#東電 も #福島 #原発 3号機はDetonation[=臨界爆発?]と認めた! ・2/3☆Arnie Gundersen☆日本語訳

東電も福島原発3号機は Detonation[=臨界爆発?]と認めた☆字幕 2/3

[日本語訳↓・字幕: Jo2Rayden]Fairewinds:17 Dec.2012. Part2/3☞ 0:40から。
"More Lessons From the Fukushima Daiichi Accident: Containment Failures and the Loss of the Ultimate Heat Sink": http://www.fairewinds.org/content/more-lessons-fukushima-daiichi-accident-containment-failures-and-loss-ultimate-heat-sink
* Fairewindsのアーニー・ガンダーセンです。これで、福島第一原発事故から二度目の12月です。
* 東京電力は、今年9月に報告書を公表しました。また、それをIAEA国際原子力機関に提出しました。その報告書は、福島第一の爆発のより完全な分析です。また、それは20­12年に知り得た事態について議論し、2011年に分析で具体化出来なかったことです。
* さて、私は、爆発が即発臨界によったと述べました。核燃料プール中の"モデレート(=緩和された)"即発臨界が上向きの力を生み出した。彼らは、それが地下室の水素によっ­て引き起こされたと述べました。私は、それが第2の問題であると皆さんに述べました。実際に重要なことは、東京電力のスライド #19の終わりの言葉です。東京電力は、これが"デトネーション"爆発だったと認めています。"デトネーション"とは、爆発が音速より速く移動する衝撃波であることを、皆­さんは思い出すでしょう。(=臨界爆発でないとマッハ速にならないはず!?)誰も"デトネーション"爆発の衝撃波に耐え得る格納容器を設計していません。したがって、東京電力が、­3号機の爆発がデフレグレーション(爆燃)ではなく、"デトネーション"爆発衝撃波だった、と遂に見解が一致した事を、私は歓迎致します。
 

したがって、私は最初の重要なこ­とは、原子力規制委員会が格納容器が漏れるということを認めることだと思います。二番目に、原発が"デトネーション衝撃波で爆発する場合があるということです。さて、福島­第一以来、私は原子力規制委員会の分析を注視しし続けています。誰も、原子炉格納容器に対する"デトネーション"爆発衝撃波の影響について語っていません。これはすべての­原子炉格納容器設計に大きな波及効果があるのです。そして、砂の中のダチョウのように、原子力規制委員会は、単に福島第一3号機で、"デトネーション"爆発衝撃波があった­という事実を無視しています。この東京電力のスライドショーは、格納容器の保全に関して、二、三のものを示します。最初に、格納容器が漏れるという明らかな証拠です。もし­人々の避難距離および撤退を計算に入れる場合、格納容器が漏れる場合があると、原子力規制委員会が認めれば、素晴らしいでしょう。しかし、第2に、実際に原子炉格納容器は­、"デトネーション"爆発衝撃波によって破壊される場合があるのです。私たちは、当財団ウェブの音声録音で話しましたが、3号機は今、爆発の結果酷く破損しています。もは­やクレーンを扱い、燃料プールから核燃料を持ち上げることができないのです。その損害は、デフレグレーション(爆燃)によってではなく"デトネーション"爆発によって引き­起こされましたが、未だに原子力規制委員会は、それが米国で起こりえないふりをしています。さて、それは起こりました。また、それが起こったなら、それが再び起こるかもし­れないことを意味します。つまり、格納容器の分析は事実を反映する必要があります。水素爆発の結果、音速より速く動く衝撃波が起るのです。


今、これは単に古いマーク1の設­計に関する問題だけではありません。ジョージアで建設されている真新しい設計の[東芝ウェスティングハウス]AP1000格納容器は、設計限界から10分の1ポンドの力し­か余裕がない。"デトネーション"爆発衝撃波があると仮定していません。格納容器が設計限界に非常に接近している場合、私たちが知っているような"デトネーション"爆発衝­撃波があった場合、格納容器を粉砕するでしょう。これは原子力産業が、この強化の為に学習・分析する必要がある教訓で、操業している数々の格納容器を進歩させるでしょう。

-つづく- Part3/3☞ http://www.youtube.com/watch?v=C4Ll0AvEU0U

*Tokyo Electric released a report in September of this year.
*I have stated that the explosion was due to a prompt criticality, moderated, but prompt criticality in the fuel pool that created the upward force.
* Tokyo Electric acknowledges that this was a detonation.


 
関連記事
スポンサーサイト
英会話スクールWILL Square

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jo2Rayden

Author:Jo2Rayden
"Not the old create a new era!"
原子力関連、放射線関連の動画に日本語訳、英訳を付けてご紹介させて頂いております。
1/1 GUNDAMの自作動画に東日本大震災の義援金受付先各WEBの紹介を付記してご紹介させて頂いております。
I stay on Earth. I speak Japanese & English.I'm interested in Nuke Power Energy Policy, Donation for East Japan.

counter : ~ 1 Feb.2012
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
485位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
219位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR