#福島 、無視されたチェルノブイリの教訓。In #Fukushima , the lessons of Chernobyl are ignored ・甲状腺の病気は既に明白!:スイス・バーゼル大教授

「福島、無視されたチェルノブイリの教訓」 "In Fukushima, the lessons of Chernobyl are ignored."
・甲状腺の病気は既に明白!:スイス・バーゼル大教授が福島県で内科医師を訪問後発表-新生児の病気、ダウン症等を秘匿する大学/Professor who met with Fukushima physicians:Thyroid diseases already apparent — Diseased newborns and Down’s syndrome still kept secret.
michel-F.

*Published: August 14th, 2012 at 1:52 am ET By ENENews
http://enenews.com/doctor-meets-with-fukushima-physicians-very-surprised-to-see-young-patients-with-myocardial-infarction-diabetes-and-eye-diseases-thyroid-diseases-are-already-apparent-diseases-of-the
[An interview of Dr. Michel Fernex published] August 2, 2012
*French→English translated by FRCSR:<日本語訳:Jo2Rayden> 
*Dr. Fernex, a professor at University of Basel in Switzerland who has visited Fukushima:
I met with four physicians from Fukushima Medical University in cardiology, urology, internal medicine and ophthalmology. They all seemed unaware of conditions related to radiation contamination. They were very surprised to see young patients with myocardial infarction, diabetes and eye diseases.
* スイス・バーゼル大教授・Fernex博士が福島県を訪問した。:
「私は、福島県立医科大学の心臓学、泌尿器科、内科および眼科の4人の内科医に会いました。彼らすべては、放射能汚染と関連する状態である事に気づいていないように見えました。彼らは、若年患者が、心筋梗塞、糖尿病および眼疾患を患っているのを見て、非常に驚いている。」

*Directive was given at Fukushima Medical University not to mention radiation. One young professor of ecology tried to study effects of nuclear disaster on children, but he has received threats. The majority of the faculty follow orders and they close their eyes to save their careers: this is very serious.
* 福島県立医科大学では、教授たちは放射線の影響を言及しない様に言われている。環境学の若い教授が、子どもの原発事故の影響に関する研究をしようとしたが、彼は脅しを受けた。学者の大半が指示に従うようされ、彼らは自らのキャリアを維持する為にその目を閉じた。:これは非常に深刻である。

*Thyroid diseases are already apparent, but cancers have latency, brain cancer will be seen in children in four years and later in adults. The number of babies with low birth weight increases. The number of female births down 5% because the female embryo is more vulnerable. Appearance of diseases of the newborn and Down’s syndrome is still kept secret.
甲状腺疾患は既に明白ですが、癌には潜在期間があり、脳腫瘍は子供は4年以内で、大人は4年以降に見られるでしょう。出産時に低体重の赤ん坊の数が、増加しています。女児の胎児がより脆弱である為、女児の誕生数が5%低下。新生児の疾病とダウン症候群の疾病の出現は、いまだ秘密にされているのです。

** original site article as follows. 上記記事の元サイトは下記。** 
http://independentwho.org/fr/2012/08/02/lecons-ignorees/

ミシェール・フェルネックス「フクシマ、無視されたチェルノブイリの教訓」(完訳版)
*8/18更新:フランス語の和訳がありましたので下記サイトより和訳を転載しました。感謝m(_ _)m
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/08/blog-post_17.html?m=1
Pour l'indépendance de l'OMS
«L’Organisation Mondiale de la Santé (OMS) ne remplit pas sa mission de protection des populations victimes des contaminations radioactives.»
WHO独立のために
《世界保健機関は、放射能汚染に被災した人びとを防護する使命を果たしていない》
À Fukushima, les leçons de Tchernobyl sontignorées(原文)
ミシェール・フェルネックス博士インタビュー
「フクシマ、無視されたチェルノブイリの教訓」


2012年8月2日

ミシェール・フェルネックス博士は10日間の日本旅行から帰還して、嘘と沈黙が福島核災害で汚染をこうむった人びとを危険にさらしていると非を鳴らす。

福島県立医科大学の教授陣と交流なさって、なにがわかりましたか?

わたしは、福島県立医科大学の心臓科、泌尿器科、内科、眼科の医師ら4名とお会いしました。先生たちは、放射能汚染関連の症状に気づいていないようでした。彼らは若い患者の心筋梗塞、糖尿病、眼疾患を目のあたりにして、たいへん驚いていました。わたしは、ゴメリのバンダジェフスキー教授が独立系研究機関のベルラド(Belrad)と共同で実施した、チェルノブイリ事故被災民の研究について先生たちにお話しました。研究の結果、汚染、とりわけセシウム137による汚染とこういう病変との関連が明白になりました。

福島県立医科大学では、核問題について口にするなという指示が与えられています。生態学の若手教授がただひとり、子どもに対する惨事の影響に関する研究を試みました。その人は脅迫の憂き目にあいました。たいがいの教職員は統制を受け入れ、保身のために見て見ぬふりをしています…とても深刻なことです。日本のような研究開発力の強大な国は、放射能汚染が誘発する遺伝子変異をさらに深く研究し、世代から世代へと受け継がれる遺伝子異常を克服するために抗突然変異手段を開発すべきです。

甲状腺についていえば、疾患はすでに現れていますが、癌についていえば、子どもの脳腫瘍で4年のうちに、大人の場合、その後に出現するでしょう。低体重出産の新生児の数が増えます。女性胎児のほうが損傷を受けやすいので、女児の出生数は5パーセント減少します。新生児の疾病やダウン症候群の発現は秘密にされています。

現在、汚染された地域に居住する人たちは、どのように暮らしていますか?

京都で避難してきた女性にお会いしましたが、リスクを知らされたり、予防措置を施されたり、適切な食品を支給されたりしていませんでした。福島市では、人びとは自宅に閉じこめられ、庭いじりもしていません。政府は目下、放射線に無頓着なまま、いまだに非常に汚染された元の居住地に住民を戻したがっています。
農村地域では、小規模農民が自給自足で生活しており、汚染された米を栽培しています。米はいまさら売り物になりません。百姓は破産状態です。人びとには、放射性核種の体内摂取を阻み、排出を促進するためにペクチンが必要でしょう。

りんごのペクチンですか?

ベラルーシにおける経験によれば、りんごのペクチン・ビタミンがセシウム負荷量を減らしますので、細胞組織の損傷を軽減します。この療法は3か月ごとに再診すればよく、該当する子どもたちを守るために、食品の選定と準備における安全対策を併用しなければなりません。日本の当局は情報と予防の業務を実施してきませんでした。それとは対照的に、BELRADのウラジミール・バベンコが著した小冊子「自分と子どもを放射能から守るには」の日本語訳が発売されています。
  

つまり、当局はチェルノブイリの教訓に聞く耳を持たなかったのですか?  

そのとおりです。事故のあと、3日以内に安定ヨウ素剤は配布されませんでした。甲状腺の疾患と苦痛を防ぐための、この簡単な予防措置を実施しなかったのは、重大な失策です。チェルノブイリの場合と同じように、避難は遅れました。30キロメートル以遠では、避難は実施されず、自主的に離れた人びとは補償を受けないでしょう。放射線防護に関する国際基準は守られていません。つまり、放射線感受性が成人よりも100倍高い子どもに対してさえも、許容放射線量が引き上げられました。ソ連の政府機関はこういう線量限度を超えることを拒否しました。日本の政府機関は、住民よりもむしろ核産業を救済するためにしゃしゃり出た、IAEA(国際原子力機関)が代表する原子力ロビーの影響のもと、これに同意しました。

子どもたちに線量計は配布されましたか?

線量計で外部被曝を知ることができますが、体内の人工放射性核種を知ることはできません。慢性的な内部被曝には、外部被曝よりも10倍も高い病原性があります。定期的に体内汚染を評価して、いかに生活するか、どのように食べるか、どのような服を着るか、人びとに助言するべきです。これは実行されていません。犯罪的です。

福島に行く、あなたの背中を押したものは、なんだったのですか?


わたしの無鉄砲です。何か月か前のこと、日本の新聞、毎日デイリー・ニュースを読んだあと、偽りだと考えた論点のひとつひとつに対して応答するために長文の記事を書き送りました。わたしの反論はまるごと掲載され、日本で一騒ぎを起こしたものですから、日本のみなさん、とりわけ被災者団体の方がたから講演旅行のお招きを受けました。被災者らが放置されている一方で、核ロビーが原子炉を再稼動するためにどれほど活動的になっているか、わたしは見ることができました。

エリザベト・シュルテスによるインタビュー、アルザス誌2012年7月24日掲載
http://www.lalsace.fr/
-END-

*関連動画*
スイス・Michel Fernex教授 放射線防護・市民会議 WHOの害悪と福島 5/12,2012.


Dr. Michel Fernex (Switzerland) バーゼル大医学部・名誉教授。元WHOのコンサルタント。<WHOと日本の当局は何をすべきでしょうか?貴重な時間は既に失われています。> *日本語同時通訳版*


 
< *French→English translated by FRCSR. / French→English translated by Google soft. > 
2 AUGUST 2012. by "For the independence of WHO"
-The World Health Organization (WHO) does not fulfill its mission of protecting the population affected by radioactive contamination.-

Back from a ten day trip to Japan, Dr. Michel Fernex denounces lies and silences that endanger people contaminated by the disaster of Fukushima.

What did you learn from your interaction with professors from the Faculty of Medicine, Fukushima? 
*Dr. Fernex, a professor at University of Basel in Switzerland who has visited Fukushima:
I met with four physicians from Fukushima Medical University in cardiology, urology, internal medicine and ophthalmology. They all seemed unaware of conditions related to radiation contamination. They were very surprised to see young patients with myocardial infarction, diabetes and eye diseases.(French→English translated by FRCSR)

I told them about the work of Professor Bandazhevsky, Gomel, in collaboration with the independent Institute Belrad, from Chernobyl-affected populations. These studies have highlighted the links between contamination, particularly by Cesium 137, and these pathologies.

* Directive was given at Fukushima Medical University not to mention radiation. One young professor of ecology tried to study effects of nuclear disaster on children, but he has received threats. The majority of the faculty follow orders and they close their eyes to save their careers: this is very serious.(French→English translated by FRCSR)

A country as strong in research that Japan should further investigate the genetic alterations induced by the contamination and develop antimutagenic to reduce genetic abnormalities that will be passed on from generation to generation.

* Thyroid diseases are already apparent, but cancers have latency, brain cancer will be seen in children in four years and later in adults. The number of babies with low birth weight increases. The number of female births down 5% because the female embryo is more vulnerable. Appearance of diseases of the newborn and Down’s syndrome is still kept secret.(French→English translated by FRCSR)

How populations of contaminated areas do they live today?
I met refugee women in Kyoto that have not been informed of the risks, or precautions to take, not receiving proper food.
In the city of Fukushima, people remain trapped in homes, do not garden. Radioactivity is excessive, even in schoolyards pickled. The government wants to send families currently immune to radiation in their original neighborhoods still very polluted.
In rural areas, small farmers living in autarky feed contaminated rice. Rice that is no longer salable. The peasants are ruined. They would need pectin to block the uptake of radionuclides and accelerate their elimination.

Of apple pectin?
Experience shows that in Belarus cures of three weeks of apple pectin vitamin can reduce the burden of cesium, thus reducing tissue damage. These treatments can be renewed every three months and must be accompanied by safeguards in the selection and preparation of food to protect such children.
The Japanese authorities have not done the job information and prevention. In contrast, the Japanese translation of the Small Guide to a radio-protective efficacy, written by Vladimir Babenko, of BELRAD, has been sold in Japan.

In other words, the lessons of Chernobyl were not heard by the authorities?
No. After the disaster, it was not stable iodine distributed within three days. This is a serious mistake not to take this simple preventative measure to prevent thyroid disease and suffering.
The evacuation was delayed, as at Chernobyl. Beyond 30 km, there was no evacuation, and people left voluntarily will not be compensated. International rules on Radiological Protection were not met: permissible doses of radiation were enhanced, even for children who are yet a hundred times more sensitive to radiation than adults. The Soviet authorities had refused to cross these dose limits.
The Japanese authorities have agreed, under the influence of the lobby of the atom represented by the IAEA [International Atomic Energy Agency], come to save the nuclear industry rather than populations. And WHO was completely extinguished.

Dosimeters have yet been distributed to children?
The dosimeter gives an idea of ​​external irradiation, and not load in artificial radionuclides in the body. Chronic internal radiation are ten times more pathogenic than the external doses. Should regularly assess the internal contamination and advise families on how to live, eat, dress in contaminated areas. This is not done. This is criminal.

What led you to go to Fukushima?
My impertinence. A few months ago, after reading an article in the Japanese newspaper Mainichi Daily News, I sent a long article to answer point by point to statements which I consider false. My response was published in its entirety and made a buzz in Japan so that Japanese, in particular victims' associations, invited me to do a lecture tour. I could see how much the nuclear lobby is active to restart the reactors while the victims are abandoned.

Interview by Elizabeth Schulthess and published on 7/24/2012 in Alsace
http://www.lalsace.fr/


 
関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
204位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR