ゴミ焼却で放射能再浮遊し新ホットスポット作る! ガンダーセン10/20(日本語訳)

ゴミ焼却で放射能再浮遊し新ホットスポット作る!ガンダーセン10/20(日本語訳) ←動画リンク
Fukushima Update with Arnie Gunderson - 2011 10/20


 

<日本語訳:Jo2Rayden>
James Corbett:
Fukushima update.com のJames Corbettです。米国からアーニー・ガンダーセン氏を迎えてお送りいたします。
ガンダーセン氏は39年間原発産業の技術者として30年間携わってられ、原発関連会社の元副社長でした。17基の米国の原発操業に専門家として携わってられました。また、エネルギー省のハンドブック初号版に専門家として協力されていました。原子力の分野で検索すれば皆さんにもわかります。
今回は出演ありがとうございます。

ガンダーセン:
お招きありがとうございます。ベルモントからおはようございます。

James Corbett:
日本から今晩は。お話出来て光栄です。
では、早速お聞きしたいのは、誰もが気にしている福島原発事故の事です。あちこちにホットスポットがあり、東京でも確認され憂慮されてますが、この事についてお聞かせ下さい。

ガンダーセン:
もっと多くのホットスポットについて公に論じられています。多くのホットスポットが、新しいものかどうかはわかりませんが、人々がホットスポットを確認し始めています。東京が、間違いなく大量の放射能に汚染され、これは原発事故後の2週間の期間であり、その多くがこの期間の放射線です。
しかし、興味深いことに、我々が計測したデータでは、東京の家屋の空気フィルターでの放射線の値が、先月上昇していることです。二か月前と比較してです。これは、最初のフクシマの爆発から来たものではありません。
私は、これは東京の周りと日本中でゴミ焼却により、セシウムを再揮発(再浮遊)させ、その為、放射能の値が変化し始め、新たなホットスポットを作り始めたのだと思います。
ですから、ホットスポットは新しく出来て、新しいものは、焼却によりもっとできる。なぜなら、再揮発(再浮遊)したもので、いつまでも土壌にあるわけでない。我々が計測した空気フィルターは、ひと月前に交換したもので、つまり、このデータで、セシウムは空気中に再拡散したのだとわかります。 
  
James Corbett:
非常に憂慮すべき事ですね!
東電が、発表した”冷温停止状態が予定より一か月早くなるとの話について、どんな意味だと思われますか?

ガンダーセン:
冷温停止とは、原発事業者の定義です。この意味は、原子炉の温度が100度以下になり、核燃料が原子炉に収まっている状態です。
思い出してください。燃料パレットは、私の人差し指の大きさ位で、4mの高さの長いチューブに繋がり、何千ものチューブになっています。もし、それが水に浸されている通常の炉心の場合、100度かそれ以下です。この長い核燃料チューブが、100度かそれ以下の状態で通常の炉心内にある。これを冷温停止と言います。
私は、東電の言う”福島1・2・3号基の冷温停止状態”とは、水温は100度で、炉心は間違いなくメルトダウンしていますので、格納容器の底部は、100度ではないと思います。
東電の2週間前のビデオで、雲状の煙が2号機の内部から出ており、別のビデオでは、雲状の煙が3号機の内部から出ています。これは蒸気です。問題は、これが明らかに示すのは、格納容器の気密性がない事です。格納容器の漏れがあることです。”冷温停止”していれば、蒸気は出てくるはずありません!

James Corbett:
確かにそうですね。では、東電と日本政府の次のステップはなんでしょうか?

ガンダーセン:
私は、なにが彼らに出来るかと言うと、1号基は鉄骨製テントで覆われました。これは良い事です。テントと大きな空気フィルターが繋がります。次のひと月位で、1号機の内部の空気が浄化されてくるでしょう。次の準備は、おそらく4号機になるでしょう。そして、2号機です。
3号機は、とてもひどい状態で、とてもすぐに鉄骨テントを覆えるとは思えません。少なくとも、総ての瓦礫を除去しなければ始まらないでしょう。
しかし、東電の言う”冷温停止状態”とは、格納容器の底部から汚染水を出すことです。汚染水は、アレヴァのシステムを経由して、ポンプで汲み出しており、非常に放射性物質で汚染されているのでフィルター処理がまず必要なのです。さもなくば、ポンプは壊れ、作業員は被曝してしまうからです。ですから、アレヴァの汚染水浄化装置フィルターは非常に高い放射能で汚染されています。非常に高い放射能では、どんなフィルターも、どんな原発でも使用された事が無いのです。この問題に、誰も遭遇したことがないのです。
我々は、非常に高放射能の汚染水を浄化させ、それをポンプで再度炉心に注入するのです。総ての注入ルートが再汚染され、水が溶けた核燃料に接触し、再汚染されていくのです。ですから、アレヴァのフィルターは、どんどん高放射能になっていきます。日本政府の次の問題は、この高汚染フィルターをどうしていくのかなのです。未だかつて、こんな高汚染フィルターを処分した経験は、原子力産業にはないのです。

-END-

*訳者補足:ごみ焼却でセシウムが再揮発して、東京の家屋のエア・フィルターの放射線数値が2か月前と比べ9月に上昇しているとガンダーセン氏は言っているが、訳者はこれだけが原因ではないと思います。
-7月末~8月中旬、福島第一原発で再臨界が起きていた? - 週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2011/09/12/6900/ 実はこれがガンダーセン氏曰く瓦礫焼却で放射線数値が東京で9月再増加の主原因ではないだろうか?

*11/2追記:やはり再臨界していたことを東電が認めました!
---9月は台風13号、15号が本州中央部に上陸し、その時期は東北方面(福島)から南西に向かい強風が流れ続けていた。つまり、放射性粒子が本州中央部に流れていまし­た。再臨界した大気中の放射性粒子が台風の大雨で地上に落ち、放射線数値が上昇したのでしょう。

*下記スイスの気象情報<放射性粒子拡散予測>を見ると、この時期の拡散状態がわかります。^^
http://www.youtube.com/watch?v=Qb4KF0MyNhs&feature=channel_video_title

*もちろん、放射性瓦礫を東北地方で焼却処理している為、セシウム等が再浮遊、拡散していると思います。瓦礫全国拡散焼却計画には反対しましょう!

*関連: 瓦礫焼却で放射能再拡散!福島原発再臨界していた事を米NRCが証明!8/21
http://www.youtube.com/watch?v=bSZzhBXLuLk
 
*元動画: http://fukushimaupdate.com/fukushima-and-the-fall-of-the-nuclear-priesthood/
*元投稿者: http://fukushimaupdate.com/ by James Corbett



  
関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

にゃ。
こんばんはですにゃ。
冷温停止って外国の人も気にしてるんだにゃ。

あと、
放射能まき散らし直してるのかにゃ?

あと、
フィルター交換できない気がしてきたにゃ。
すごい怖いですにゃ。

教えてくれてありがとですにゃ。
にゃぁにゃぁ。
プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
181位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR