誰でも知っていると思いますが、完全に即席に除染することは出来ないでしょう。」「しかし、どの様な手段で、私たちは対処するのでしょうか?」

Gundersen:
多くの人々が、福島第一の原子炉は最終的にシャットダウンしたと考えています。地震直後に、原子炉制御棒が原子炉に挿入され、核連鎖反応が止まっています。核燃料は、5年間は物理的に高温なままです。数十年間は、高放射能です。つまり、今起こっているのは、原発が高度に汚染され続けているという事です。多くの崩壊熱がまだあります。
1号機は、昨日、冷却装置の問題のため、約18度温度増加しました。したがって、たとえ公式に冷温停止状態と宣言しても、それらを冷やさなければなりません。4つの原子炉は、すべて高度に汚染されていて、作業は、ほとんどすべて遠隔に行われています。巨大な建設用クレーンがあります。オペレーターはいません。また、それらはこの原発建物の撤去に使ったワイヤーによって行われています。
1号機で最も興味深いことは、それを冷却し続けなければいけないこと。
彼らが、起こっていると考えているのは、ある種の生物的な汚れが生じているのです。パイプは、有機体をその内部で育てているのです。そして、そのパイプは、原子炉に冷却水を流し込んでいます。水温は、まだ摂氏・約80度。華氏・約170度です。したがって、それはまだ沸騰していませんが、その問題が解決されない場合、たとえ、事故後18か月経っても、これら原子炉は再び沸騰し始めるでしょう。

この一年間で、私は考えを変えました。
[熔けた核燃料]は、約5年間は物理的に冷えなければなりません。その後、十分に冷却され、水冷ポンプを動かさなくてもよくなります。5年後に、非常に費用が掛かるが困難な汚染除去および撤去を始めることができると、私は思っていました。
過去18か月で、私は考えを変えました。原発は高放射能です。
問題は、何万もの日本人作業員を高放射能で被曝させるのか?
あるいは、これらの原子力発電所を単に[石棺化]長期保存し、そして、100年後に戻るのか?
どちらの方法をとっても、1000億ドルの費用が掛かるのです。福島第一原発だけでですよ!
福島県の除染費用を除いてです。4つの原発が爆発したのです。
問題は、[70-100億ドル]も今費やすのか?
そして人々に危険な被曝をさせるのか?
なんの利得のために?
或いは、コンクリートでこれら原発を石棺化し、100年後に戻ってくるのか?
それは日本人が、まだ答えなければならない疑問なのです。

「何をすべきでしょうか?」

Gundersen:
原子炉を石棺化し、後で戻るべきでしょう。なぜ、そのようにしないのかと言えば、見た目のインパクトの恥ずかしさなどが確かにあるのです。
しかし今、私の考えでは、除染作業での人々の生命と癌の可能性の方が重要です。
チェルノブイリで行った、原子炉のまわりを石棺化することを基本的に行うべきでしょう。基本的にそれらをコンクリートで覆うことです。
更にプラントの下の穴からの水と、地下水のくみ上げが絶えず必要でしょう。なぜなら、海洋および地下水への放射性物質の浸出がまだあるので、それが外の環境に漏出しないようにしなければなりません。
私自身の心には、原発の除染作業の単なる物理的影響の為に高濃度放射線に、何万もの日本人作業員を被曝させる行為を、正当化できません。
 

*1:13 Gundersen: There' still a lot of decay heat. Just yesterday Unit 1 saw a temperature increase of about 18 degrees because of a cooling system problem. So they have to be cooled even though they're officially shut down. ..Unit 1′s been the most interesting as far as keeping it cool. They think what's happening is some sort of biological fouling is occurring, the pipes are getting organisms growing inside of them, and it's plugging the cooling flow into the reactor. If the problem doesn't get resolved, again even though its 18 months after the accident, these reactors can begin to boil again.

* 3:52 Gundersen: The question is do you spend it [$70-100 billion] now and risk high exposures to people for what gain, or do you entomb these plants with concrete and then come back in a hundred years, that's a question the Japanese have yet to answer. ..I would entomb them and come back later. ..I would do basically what we've done at Chernobyl, which is put a sarcophagus around it. Basically fill them with concrete. I would also then bore under the plants and continually withdraw the groundwater, because there's still going to be seepage of radioactive material into the ocean and into the groundwater and keep that from seeping out into the environment. ..I just cant justify in my own mind exposing tens of thousands of Japanese workers to high levels of radiation.

* 18:56より日本語字幕。
Gundersen:
米国現政府、オバマ大統領の高官、ヒラリー・クリントン国務長官が、先月、日本に原子力発電を止めない様ロビー活動をし、したがって、日本の財界側と同様にアメリカからの集中的な圧力があり、この手の曖昧な[脱原発]デッドラインを作成し、実際には誰も何もできないようになったのです。
* 18:56 Hillary Clinton and the current administration's intervention in Japanese politics to persuade them to continue on with their nuclear program.



* 24:56から日本語字幕。
「将来、人々が直面する健康への憂慮はありますか?それに対する現実的な心構えはありますか?」

Gundersen:
いいえ。原子力産業は、こう言っています。これら原発事故の結果、100人が癌になるでしょうと。
私は、率直に...分析を述べましたが、事故により100万人が癌になるでしょう。
原発事故の前に信頼されていた、その同じ人たちが今こう言う。事故は起こり得ないと。そして、今、彼らはこう言う、影響は、最小であると。東電と原子力保安院の両方に大きな不信感があります。
市民は、その権威を信頼せず、別の科学情報を探し求めています。

「なぜ、あなたは100万人が癌になると考えるのですか?」

Gundersen:
私はこの計算数値を、スリーマイル島とチェルノブイリ事故の記録から得ました。
その比率から、この事故は、スリーマイル島事故の10万2000倍の量の放射能を放出しました。
比較可能なレベルでは、チェルノブイリより恐らく3倍も多くの希ガス放出とやや少ない量のセシウムを放出しました。だが、比較可能な点は、日本が、2つの事故より、より高い人口密度であるということ。
スリーマイル島事故では、5年後で、肺癌が統計的に20パーセントの増加を示しました。
北カロライナの医学者スティーヴ・ウイング博士によるデータです。
その証拠と比率を、その人口密度の中で放出された量に当てはめてみると、100万人に癌が発症すると導き出されるのです。
私たちは、それを既に見ているのです。
過去2、3か月に検査された4000人の子供達がいますが、そのほとんど半数は、甲状腺結節なのです。通常、甲状腺結節の発症は、子供の1、2パーセントだけなのです。つまり、私たちは、癌の前兆の甚大な増加を見ているのです。甲状腺がんの予備軍として、検査人数で4000人の子供たちから見ているのです。
更に、屋内のほこりのサンプルとして、市民から私たちに送られた電気掃除機のごみバッグがあり、これら家の屋内ほこりは、天文学的放射線数値で、1つのバッグは欧州のラボでテストされましたが、掃除機の907グラムのバッグの中で、10万ベクレルでした。放射性物質は家の中の床にあり、日本人は畳の上で寝たりします。また、私たちは床の上で生活し、座ったりします。日本での体内汚染は、重要な要因になるでしょう。
内部被曝数値の計算では、日本政府もIAEAも、それを考慮に入れていません。

* 24:56 Gundersen: I’m coming up with something on the order a million cancers. We’re seeing that already [...] Kids were tested just in the last couple months and almost half of them had thyroid nodules [and cysts]. Normally about 1 to 2% of kids would have thyroid nodules. So we’re seeing an enormous increase in cancer precursor for thyroid cancers.
The indoor dust in these home is astronomical. The Japanese essentially live on the floor […] Internal contamination in Japan will be a significant factor. Neither the Japanese government nor the IAEA is taking that into account when they do their numbers.
-END-


    英会話スクールWILL Square
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
514位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
225位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR