福島原発3号機が放射性蒸気放出継続中!新映像が証明!10/19 ガンダーセン(日本語訳)

福島原発3号機が放射性蒸気放出継続中!新映像が証明!10/19 ガンダーセン(日本語訳)New Photos of Fukushima Unit 3 TEPCO Trouble by Arnie Gundersen, Fairewinds Oct.19 ←動画リンク 


<日本語訳:Jo2Rayden>
・先週東電により立証された福島原発の3枚の新写真の解析、フェアウィンズによる燃料プールで起った3号機の爆発の異論。
- 1号機は水素爆発だが、3号機の爆発は水素爆発でなく、【即発"緩和"臨界爆発】である。

・フェアウィンズは、甚大な損傷は福島3号機の格納容器で起ったと信じています。
- 事故後15-16日後の上空からの写真で、格納容器から蒸気が出ているのを確認出来る。

・2つの出来事(燃料プール爆発と格納容器の損傷)は、同時に起ったのではない。

・ビデオでは、鉄骨テント装置が福島1号機に設置されたことについて簡潔に論じます。
- 鉄骨テントカバーで1号機を覆うことにより、設置されるフィルター喚起装置で放射性粒子の外部への放出を抑える事が出来る。しかし、汚染水の漏洩はテントではだめで、遮蔽壁を設置しなければ抑えられない。

*元動画と英語全文: http://www.fairewinds.com/content/new-tepco-photographs-substantiate-significant-damage-fukushima-unit-3

<ビデオ日本語訳 >   
Hi, I'm Arnie Gundersen from Fairewinds. I would like to talk to you today about some new photographs that were just recently released by Tokyo Electric.
フェアウィンズのアーニー・ガンダーセンです。東電が最近公表したいくつかの新写真についてお話ししたく思います。

First is the cover that was surrounding Fukushima Unit 1 is almost installed. Now that does not mean it is airtight, but it is better than what was there before.
まず、福島原発1号機が、鉄骨製テントカバーでほとんど覆われました。この事は、これで大丈夫という意味ではありません。しかし、以前より良くはなりました。
 
What they will do with that cover when it is completely installed is they will take the gasses that are being created inside the nuclear reactor and they will run them through filters and go up the stack.
この鉄骨テントカバーが完成したら何をするかと言えば、炉心から作られる放射性ガスを捉えて、それをフィルターを通して煙突へ送り込む事です。

So it does not eliminate all of the radiation, but it does capture it and send it up a stack to a much higher elevation. But the liquid radiation is not being trapped by this barrier. It is a start and it is a good start, but they are not there yet.
つまり、この装置は放射能を除去するのでなく、しかし、それを捕え、煙突に送り込み更に高濃度にするのです。
しかし、放射性汚染水は、このテントの障壁で防げません。
鉄骨製テントカバー装置は、始まりました。始まったのは良いことですが、これは障壁になりません。

More importantly, TEPCO just released some pictures of Unit 3 which are worth taking a look at. Now, to back up a little bit, you will recall that as the accident began back in March and April, we dissected some videos of the explosion in Unit 1 and compared it to the explosion in Unit 3.
より重要なのは、東電は3号機の幾つかの写真を公開しました。これは酷い状態の写真です。
今すこし補足しましょう。思い出して下さい。原発事故は、3月に始まりました。4月に、我々は1号機の爆発の幾つかのビデオを解析し、3号機の爆発と比較しました。

I will show you those right now, and they are quick. The first one blows outward and then Unit 3 on the other hand, after an initial spark, an initial flame front on the south side blows upward. Unit 3 is much more dramatic and much more powerful than Unit 1.
これらのビデオを今お見せしましょう。簡潔にです。1つ目の爆発は、横に爆発しています。そして一方、3号機は最初のスパークの後に、最初の炎が南側側面で起き、上方に爆発しています。3号機の爆発は、1号機に比べて、もっと劇的で、もっと破壊力のあるものでした。

Now Tokyo Electric has released a new photograph. The first photograph is taken from behind the building, so you are still looking out toward the ocean at a slightly different camera angle. The fuel pool is on the south side which is the right of this picture.
今、東電は、新しい写真を公開しました。最初の写真は、ビルの背後から撮ったものです。そう、あなたはいまだに海に向かった少し違う角度のカメラのものを見ているのです。核燃料プールは、南側にあり、この写真の右側になります。

Look in the center of the building. The roof has collapsed and there is a large kind of grey structure in there. That is the trolley for the overhead crane in the middle of the building.
建物の中央を見てください。屋根は崩壊し、大きな灰色の建造物がそこにあります。それは、滑車上の大型クレーンで、建物の中央にあるのです。

That crane is used to lift heavy components like the nuclear reactor head, and it is also used to lift shield plugs that go over top of the nuclear reactor before it starts up after every refueling.
So the crane has collapsed but it is in the center of the building.
このクレーンは、核燃料炉の上部などの重い装置を持ち上げるのに使われます。
また、このクレーンは、核燃料を毎回再挿入し始める前に、核燃料炉の上に設置される遮蔽プラグを持ち上げるのに使われます。つまり、このクレーンが倒壊し、しかも建物中央部に存在するのです。

Now the next picture will pick up right at that crane again. That centers it in the building. The right side is the south side toward the fuel pool. The center still has the roof girders over it. The roofing is gone, but the roof girders are still in place. The roof has collapsed almost straight down on that crane.
では次の写真は、右側のクレーンを撮ったものです。建物の中央にあります。右側で、核燃料プールから向かって南側になります。中央には、まだ屋根の支柱が見えます。屋根は消滅し、屋根の支柱はいまだに存在します。屋根は、ほとんど真直ぐこのクレーンの上に落下しています。

But look over toward the fuel pool now. When you look at the fuel pool, there is no roof left. As a matter of fact, one of the major structural beams is cracked in half. I think that shows what I have been saying since April, that the explosion occurred over the fuel pool initially. That is where the dramatic energy was released, over the fuel pool.
しかしながら、核燃料プールを見ていただきたい。核燃料プールを見ますと、屋根が存在しません。つまり実際は、大きな構造物のはりの半分が破壊されているのです。この事が示すのは、私が4月から言い続けている様に、爆発は最初に核燃料プールで起っていたのです。劇的なエネルギーが、核燃料プールから放出されていたのです。

The industry's position is that this is just another hydrogen detonation. In fact, it is not. If it were hydrogen gas, that entire building would be uniformly distributed with hydrogen. And the explosion would have just started and moved slowly from one end of the building to the other, but it would have been uniform. This picture clearly shows that the reaction was not uniform and that it started over the fuel pool.
東電の見解では、この爆発は単なる別の水素爆発です。実際は、そうではありません。もし、これが水素ガスなら、建物全体が水素ガスで均一に満たされなければなりません。そして、爆発は、建物の一部から他の場所へとゆっくりと動き、始まらなければならない。均一のものでなければいけなかった。
この写真は、(爆発)現象は均一でなく、核燃料プールで始まったことを明示しています。

Now related to the fuel pool, of course, is the fact that the rubble has now fallen into the pool. You can see it is obviously disrupted. It will be really hard to determine the exact cause of that fuel pool explosion. I still believe that it was a prompt, moderated, nuclear criticality. Only time will tell.
では、核燃料プールに関連してですが、もちろん、瓦礫は現在、核燃料プールに落ちています。明らかに破壊されているのを見ることができます。その核燃料プールの爆発の正確な原因を判断するのは、本当に難しいでしょう。私は、それが即発"緩和"核臨界だったと思います。時間が経てば自ずと答えは分かります。
 
But it is a theory that accounts for the explosion on that side of the building. It accounts for the energy release on that side of the building and the fact that there is no roof there any more.
It also accounts for the fact that fuel fragments were found near the building and were bulldozed under. And fuel fragments were found as far as a mile and a half away.
しかし、これは建物側面での爆発を根拠にした理論です。建物側面のエネルギー放出と、屋根がそこに存在しないという事実が、根拠です。
また、核燃料の破片が建物の近くで発見され、地面にブルドーザーで埋めたという事実が、根拠なのです。
核燃料の破片は、1.5マイル(2.4km)以上離れた場所で発見されたのです。

The only way that could happen is if the nuclear reactor fuel that is stored in that pool, were pushed upward by an explosion. That cannot happen with a hydrogen explosion, but it is quite possible with an inadvertent criticality like I postulated.
起こり得る唯一の方法は、そのプールに保管されている原子炉の核燃料が、爆発によって上昇飛散した場合だけなのです。これは、水素爆発では起り得ません。しかしながら、私は、それは十分に有り得る予期しない臨界爆発だったと想定していたのです。   

The last thing I wanted to talk to you about today is a re-analysis of an old Tokyo Electric video, in light of this new photograph. Now this video was taken about 15-16 days after the accident and you will see a large amount of steam coming out of the floor.
最後に、今日、私がお話したいのは、この新写真に焦点を当て、東電の以前のビデオを再分析してみました。
このビデオは、事故後15-16日後の上空から撮影されたもので、大量の蒸気が床から出ているのが確認できます。

This is in Unit 3 and above it is that girder for the traveling crane. That means that the steam is in the middle of the building, not over the fuel pool. The fuel pool would not steam like that.
これは3号機で、上部はクレーンを動かすレールです。つまり、蒸気は建物の中央から出ているのです。核燃料プールの上からではありません。核燃料プールからはこの様な蒸気は出ません。

The fuel pool would be much more gentle, almost like a lake with fog over it. But this steam is being pushed out and it is occurring in the middle of the building. What that tells me, is that the containment underneath that crane has been damaged. The containment is leaking.
核燃料プールなら、もっと緩やかで、湖上の霧の様になるでしょう。しかし、蒸気は、はっきりと放出され、建物の中央で発生しているのです。なにを意味するかと言えば、クレーンの下の格納容器が損傷しているのです。格納容器が漏れているのです。

There is no way that amount of steam could be getting out were it not for the fact that the containment is leaking.Since then we have continually seen steam coming out of Unit 3 in the center.
大量の蒸気を外部放出出来る方法がないと言うのは、事実でなく、格納容器から漏らし続けているのです。事故以来、3号機中央からの蒸気放出を見続けているのです。 

So I think we have two things going on here. I think we had an explosion that occurred on the south side over the fuel pool. And I think there is a damaged containment. I do not believe that they are a simultaneous event.But I think it is important to recognize just how seriously damaged Unit 3 is.
従って、私は二つの事がここで起きていると思います。爆発は南側側面の核燃料プールの上部で起きたのです。
格納容器に損傷があるでしょう。私は、これらが同時に起きた現象だと思いません。しかしながら、3号機がどれだけ深刻な損傷なのか認識することが、重要だと思います。  

I will keep you informed as the situation develops.
Thank you.
また状況の進展がありましたら、ご報告したく思います。
ありがとうございました。

-END-


2015年放射能クライシス2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 

  
関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます

あんな早い英語を聞き取れるなんて羨ましいなと思いながら、いつも拝見しています。

ガンダーセン氏といい、バズビー氏といい、ちゃんとした経歴を持っている専門家が意見を述べているだけなのに、こうした人たちが何となく胡散臭く見えてしまうのは、日本風の「専門家=公式見解」みたいな図式に毒され過ぎたせいなのかな、などといつもビデオを見る度に思ってしまいます。
事故以来、いろんなものを眉に唾を付けて見るようになりましたが、染み付いた習慣はなかなか消えないものです。
プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
204位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR