#福島 の子供たちに心臓病増加の危機! #セシウム が影響! バズビー9/11

福島の子供たちに心臓病増加の危機! セシウムが影響する! バズビー博士9/11 ← 動画リンク


<日本語訳↓:Jo2Rayden>
*注意:この翻訳は、私が無償ボランティアで行ったもので、いかなる団体とも関係ございません。

欧州放射線リスク委員会のクリストファー・バズビーです。福島とチェルノブイリについてお話いたします。
1.放射線リスクモデルを定義するときは、いつも癌や白血病の発生率が語られます。つまり、現在の放射線リスクモデルは、福島でもチェルノブイリでも、どのくらいの癌や白血病が発生するのかを考察するのです。
しかし、私たちは、チェルノブイリで放射線があらゆる種類の病気の原因になっているのを知っており、その中のひとつが"心臓病"です。

2.心臓病が子供に与える影響について

私の同僚ユーリー・バンダジェフスキー、彼は"ベラルーシにおけるチェルノブイリのセシウム137の子供への影響の研究"で有名ですが、90年代後半に、体重1kg当りでわずか20-30べクレルの放射線セシウム137で汚染された子供たちの心臓に、不整脈が起っていることを発見しました。
そして心臓発作を起こし亡くなっているのです。これは非常に深刻な問題です!
問題なのは、癌や白血病だけでなく、心臓の病気です。通常より高い確率で発病しています。普通は、年を取った大人しかならない病気になるのです。つまり、低線量被曝でどの様な病気を引き起こすのかなのです。
私はこの事について研究を始めました。
2-5歳の子供の心臓の大きさは、キューイくらいです。10歳の心臓の大きさは、トマトくらいです。心臓の細胞が何個あるかわかっています。心臓は、220gの重さで、血液を除くと約85gの筋肉組織があります。子供の心臓には、30億個の筋細胞が存在します。これが心臓のデータです。
どの様に検証するのかと言いますと、50ベクレルのセシウム137をこの心臓組織に入れます。1ベクレルは、毎秒の原子核崩壊の放射線量ですので、どれだけ原子核崩壊、又は、電子の形跡がセシウム137が1年間で出るかがわかります。この計算はシンプルなものですが、どれほどの多くの原子核崩壊による電子が細胞内を飛ぶか皆さんも想像できるでしょう。このセシウム137により、わずか1%の細胞が死滅するだけでも、わずか1%ですが、心臓の筋肉としては25%が失われるのです!
これは大変深刻なことです。なぜなら心臓とその筋肉は、生涯に渡り、常に鼓動をするからです。毎日7000Lの血液が身体に流れるのです。我々は70年生きるのです。この鼓動は一生続くのです。

もちろん、この壊死した細胞は普通は置き換わりますが、1年の内たった1%が置き換わるのです。特に一定数の細胞が損傷を受けると、短時間では置き変われません。セシウム137が、年間50ベクレル/kgでは、セシウムは筋肉を侵すことを実証していますし、ヨウ素は甲状腺に、ストロンチウムは骨や筋肉やDNAを攻撃します。セシウム137は、筋肉を犯します。ですから、心臓の筋肉に濃縮されるのです!

これが子供の心臓だとすると、原発事故から1年後には、セシウムはとても少量ですが、およそ25%の細胞が破壊されるでしょう。ですから、私たちは、このような影響を予想しているのです。

同様の放射線の影響は、バンダジェフスキー氏により以前予想されていました。
ある方からお聞きしたのは、福島原発事故の影響を受けた地域の子供たちが、実際に心臓発作に苦しでいるとのことです。
ですから、2つの重要な事が言えます。これは、大変重要なことです。

まず最初に、福島原発の放射線の影響を受けている地域の子供たちは、E.G.C.、つまり心電図の検査の必要があります。総ての病院が、この心電図の計測機器を持っています。この検査を行えば、心電図にその伝動の問題が表れるでしょう。

これは、バンダジェフスキー氏が、偶然発見した方法です。彼は、この報告をした後で、懲役刑を受けました!政府はその報告を信じず、世間を脅かす人物とみなした。その為、懲役刑を宣告され、実際に(8年間)数年の間、刑務所に入っていたのです。これは、アムネスティや欧州委員会、欧州議会が国際パスポートを発給して釈放されるまで続きました。25件の内1件が釈放されるだけなのです。
私は、バンダジェフスキー氏と非常に親しくし、一緒に働いています。彼は、放射線生物学モラルでのMVP賞を受賞している英雄なのです。彼は、欧州放射線リスク委員会(ECRR)レスボス宣言のあった会議で子供たちの心臓病が増加していることを報告書で提出していたのです。

ですから、子供たちは、心電図の計測機で、心臓の電気信号に問題があるか計測すべきです。

「疎開については?」

ええ、もちろん、その様な地域からは退避すべきです。
もし、子供たちのなかの誰かに心臓の問題が出た場合は、総ての子供たちが疎開すべきです!
なぜなら、それはセシウム137が、心臓の筋肉をに影響があったことを臨床的に証明したという意味だからです。
心臓は、修復できません。心臓病は、修復できないのです。
子供たちは、心臓病に恐ろしく苦しみ、若くして亡くなるでしょう。

2番目の重要な点は、もし、あなたが心臓発作や心臓病で亡くなっても、あなたは癌では死なない。なぜなら、癌は年を取った人達の病気だからです。遺伝的ダメージが、年を取るにつれてどんどん大きくなり、そして癌になるのです。年齢が高くなれば、発がん率も上がっていくのです。

心臓への影響は、もっと劇的に早く現れます!
福島のように放射能で汚染された地域では、癌の発生率は極端に伸びる事はないでしょうが、心臓病の大きな増加がみられるでしょう!
実際に、ベラルーシでは、癌の増加と、心臓病の極端な増加が見られます。心臓病の極端な増加です!

その結果として、ベラルーシ共和国の人口統計指数をみると、チェルノブイリ事故後に人口増加が極端に減少しています。現在は、その悪影響が出ているのです。
実際、このまま行くとベラルーシの人口は無くなってしまうのです。
そして、これが福島でも起ることだと予想されるのです。
ですから、私は何度も警告するのです。心臓病と心臓発作について注視を始めて、子供たちをその地域から一刻も早く退避させるべきです!

これは極めて簡潔な計算で、既に計算済ですので、報告書を作成してインターネットで近々発表する予定です。

又、欧州放射線リスク委員会では、バンダジェフスキー氏のレスボス会議での報告書もウェブ上で見ることも可能です。
欧州放射線リスク委員会のウェブ・アドレスは、www.euradcom.org です。

ご視聴どうもありがとうございました。

-END-

* 元動画UP: radioactivebsr
*バルト海諸国放射線監視機構: http://www.BSRRW.org Ditta Rietuma behind camera

* 欧州放射線リスク委員会 ECRR: http://www.euradcom.org

* 福島原発のウラン含む放射性粒子が日本から1000km以上越えた国々で検出 バズビー博士報告書原書/Fukusima Uranium particles in air filters 1000s of km from Japan. Pr C. Busby
http://www.bsrrw.org/wp-content/uploads/2011/04/fukuparticles2-final-20.04.2011.pdf

*ユーリー・バンダジェフスキーについて:
In 1996, he was awarded the Gold Star of Albert Sweizer in Poland the Ministry of Health.
セシウムが多くの病気の原因になる事を報告した後で、1999年にベラルーシで汚職の罪で不当逮捕され、8年の懲役刑判決を受け投獄される。アムネスティや欧州議会等が政­治犯としての不当逮捕を問題化した為、2005年8月5日にやっと釈放される。
→英文出典:http://www.chernobyl-international.org/galina.html
重要点英文抜粋:The conclusion was that the human body will accumulate radioactive elements such as caesium 137 over a long period of time.
Yury proved that a contamination level of as little as 50 becquerels of radioactivity per kilo body weight could cause serious health problems to a child.

*セシウムの影響の報告書(日本語)リンク:
http://hibaku.blogspot.com/2011/08/blog-post_17.html
*参考資料:欧州放射線リスク委員会(ECRR)レスボス宣言:
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/hiroshima_nagasaki/fukushima/ECRR_resbos2009.html



2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 




関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島の子供たちに心臓病増加の危機! セシウムが影響! バズビー9/11

☆欧州放射線リスク委員会のクリストファー・バズビー氏が、福島の子供たちにセシウムの影響による心臓病の発生・増加を警告しています。 セシウムはどうも特に心臓に蓄積されやす

コメントの投稿

非公開コメント

「バズビー研究所」は実在しません

【ご注意】ふくしま集団疎開裁判の会は、バズビー研究所およびCBFCF(Christopher Busby Foundation For Children of Fukusima)とは一切関係がありません。また、ECRR(欧州放射線リスク委員会)のクリス・バズビー博士による「バズビー研究所」は実在しません。
http://fukusima-sokai.blogspot.com/

Re: 「バズビー研究所」は実在しません

こんにちは。
バズビー博士の財団の件ですが、本日9/19付のインタヴューで、本物であることがわかりました。
下記リンクの動画で確認下さい。(英語)

*元動画:radioactivebsr より
http://www.youtube.com/watch?v=4iutbbfduAQ

★ 福島の子供を守れ。バズビー博士 9/19
バズビー博士が日本のNPO法人についてインタビュー。
動画はバズビー博士のHPにアップされております。9/19に本人がインタヴューでNPOが公式なものだと発表されました。 
どうぞご覧下さい。
*元動画:radioactivebsr より 
9/19 バズビー博士が日本のNPO法人についてインタビュー。
動画は バズビー博士のHPにアップされております。 http://www.cbfcf.org/ どうぞご覧下さい。


Best regards,
June Bloke



> 【ご注意】ふくしま集団疎開裁判の会は、バズビー研究所およびCBFCF(Christopher Busby Foundation For Children of Fukusima)とは一切関係がありません。また、ECRR(欧州放射線リスク委員会)のクリス・バズビー博士による「バズビー研究所」は実在しません。
> http://fukusima-sokai.blogspot.com/

福島原発作業員が危険な作業実態を明かす Nuke plant worker breaks

福島原発作業員が危険な作業実態を明かす
Nuke plant worker breaks
動画を見せていただきました。

日本共産党いわき市会議員 渡辺博之氏のようです。
http://jcphiro.exblog.jp/

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
254位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR