福島原発事故は何処でも起こり得るのか? Can Fukushima Happen Here?6/15

福島原発事故は何処でも起こり得るのか? Can Fukushima Happen Here? 6/15

福島原発事故は何故起きたのか!?原子力規制委員会と原子力産業が知られたく無いこと 6/15
Why Fukushima Can Happen HERE!! What the NRC and Nuclear Industry Dont Want You to Know.

ボストン公営図書館での"福島原発事故についての講演会。ガンダーセン博士や原子力学者等が出席。
<概要>
1)David Lockbaum氏( Director of the nuclear safety project with the Union of Concerned Scientists)は、福島第一原子力発電所の事故発生から今までの状況を説明。 福島第一原子力発電所の燃料の損傷の程度は、チェルノブイリやスリーマイル、その他の事故全部を合わせても足らない位。 使用済み燃料プールの構造物と貯蔵量の問題は米国では深刻に懸念すべき問題で、米国内の原子力発電所のうちには、福島第一原子力発電所の10倍もの使用済み核燃料を貯蔵しているところもある。

2) ガンダーセン博士は、Mark1の原子炉の開発を、ウィンドウズのバージョンのグレードアップに例えて、設計上問題の多いGE製Mark1は、改良を加えて、今はMark4までできている。NRCは実は、Mark1原子炉に認可を与えたことを今は後悔している。 ガンダーセン博士は、原子力学者と福島第一原子力発電所の事故の起こる2週間前に、次に事故が起こるとしたらどこかという話をしていたが、「どこかはわからないけれども、Mark-1の原子炉で起こるのは確実だろう。」と語っていた。 福島第一原子力発電所はご存じのとおりGE製Mark1。NRCは、このMark1の原子炉について1972年にはすでに問題を認識していて、1989年に応急処置としてベントを付け加えた。「まるでバンドエイド修理した原子炉格納容器だ!」 緊急時の計画は、インフラが整って機能する、という前提で立てられているので、インフラが機能しなくなれば、計画通りに進まなくなってしまう。 災害はひとつとは限らないので、複数の災害の組み合わせも考慮せねばならない。今後は、福島の苦い教訓を生かさねばならない。

(キャプション訳始まり) Mark1沸騰水型原子炉の既知の安全面での欠陥は、福島第一原子力発電所での原子炉4基の事故がきっかけで大きな問題として注目されたが、知らぬうちに進行する危険が潜んでいる。このビデオでは、規制当局であるNRCと規制プロセスが今まで米国民をいかにして無防備な状態においてきたかを、原子力エンジニアのArnie Gundersen氏とDavid Lochbaum氏が解説する。日本で起こったメルトダウンの経過を順を追って説明し、フクシマから得た事実を世界の原子力産業にどのように生かしていくのか、を検討する。 アメリカの原子力施設の「脆弱なポイント」にも触れるが、そのうちいくつかに対してNRCは30年間対応をしないままである。二人の最終的な結論は、米国でもフクシマで起こったような結果は起こる可能性がある、とということだ。 フクシマ、チェルノブイリ、その他全ての核兵器実験から放出された総量を超える放射性セシウムが、ピルグリム原子力発電所の使用済み燃料プールには貯蔵されているのだが、Gundersen氏とLockbaum氏は、燃料プールの危機的な状況に対処する場合の法的手続きがなぜひとつも存在していないのかを問う。ボストン公立図書館のC-10財団で開催されたフォーラムでは、この他にも安全性の問題が討議された。素晴らしいビデオを作ってくれたHerb Moyer氏と、3号機爆発の映像をコマ送りで編集してくれたGeoff Sutton氏に特に感謝する。 (キャプション訳終わり)

7/11,sunekerinecoさんが簡単な日本語訳概略をブログUP、転載と加筆しました m(_ _)m 感謝!

-END-
関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
153位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR