死の駅伝 The Ekiden of death .../L'ekiden de la mort… - フランスLe Monde (Blog)11/13

死の駅伝 The Ekiden of death ...
Published on November 13, 2011 by Philippe Mesmer
L'ekiden de la mort… - Le Monde (Blog): L'ekiden de la mort…Le Monde (Blog)La décision des autorités
* Original site: http://mesmer.blog.lemonde.fr/2011/11/13/lekiden-de-la-mort/
Philippe Mesmer(ル・モンド誌等の東京特派員・記者,Correspondent for Le Monde and L'Express in Tokyo, covering Japan and Koreas) http://mesmer.blog.lemonde.fr
*フランス、ル・モンド:ブログより。
【注意】ル・モンド誌からではありません!
(フランス語から英語へ自動翻訳。この英語一部を日本語訳。どなたか仏語の分かる方が、フランス語の原文全文を日本語に訳されれる事を望みます。m(_ _)m)

福島県の決定により開催されている。
The decision of the authorities of the prefecture of Fukushima, the most affected by the nuclear crisis, maintain the traditional Ekiden (駅伝, a relay race, from this time from 3 to 10 km, for a total of 42.195 kilometers, the distance d a marathon) of high school students, is at least questionable. Adolescents from 17 prefectures (Tohoku, but also in Tokyo and Yamanashi) are at the 27th edition of the competition this Sunday, November 13 in and around the city of Fukushima.

イベントは、サンケイスポーツの支援を受けて、東北・福島のテレビ局と陸上競技連盟が主催するだけでなく、トヨタ、JR東日本鉄道とミズノが支援。
The event is organized by the Athletics Federation of Television and Tohoku Fukushima, with the support of the daily Sankei Sports, but also Toyota, Citizen of the railway company and the supplier JR East Mizuno.

9月に担当者達は、放射能による危険性はないと主張した。
In September, the organizers claimed that the radiation represented no danger. They furthermore have measured the levels of radioactive contamination along the route. According to them, they exceeded a microsieverts per hour but were on the downside. The city has committed itself to decontaminate Shinobugaoka course, start and finish of the race.



"何か起こった場合、それは【主催者】の責任ではない"と選手に署名させた!
Under these conditions, why these same organizers, according to some sources, asked all the girls to sign a release stating "If anything happens, it will not be our responsibility?" Surprising to compete very popular in Japan and whose very essence is to give strength and good health. Also surprising given that those most vulnerable to radiation are the youngest.

致命的な駅伝 Deadly Ekiden ...
It is strange to see That Fukushima Prefecture Authorities Decided to Maintain ITS traditionnal junior high school and high school Ekiden (駅伝, a traditionnal long-distance relay in Japan). So the 27th edition has-been Held on November 13th in and around Fukushima city, one of the MOST radiation Affected city. Girls from 17 prefectures (Tohoku From aussi goal from Tokyo) are Participating.

イベントは、トヨタ、ミズノ、JR東日本鉄道と市民の支援を受けて、福島テレビと東北体育協会が主催しています。 
The event IS Organised by Tohoku Athletic Association, Along With Fukushima TV, with the support of Toyota, Mizuno, JREast (Railway Company) and Citizen.

担当者は、放射線の危険性を言及していない!
People in charge are not say a radiation hazard. In September, the air THEY Measured radiation level Along the course, and Said it is over a microsievert per hour maximum and That It Is trending down. Fukushima City Decided to decontaminate the Shinobugaoka rentals Including Athletic Field Which starts and finishes the Ekiden.

最も放射線に弱いのは【中高生の選手】子供達である!
Based On That, why, After sources Organisers ask girls to sign a statement if Saying There Is a problem, It Is not Their responsability? It's strange for a competition That Is Supposed to be good for health. Because It Is Also The Most strange persons vulnerable to radiation are children.

-END-



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 



関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

友人のツイッターから参りました。
私現在フランスに手学生をしております。
興味深い記事の紹介、感謝いたします。

一点だけ、翻訳で
「担当者は、放射線の危険性を言及していない!」とされている部分ですが、原文サイトと"not"の位置等細かい部分が違っております。正しくは前半部分で述べられているように「担当者(達)は放射能による危険性はないと公表した」となり、むしろそのほうが「危険性を否定している」→「ではなぜ少女たちに『なにかあった場合の責任は団体側にない』とサインさせるのか?」と、この記事でうったえられている矛盾が明確になると思われます。


Re: No title

ご指摘ありがとうございます^^
ブログにも記載してありますが、"仏語から英語への自動翻訳"ですので、その英語一部を日本語訳しています。どなたか仏語の分かる方が、日本語に訳された方が得策と考え、英語文を全訳してません^^;
当方は英語しか翻訳できませんので、是非貴殿が翻訳され、ブログなどで公開頂ければ幸いですm(_ _)m

Best regards,

> はじめまして。
>
> 友人のツイッターから参りました。
> 私現在フランスに手学生をしております。
> 興味深い記事の紹介、感謝いたします。
>
> 一点だけ、翻訳で
> 「担当者は、放射線の危険性を言及していない!」とされている部分ですが、原文サイトと"not"の位置等細かい部分が違っております。正しくは前半部分で述べられているように「担当者(達)は放射能による危険性はないと公表した」となり、むしろそのほうが「危険性を否定している」→「ではなぜ少女たちに『なにかあった場合の責任は団体側にない』とサインさせるのか?」と、この記事でうったえられている矛盾が明確になると思われます。
プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
514位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
225位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR