#Ohi #Nuke Plant on ActiveFault!? (English translation) 直下地震なら #Meltdown 大爆発 #大飯原発 #活断層 !? 6/14 TV Asahi

Ohi Nuclear Plant on Active Fault!? 直下地震ならMeltdown 大爆発!大飯原発直下に活断層!? 2012/06/14 from TV Asahi



** Translation & Subtitle: Jo2Rayden **



安全性に疑問を呈する専門家もいる。
大飯原発の直下に活断層がある可能性を指摘したのだ。
Some experts questioned its safety.
He pointed out that there may be a active fault beneath the Ohi Nuclear Plant.

渡辺 満久教授:
岩盤がだいたい50cmくらい、ずれているんですよ。これだけずれていると言うことは、新しい時代に動いたと言うことを意味します。
Professor Watanabe:
Bedrock is skewed approximately 50cm long.It has shifted for long length, which means it has moved in a new era.

この指摘に、原子力安全保安院は?
Nuclear Safety answer this pointed out?

原子力安全保安院:活動性はないというふうに、これまで判断してきております。
Nuclear Safety:We have determined there is no activity so far.

活断層ではないとする原子力安全保安委。
Nuclear Safety say“That is not the active fault”.

渡辺教授の指摘はどのようなものなのか?
Professor Watanabe pointed out that what look like?

今回、大飯原発に活断層がある可能性を指摘したのは、東洋大学の渡辺 満久教授。名古屋大学の鈴木康弘教授と共に資料を精査した。島根原発の周辺や敦賀原発の敷地内の活断層について調査、原子力関連施設と活断層について検証を進めてきた専門家だ。
This time, it was pointed out that there may be Active Faults under Ohi Nuclear Plant by Professor Mitsuhisa Watanabe of Toyo University.He was reviewing the material with Professor Yasuhiro Suzuki of Nagoya University.They investigated Active Faults in grounds of Tsuruga Nuclear Plant and around Shimane Nuclear Plant, He is experts examining nuclear facilities and Active Faults.

Q.大飯原発のどこを通るどういう活断層なんでしょうか?
Q.Where and what kind of Active Fault through at Ohi Nuclear Plant ground does have?

渡辺 満久教授:
大飯原発の1号2号3号4号炉ですけど、2号炉と3号炉の間にあるF-6とういう断層ですね。この敷地内にあるF-6とういう断層が、活断層である可能性があるということです。
Professor Watanabe:
Regarding Ohi Nuclear reactors No.1,2,3,4, Fault party F-6 is located between No. 2 and 3 reactors.F-6 fault located in this site may be the Active Faults.

渡辺教授が指摘したのは、大飯原発の中央を南北に走る長さ九百メートルのF6と呼ばれる断層。
Professor Watanabe has been pointed out. Fault called F6 of 900 meters length running north-south through the center of Ohi Nuclear Plant.

渡辺 満久教授:盛んに大丈夫ですという証拠にされているのが、こちら側のスケッチです。南側です。
Professor Watanabe: The evidence that they actively OK is a sketch of this side.South side.

この断層について、関西電力は、これまで岩盤がずれていないので活断層ではないとしてきたが、渡辺教授の見方は違う。
Kansai Electric Power Co. previously determine this fault is not Active Fault, because of bedrock is not shifted.However, the view of Professor Watanabe is different.

渡辺 満久教授:反対側のスケッチですね。北側ですね。これはおかしいじゃないかと!
Professor Watanabe: It is a sketch of the opposite side. It is north.This is strange!

渡辺教授が、原発の設置許可申請書を精査して確認にしたのが、原発北側の岩盤のスケッチ。
Pr. Watanabe confirmed the bedrock of the northern nuclear power plant after inspecting the installation of nuclear power plant license application.

渡辺 満久教授:
岩盤がだいたい50cmくらいずれているんですよ。その上にのっている砂利の層がですね。ほぼ同じくらいの50cmぐらいずれているので、砂利層がたまった後に、F-6が動いたように見えるということですね。
Professor Watanabe:
Bedrock is shifted roughly 50cm.A layer of gravel riding on it is shifted about 50cm.After the gravel layer has accumulated, looks like F-6 has moved.

渡辺教授は、岩盤と上に積もった茶色の砂利の層が同じ量だけずれているので、比較的新しい時代にこの断層が動いたのではないか? つまり、活断層の可能性があると指摘する。さらに、F-6以外にも、原子炉の真下には、小さな断層が10本ほどあるという。
Professor Watanabe pointed out, Bedrock and brown layer of gravel piled on is shifted by the same amount.It might be this fault has moved in a new era. In other words, there is a possibility of Active Faults.Furthermore, in addition to F-6, there are about 10 small faults beneath the reactor.

渡辺 満久教授:1号炉2号炉3号炉4号炉、全部真下にあるわけですよ。こういうのもひょっとしたら活断層でないのかとそういう疑いがあるということです。原子炉本体は相当頑丈に造っているかもしれませんけども、建屋が壊れたら配管が全部切れてしまいますので、もしその原子炉直下のものが動いたら相当甚大な被害が発生すると思わざるを得ないですね。その危険性があるので、ちゃんと調査して下さいと申し上げている。安全が確認されたものは再稼働していいと思ってるんです。ところが、これは確認されていない。まず、だから、ここへ行っていただいて調査をして、確かに活断層ではないんだということを私たちに示してくれればいい。

Professor Watanabe:
It located underneath of Unit 1 Unit 2 Unit 3 Unit 4 all,in which there is possible of active faults we suspect.The reactor itself might be made ​​equivalent sturdy. But, if the building break, it will lose all piping.We are not forced to think that serious damage will occur considerable, if the faults beneath reactors move.We have been telling them, there is a risk, so, please properly evaluated it.
If the reactor confirmed safety can be running again, I believe. However, this has not been confirmed.
First of all, they would go to investigate at there. Then, just shows us, it's certainly not the Active Fault.

大飯原発の下に活断層があるのではないかという渡辺教授の指摘について、原子炉の構造に詳しい、原子炉・格納容器の設計者、後藤政志氏は、
Regarding Pr.Watanabe pointed out that there may be an active fault under the Ohi Nuclear Plant, Masashi Goto, reactor designer, familiar with reactor structure,

後藤政志氏:
大きくな力がかかると建物自体が壊れる可能性がある。あるいは壊れなくても傾く。一番心配なのは制御棒が入らなくなること。もし制御棒が入らなないと核反応が止まりませんから、そのまま、普通にメルトダウンではなくチェルノブイリ型になる。爆発を起こして。これは活断層ではないと言いきれないとだめなんです。そうでないとプラント側としてはとても許容できません。
Masashi Goto:
The building itself may be corrupted when a large force is applied.If it is not broken, it will lean.The most worrying is no longer fit the control rod.If the control rod is not turned on, nuclear reaction does not stop.Then, it becomes a Chernobyl type meltdown rather than normally,Causing the explosion!
It has to be called “This is not an active fault.” Otherwise, as the plant company is not acceptable.



国の指針でも地震で動く活断層の真上に原子炉を建ててはならないとされている。
In the national guidelines also determine “Do not build a nuclear reactor just above the active fault moves in an earthquake.”

渡辺教授の指摘に対して、関西電力はわれわれの取材にこう答えた。
Regarding Pr. Watanabe’s pointed out,Kansai Electric Power Co. replied to our coverage.

関西電力:
同社は3、4号機増設時の1982年の調査や2006年の耐震性再評価でも、この断層が少なくとも活断層と断定できる時期に動いていません。この結果は、国にも確認いただいています。
Kansai Electric Power Co.:
When the expansion of Units 3 and 4,our company had also re-evaluation of seismic safety survey in 1982 and 2006, We have been evaluated that this fault is not running at least period of Active Faults can be concluded.This result is also confirmed by the Japan government.

原子力安全保安院は、渡辺教授の指摘する活断層の可能性について、どう考えているのか?おおい町にある緊急事態に対応する際の重要拠点オフサイトセンターを訪ねた。
How does the Nuclear Safety think regarding the possibility of Active Faults pointed out by Pr. Watanabe? We visited the importance of off-site center located in Ohi town when responding to emergencies.

大飯町にある原発の緊急事態に対応する重要拠点であるオフサイトセンター
Off-site center of the important base corresponding to the nuclear plant emergency, in Ohi town.

Q.大飯原発の敷地内に断層があって、どうも活断層の可能性がある。
Q.There is fault on the grounds of Ohi Nuclear Plant which is a possibility of Active Faults very much.

原子力安全保安院:
それは一応、原子力安全保安院のほうで審査した結果、活断層ではないということへ結論が出ておりますので。それにつきましても、あのー先日、県の原子力安全専門委員会にも報告させていただいて、まあ、それは妥当であるという評価をいただいている。
the Nuclear Safety:
It tentatively, as a result of screening by Nuclear Safety,Conclusion is brought out in which is not Active Faults. With regard to it also, well.. Recently, we also reported to the Committee on Nuclear Safety in Fukui Prefecture, Well.., we received that it is reasonable assessment, we have recognized.

Q.安全性は確保できていると?
Q.If safety can be ensured ?

原子力安全保安院: そうでございます。
the Nuclear Safety: Yes it is.

元経済産業省・官僚、古賀氏:
あの写真を人に見てもらってもわかるのですけど、見るからに危ないと感じなんですよ!
例えば、急な崖の下に電源、最後の頼りになる電源車を置いてあるとかね。そういうの大事なんで聞いたんですね。”それはコンピューターで計算したので大丈夫なはずです。”って。言うんですよ!
だけど誰がどう見たってあんなところに自分の家を建てないですよねって言ったら、あの黙っていましたけども。
そしたらね、ついこないだ分かったんですけど、やっぱり電源車をね。危ないからって移動したんですよ!
いくつかにわけて分散しましょうなんてやってるんですね。つまりも言ってることはコロコロ変わるし、われわれの様な素人からみて、これはいかにも危ないだろうってことを平気でやっているって!
それが結局ね、全部コンピューターと文書なんですね。計算したら大丈夫でしたって、それだけなんですよ!
ですからね、もうホントにね、これ全然信用できないなと!
そもそも保安院がやってますからね。まあ癒着で、電力会社の言いなりになってたっていうところがいまだにやってるってですね。そこを変えないとどうしようもないですよね!

Mr.Koga, ex-bureaucracy of Ministry of Economy, Trade and Industry:
If people look at that photo, they feel that is dangerous from the view.
For example,at the bottom of a steep cliff, there is the power car, the last dependable power car, putting on. I asked them it because of importance."It should be OK, because it is calculated by the computer.",they said.
When I said, nobody wants to build the house at such place. They did silent answer.
Then, I found recently, the place of power car is dangerous, so, it has moved.
They do "let's divide them to several places". In other words, they do flip-flop.
As seen from the amateur like us, they do in cold blood, that would be dangerous indeed.
After all, it is done by all computer and grammar. "It was okay After the calculation.", that’s it.
So, again, I really cannot trust them at all.

Nuclear power safety which has been at the mercy of nuclear power companies with adhesion relationship is still doing it.If we do not change it, is not hopelessly!

-END-

2015年放射能クライシス
2015年放射能クライシス
(2011/09/29)
武田 邦彦

商品詳細を見る
 


  
関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
298位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR