東電と日本だけじゃない、政府と原発業界が世界中でズブズブ関係! ガンダーセン

東電と日本だけじゃない、政府と原発業界が世界中でズブズブ関係! 10/2 ガンダーセン ←動画リンク
Nuclear Oversight Lacking Worldwide



<概要・日本語訳:Jo2Rayden>
・フェアウィンズは、ニューヨーク・タイムズの論説「フクシマ原発事故は、日本の原子力保安院が東電を監督しきれていなかったのが原因だ。」と言う批判に、同意出来ません。

・米国の原子力規制委員会NRCと原子力産業の関係も、日本と同様にもたれ合い関係が存在するのです。

・原子力発電に対する安全保証実施費用が、原子力産業により拒絶される事により、厳格なはずの原子力規制機関が、世界中で原子力産業に協力しているのです。


<日本語訳:フェアウィンズサイトより転載 **一部訳修正: Jo2Rayden>

こんにちは。フェアウィンズのアーニー・ガンダ‐センです。
今日は原子炉を所有している側と原子炉を規制する側との関係についてお話したいと思います。

これはアメリカだけの話ではなく、日本をはじめ世界中においてのことです。先週NYタイムスに載っていたある論説を目にしてこのことについて考えさせられました。その論説というのは南カリフォルニア大学のある教授によって書かれたもので、その教授は各国の原子炉の規制について研究している方です。その論説で、教授はフクシマの事故について「安全神話のなかで起きた怠慢の結果であり(中略)安全保安院ひとつをとってみても、原子力産業から独立した機関ではありませんでした。原発を稼働している東電は今まで長きにわたって安全性を軽視し、政府からの監視を最小限に抑えてつつ原発を稼働できるような、お粗末としか言いようのない脆弱な安全体制だったと言えます」と語っています。

 そして、こうした問題の解決案として、「国と国とその規制機関を、もっと緊密に共同運営させる必要が現在あります。」と提案しています。**

私は教授の意見には賛成しません。国同士のより緊密な連携など必要ありません。
我々がやるべきことは今ある安全基準をきちんと守らせることです。
フクシマ原発事故の責任は、東電と日本政府のなれあいのせいだとするのは違います。** 
それでは他の国々は日本よりきちんと管理しているということになってしまいます。実際はそうではないはずです。
今日の動画ではこのことについてお話したいと思います。

フクシマの稼働が始まったのは45年前。福島第一原発はアメリカの設計で、アメリカの会社が建設しました。
 福島原発の問題を日本の原発規制機関と東電との蜜月関係だと断定してしまうはごまかしであり、原発業界全体の隠ぺい体質を隠すことになります。**
 
1974年までNRC(原子力規制委員会)は原子力委員会という名前の機関によって規制されていました。原子力委員会(AEC)は外郭支部として推進、規制を行っていましたが、アメリカ議会はこうした状況がうまく機能していないと認識していました。そこで、AECをNRCとエネルギー省の2つに分割しました。
 理論上は、エネルギー省が推進を担当し、NRCが規制を担当するものでした。実際には、同じチーム・スタッフで、名前を変え同じジャージを着ていました。**

1974年にアメリカ議会は慣れ合いが過ぎると認識していました。さて80年代に飛んでみましょう。状況は変わったのでしょうか。 ここに1987年に発行された報告書があります。そのタイトルは『業界とNRCの慣れ合い』で、米議会の内務島民事務局委員会(*天然資源に関する米国下院委員会)が作成したものです。とても長い100ページある報告書で、スキャンイメージされたものですが、みなさんには3点ピックアップして読んでみたいと思います。 

まず最初のポイントは、議会内部のスタッフや議員たちは「NRCはミシガン州のフェルミ原発の許認可の不正捜査を妨害、誘導している」ことを突き止めました。 

第2に、5人のNRC委員の1人が「不正に抵触する行動をとっており、原子力業界と引き続き緊密な関係を 保っていることを表わしている」ということが調査で発覚しました。

最後に、彼らが見つけた事を、みなさんにもよく聞いていただきたい。
「解決すべき問題があることを十分示す記録が、豊富に挙がっているにも関わらず、NRCは、自らのスタッフが既存の原発の安全性向上を要求する能力を、厳格に制限する規則を施行しました。」**
 
ではもう10年飛んで、1990年代にいきましょう。1990年代、NRCの監察総監は、デビッド・ウィリアムス氏という方でした。彼は委員への手紙で、NRCの問題は、彼らは原子力発電所を所有する人々にだけ耳を傾け、原子力に真っ当な懸念を抱いている人たちの話を全く聞かない、と書いています。彼の正確な言葉だと、「NRCは、受注業者の受け売りに依存している」というものです。

当時、私のことも一部、その報告書に触れられました。私はNRCに安全性に関していくつか問題点を報告しましたが、無視されました。その過程で、規制機関と規制の対象になるものとの間に蜜月関係があることを発見しました。この蜜月関係は、ジョン・グレン上院議員との議会の公聴会にも影響を与えました。その公聴会でNRC議長はこう言いました。「これは真実です。ガンダーセン氏の発言は完全に正しかった。彼はとても貢献してくれました。」ですが公聴会の後、何も変わりませんでした。NRC議長の議会への発言は、規制機関の行動に何も影響を与えませんでした。

では更に10年進んで、21世紀初めへ進みましょう。オースチン・クロニクル誌に掲載された素晴らしい報道記事がありました。記事は調査報道として秀逸で、『原子力のためのやらせ(Will Shill For Nukes)』というタイトルです。この記者は原子力業界の交易組織であるNEIが論説を書き、それらを国内の原子力工学専門の大学教授へ送り、地域の新聞へ寄稿するよう依頼していることを突き止めたのです。結構な数の教授が便宜を図りました。原子力業界によって書かれた論説が大学教授に渡され、大学教授の名前で地域の新聞の社説に掲載され、原子力の有益性を売り込んだのです。

さらに興味深いのは、話の中で触れられている大学教授のひとりに、デイル・クライン氏の名前があることです。この調査報道レポートが掲載された1年後、クライン氏がNRCの議長になっているのです。

さて、最後に、2年前のことになります。NRCの検査官長がNRCの委員の1人について書いた報告書があります。この方はジェフリー・メリーフィールドという方です。メリーフィールド委員は、委員である間になんとか原子力業界で再就職先を見つけようと思っていました。そこで彼は、規制される側の人たちに呼びかけ、仕事の斡旋を頼んでいたのです。頼んだだけでなく、実際彼は就職先を見つけました。委員として最後の2,3ヵ月間彼は再就職先に有利になるような決定をしていました。NRCを退職したら年間100万ドルの年収を約束してくれている再就職先です。その報告書も、このウェブサイトに掲載されています。興味深い報告書です。

今日、事態はまったく変わっていません。ちょうど先月、国際原子力機関との会合がありました。非公開で行われ、原子力業界の重役と、政府高官たちが集まりました。

日本で起きたこの重大な事故は、日本の文化に特有の話ではありません。むしろそれは世界中の国々に、原子力業界が強いている圧力を物語っているのです。このことは、あなたの国でも起こりえるのです。

ありがとうございます。

-END-


2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
298位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR